iPhone取説.com

スポンサードリンク

長押ししてもiPhoneアプリ削除できないのはなぜ?原因と対処法まとめ

   

アプリの削除ができない?!

iPhoneの不要アプリの削除をする場合、基本的にはiPhoneの画面のアプリをなんでもいいので、一度長押ししゆらゆらと揺れた状態から対象のアプリに表示された×マークを押すことで削除できます。

しかし、画面を長押ししても、「アプリに×マークが表示されない」というような削除ができない経験ないでしょうか?

削除ができないことで容量を圧迫し、新しいアプリの導入ができない。二度とないかもしれない瞬間を記録したのに「画像」「動画」に収めることが出来ない。削除ができないだけで、色々な動作に大きな影響が出てしまいます。

今回はそんな「削除ができない」症状の対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 通常のアプリ削除の手順

1-1. 画面上で行う削除方法

iPhoneの場合、「画面を長押し」すると各アプリアイコンが揺れ「×マーク」表示される画面になります。

そして、対象アプリの右上に表示される×マークをタップし「アプリを削除しますか?」というポップアップの「削除」を選択

上記操作によって、対象アプリの削除は無事完了となります。

1-2. 設定画面から削除する方法

まずは、iPhoneの様々な設定を行う設定を開きましょう。

その設定画面にある、「一般」をタップすると「ストレージとiCloudの使用状況」という項目があります。

タップすると現在の使用しているiPhoneの容量や空いている容量を確認できる画面、その中にある「ストレージ管理」を選択すると「ストレージ」という画面になります。

そこには現在使用しているiPhoneには何がインストールされているのかが分かる「アプリ一覧」とその「使用容量」が表示され、各アプリに対するiPhone設定が行える設定画面となっています。

ここでは、画面上の長押し操作削除ではなく、設定上からアプリを削除できます。

「ストレージ」画面にて削除したい対象のアプリを選択し「Appの削除」をタップすると、今度はもう一度画面下ポップアップにて削除するかどうかを再確認されるメッセージが表示されるので、ここでもう一度「Appを削除」をタップしましょう。

そうすることによって対象アプリが削除されます。

上記の方法がアプリを削除する場合の通常の方法となります。

 

2. 長押ししても全部のアプリが×マークでない!iPhoneアプリ削除できないのはなぜ?

2-1. iPhone内部で不具合が発生している

iPhoneを使用していて何か動作がおかしいかも?と感じられた場合は一旦、再起動をしてみましょう!

もし端末を落としていたり何かのショックや原因で一部機能の動作支障をきたしてしまっている場合、動作がおかしくなってしまうことが考えられます。それにより削除処理ができない可能性もあります。

iPhoneといってもパソコンと同様に精密機器なので、内部で何かしらの障害が発生していると正常な動作が出来なくなってしまいます。使用時には扱いにも注意を心がけましょう。

そして別のアプローチとしての対処法、それは「少し時間をおいてみる」です。

iPhoneの操作中、何か動作がおかしいと感じられる場合にも、内部での障害の場合もあります。

そんな時は「時間をおいてiPhoneが正常に起動している状態まで待つこと」です。内部での目に見えない処理中にシステムがフリーズなどしてしまい動作に異常が起きてしまっている場合は、全ての機能または一部の機能が正常に行えません。

2-2.「3Dタッチ」が反応している

長押ししてアプリが削除できない原因に、強く長押ししているために削除アイコンに切り替わらないことが考えられます。

昔のiPhoneでは考えられないことですが、現在では押す強弱によって異なる動作となっています。最新になればなるほど、微妙なタッチや長押しによって動作が異なってきますので注意して下さい。

削除したい時は軽いタッチで長押ししましょう。その後アプリが揺れていれば各アプリに×マークが表示され削除できるようになります。

2-3. 削除できない設定にしている

アプリが揺れているにも関わらず「×マーク」が表示されない場合、iPhoneの設定の機能制限がONとなっていて何かの設定をしている可能性があります。その場合、設定画面の「機能制限」にある「Appの削除」項目の設定が行われていることが考えられます。

この機能は簡単に言ってしまえば間違って消さないようアプリを守るための設定です。

アプリの削除が設定されている場合「絶対に削除しません」という意味なのです。その機能制限の設定を解除しない限り、iPhoneでアプリ削除は間違いなくできません。

※機能制限について

iPhoneの設定から一般に進み、その中にある「機能制限」をタップします。

ここでもし、制限の設定をしていない場合なら「機能制限オフ」と表示されています。

しかし、制限の設定をしている場合「機能制限オン」と表示されているので一度こちらを確認してみて下さい。

機能制限の設定を解除する場合、設定時のパスコードを入力して進んで下さい。

(設定した時に必ず「パスコードの設定」として4ケタの数字を登録しています)

「機能制限を解除」をタップし設定をオフにしましょう。

この時にまたパスコードを聞かれるので入力し解除して下さい。

そして、「機能制限オフ」となっていれば解除成功となります。

以上が「機能制限」の解除方法となります。削除出来ない場合はこちらを確認してから再度削除処理をしてみて下さい。

 

 3. 一部のアプリだけ長押ししても×マークがでない!消せないアプリあるの?

3-1. 消せないアプリの一覧

  • 電話
  • 設定
  • カメラ
  • 写真
  • Safari
  • App Store
  • メッセージ
  • 時計
  • ヘルスケア
  • iPhoneを探す

合計10個の上記アプリだけはiPhone購入時に必ず画面上にあるもので、いくら長押ししても「アプリ自体が揺れるだけ」で決して削除できません。iPhone機能において必須アプリであるため最初から削除できないようにプログラムされています。

(他にも既存アプリといわれる「カレンダー」「メール」など、こちらは長押しで「アプリ右上に×マーク」は表示されますが「削除」ではなく「非表示」となります

そもそも「電話」「メッセージ」、「設定」など重要なアプリを削除した場合、携帯電話としての機能がなくなるわけですから削除できてしまったらそれこそバグになってしまいます。こちらのアプリに関しては「長押ししても×マークが出ない!?」となっていても、それは正常な動きなので問題ありません。

 

4. 長押し以外の方法でアプリを削除する方法

通常の「アプリ削除の手順」にある方法以外には以下のようなやり方もあります。

4-1. iTunesからiPhoneアプリを削除する

USBケーブルでiPhoneとパソコンを繋いでからiTunesに接続し、左上にあるAppを選択、現在インストールされているアプリを確認しましょう。右側に「現在のiPhoneのホーム画面」のサムネイルが表示されますので、そちらをダブルクリックすると拡大されます。その中で削除したいアプリを選択し「×マーク」をクリックし「完了ボタン」をクリックすることで、iTunes(PC)側から削除が可能となります。

4-2. ツールで削除

削除したいのに削除できない時、それがもしiPhoneを誰かに譲ったり売却したりする場合はどうでしょうか。完全に削除しなくては解決することが出来ません。iPhoneのアプリデータは完全削除してからでなければ個人情報漏えいとなってしまい危険が伴います。

実は通常の削除方法の場合、完全に削除は出来ていません。復元ツールなどでそのままデータも復活してしまったりします。中には銀行の口座データなど重要な情報が存在していた場合、完全に削除しなくてはなりません。その場合、削除ツールを使用しパソコンからそのiPhoneのアプリを削除することで完全削除が可能となります。

4-3. iPhoneの初期化

設定画面の一般からリセット(初期化)を行うことでiPhoneを最初の状態に戻すことが可能です。

(注意:必要なアプリも削除されてしまうためバックアップが必須となります)

行う前に必ずバックアップをして、それからiPhoneをリセットしましょう。

ここで注意点ですが、復元時に削除したものが復活しないようにしなければなりません。まずパソコンとiPhoneを繋ぎiTunesを起動、左上にある「App」の項目から「Appを同期する」の項目のチェックは外しましょう。

こうすることで、削除したいアプリデータはiPhoneへは受け継がれず、そのアプリを再度インストールしても最初の状態から始められます。

4-4. 最終手段

「Apple ID」を変更という手段です。

<方法>

  1. 現在サインインしている全てのApple IDをサインアウト
  2. Apple IDアカウント管理ページにサインイン
  3. 右端にある編集から、メールアドレスを編集
  4. メールアドレスの設定を行う
  5. Appleから受信したメールに記載された認識コードを入力してサインインをして完了となります。

 

以上を行うことによって、「App Store」では新規アカウントとなり完全に削除されます。

しかし、こちらは色々なことをしてもどうしても削除ができない場合の最終手段となります。あまりオススメできない方法となりますので本当に最後の最後、最終手段として頭の片隅に覚えておく程度にし基本的には上記の削除方法を試してみて解決しましょう。

 

まとめ

内部の不具合や「3Dタッチ」、削除できない設定にしている、機能制限など、ちょっとしたことがアプリを削除できない状態にさせています。

もう不要なアプリが残り続けることは、メモリを圧迫しますし、使うたびに目についてあまり心地よいものではありません。

上記のいろいろな方法を確かめてみてください。意外と「こんなことだったのか」というような盲点があるかもしれません。

保存

保存

保存

保存

保存

スポンサードリンク

スポンサードリンク