iPhone取説.com

【危険】100均iPhone充電器ケーブルが断線しやすい3つの原因

   

私はiPhone6sPlusを使っていて、充電ケーブルは、純正1本と100均3本を使用しています。でも断線したことはありません。

しかし、ネットでは「充電ケーブルが断線した」という声が多く、ネットで検索される方も非常に多いです。

なぜこんなに断線するケースが多いのでしょうか。やはり100均だからモロいんでしょうか?でも私は断線したことありませんよ。他に原因があるはずです。一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone充電器ケーブルが断線しやすい3つの原因

1.コードを引っ張る

充電ケーブルをコンセントから抜くとき、充電しているiPhoneを持った時にケーブルが強く引っ張られる、なんてことありませんか?寝起きとか寝ぼけているとついつい無意識にケーブルを強く引っ張ったり雑に扱いがちです。

やはり純正と違って100均のケーブルはモロいです。強く引っ張りすぎると断線してしまいます。もちろん純正だからといってひっぱっていいわけではありませんよ。

2.充電しながら寝ながらiPhoneを操作する

充電しながら、なおかつ、寝ながらiPhoneを捜査していると、こうなります。

充電ケーブル

充電ケーブルの根元が折れ曲がってしまい、断線しやすくなります。これは100均でも純正でも同じです。寝ながら操作する時は、うつぶせで操作するのではなく、横向きや仰向きになって操作するように。

でも、充電ケーブルが強く引っ張られた状態だと、どの姿勢で操作しても引っ張られて根本が折れ曲がってしまうので要注意です。コンセントの位置を近づけるか、延長コードを使うか、長い充電ケーブルを使用するなど対策しましょう。

寝ながら、充電しながらiPhoneを操作することを辞めたら一番それが理想です。寝る前のiPhoneの操作は睡眠効果を下げてしまいますので。

3.きつく巻き付ける

きつく強く巻き付けると、これまた充電ケーブルにダメージを与えてしまいます。

充電ケーブル

こんな商品も売られていますが、コンパクトにまとまるので収納しやすく便利ですが、きつく巻き付けるのは充電ケーブルにとって良くないです。

ゆったり無理せず余裕を持たせてやんわりと、充電ケーブルを巻いて保管しておきたいところです。

【Twitter】100均のiPhone充電ケーブルは断線しまくり!

このようにTwitterで充電ケーブルの断線を嘆く人が多くいます。持っているiPhone充電ケーブルすべて断線してしまい、iPhone充電できなくなって、しばらく友達と連絡が取れなくなったという人もいました。

iPhone充電ケーブルが断線しないように予防する簡単な方法

いくら100円の安い充電ケーブルだからといって、断線しまくってその都度買い替えては面倒くさすぎます。なので断線しないように100均にあるものを一緒に購入して予防しましょう。

バネ

バネを充電器の根元にくっつけることで断線を予防できるって方法がありますが、これではありません。これはもう古いやりかたです。

しかもバネってどこでゲットするのでしょうか(笑)バネを付ける過程で断線して壊した人もいたので、このやり方は難しいです。

誰でもできる簡単な方法をご紹介しましょう。

マスキングテープ

ファブリックテープです。充電ケーブルの根元に巻き付けることで断線を予防できます。これも100均で売っているので、充電ケーブルと一緒に購入しましょう。あわせても200円なので純正を買うよりも圧倒的に安く済みます。

ファスティングテープ

こんな感じで100均に売られています。柄もいろいろあるので、充電ケーブルのデコレーションもできますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク