iPhoneがリンゴループして動かない時に行う対処法

更新日:2016/11/29[iPhone便利ツール・アプリ]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneがリンゴループして動かない時に行う対処法」についてご紹介します。

  • リンゴのマークが表示される →電源が落ちる → 無限ループする

こんな恐ろしい症状があるのをご存じですか?

リンゴループ1

これは「リンゴループ」と言われる症状で、iOSアップデートを行ったときに途中でWi-Fiが切れたり、アップデート中に電池が切れたりとiOSの更新に失敗した時に現れる症状です。

私も過去にiPhone4を使っているときにこの症状が発生してしまいました。

でもそのループから抜け出す手段があるので、万が一の時のためにぜひ覚えておいて下さい。

注意

この作業はiPhone内のデータが初期化されてしまうので、バックアップが行われていないとデータが紛失してしまいます。

最悪の場合一切電源が入らないこともあるので、十分理解した上で作業を行って下さい。

またバックアップは日頃から行うよう心がけましょう。

スポンサーリンク

スリープボタンとホームボタンを長押し

スリープボタンとホームボタンを10秒以上長押しすることで、強制リセット→再起動をすることが出来ます。

再起動したらホームボタンは押したまま、スリープボタンだけ離します。

リンゴループ

するとiTunesと接続して下さいと促すような画面が表示されます。

PCとiPhoneをUSBで繋く

この作業にはパソコンが必須になります。iTunesでバックアップを取っているパソコンに繋ぐようにしましょうね。

注意:必ず事前にiTunesは最新バージョンに必ずiTunesは最新バージョンにアップデートして下さい。

アップデートをせずに今回紹介する方法を行うと、エラー:3194が発生して直すことが出来ません。

復元を行う

iTunesに接続すると、「リカバリーモードのiPhoneが見つかりました。復元を行いますか?

といったメッセージが流れるので、指示に従って復元を行いましょう。

復元には時間がかかるので、ちゃんと時間が確保出来る時に行いましょう。

まとめこれで復活しない場合は素直にサポートへ

私の場合は上記で直すことが出来ましたが、これで直らなかった場合はAppleのサポートを受けましょう。

iPhoneをアップデートする場合は、

  • ・充電しながら行う
  • ・電池が80%以上の状態で行う
  • ・Wi-Fi→キャリア回線など通信中に回線を変えない

などの点に注意しましょう。

iPhoneは2年以上使用すると、徐々に調子が悪くなってくるのも現実です。

長年使っていて調子が悪くなってきた場合は買い替えなども検討しましょう。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ