iPhone脱獄できること一覧・メリットデメリット・逮捕されるのか?

更新日:2016/12/09[iPhoneの取説(トリセツ)]




スポンサーリンク

どうも。iPhone取説.comの管理人です。

iPhoneの脱獄って聞いたことありませんか?脱獄っていう言葉からして印象は良くないですが、脱獄するとiPhoneの可能性が無限大に広がるという、マニアなら一度は挑戦したいと話題になっています。

でも、iPhoneの脱獄をすると何ができるのか?どういうメリットがあるのか?気になったので調査してみたところ、デメリットとして逮捕されるリスクがあるとかないとか…

その噂の真相も含めて、調査した結果をまとめていきます。

スポンサーリンク

iPhoneの脱獄とは?

iPhoneの脱獄とは、Appleの申請許可が下りていない、許可されていないアプリを使えるようにすることを意味しています。脱獄の逆の意味として「入獄」という言葉もあります。

iPhoneはAppleの厳選な審査に通過したアプリしかインストールできません。なのでセキュリティ面も安心でき、iPhoneにウイルスが感染するということもほとんどありません。審査に通過していないアプリをインストールする方法は基本的にありません。

  • Appleのルールの中でiPhoneを使用すること=牢屋・牢獄に入った状態という意味=入獄
  • Appleのルールを超えて、自分の思い通りにiPhoneをカスタマイズすること=牢屋・牢獄から脱走するという意味=脱獄

このような流れで、脱獄という言葉が生まれました。ある程度プログラミングやシステムに詳しい人は、iPhoneを自分の思い通りにカスタマイズしたくてうずうずしてるんだと思います。その結果、Appleのサポートを受けられないことを条件に、脱獄をしてカスタマイズする人がいるってことです。

iPhoneの脱獄をすると何ができる?できること一覧

では、iPhoneの脱獄をすると、どのようなことができるようになるのでしょうか?一覧でまとめてみました。

  • シャッター音を消す
  • フォントを自由に変更する
  • Androidのようにアプリアイコンを自由に変更できる
  • マウスを使用できる
  • ゲームアプリのデータの書き換え・チート
  • スーファミやプレステのゲームができる
  • 開いているタスクを一括終了できる
  • スクロールのスピードを調整
  • テレビ、ワンセグが見れる
  • ホーム画面に天気や時計などウィジェットを設置できる
  • アプリごとにパスワードを設定できる
  • フォルダの中に、さらにフォルダを入れる

などなど、このようになっております。Androidのようなカスタマイズ性がiPhoneでもできるというのが大きなメリットでしょうか。オリジナリティにこだわったiPhoneユーザーが、自分だけのiPhoneを作るために脱獄を選択するのでしょう。

個人的にいいなと思ったのが、スーファミやプレステのゲームがiPhoneでできるようになることでした。つまりエミュレーターですね。

パソコンなら、専用のフリーソフトをインストールすれば、ファミコン、スーファミ、プレステ、64、ゲームキューブ、セガサターンなどのゲームをすることが可能です。それをiPhoneでもできるようになります。

iPhoneだと、ゲームボーイ、ゲームボーイアドバンス、ニンテンドーDS、3DSのゲームができるようになるとかなり面白そうですね。

iPhone脱獄のメリット

脱獄でできること一覧で書いたことが、そのままメリットになりますね。つまり、自由にiPhoneをカスタマイズできるようになる。これが脱獄の最大のメリットになります。

さらに、セキュリティが向上するという情報もありました。自分でセキュリティレベルを引き上げる設定でもするのでしょうか。逆に脱獄をするとセキュリティが弱くなるイメージがあったので驚きです。

iPhone脱獄のデメリット

iPhoneでゲームボーイのゲームができるなら脱獄をやってみようかな・・・と思いましたが、デメリットを知ったら、私は脱獄をしようとは思いませんでした。

1.Appleのサポートを受けられなくなる

Appleのルールを超えることをするので、脱獄してしまうとAppleのサポートを受けられなくなります。脱獄したらすべて自己責任となります。

場合によってはiPhoneが起動しなくなる、という不具合が発生する可能性もあります。iPhoneをつぶしてしまう可能性もあるので、これは怖いですね…

2.iPhoneがよくフリーズする

カスタマイズすることによって不具合が発生しやすくなり、頻繁にフリーズします。その度に再起動しないといけないので非常に面倒です。

3.アプリが開かなくなる・起動しない

「このiPhoneは脱獄されていますのでアプリを開くことはできません」と、アプリ側が脱獄してるユーザーを遊ばせないような工夫を取ってるところもあります。

脱獄をすれば、ゲームのデータ改ざんなど自由にできてしまいます。キャラクターの攻撃力とか、経験値とか、レベルとか。そんなのフェアじゃないですよね。

今まで通りアプリゲームをできなくなったり、今までのデータが削除されることもあります。アプリゲームのステータス改ざんのために脱獄するなら注意が必要です。

4.脱獄する方法や対応、サポートなどすべて自己解決しなければいけない

脱獄した後、どうすればカスタマイズできるのか、どうすればスーファミのゲームができるのか。教えてくれる人はいません。すべてネット上にある情報を参考に調べて自己解決しなければいけません。

自己解決能力が高くないと脱獄しても楽しむことはできませんので、安易な考えで脱獄をするのは良くないです。

iOS10の最新OSでも脱獄可能か?

Appleも脱獄するiPhoneユーザーを減らすために、セキュリティ向上したり、iOSアップデートするたびに対策を実施しています。なので、iOSアップデートすると、脱獄できなくなります。アップデート=入獄というイメージです。

しかし、最新OSが登場したら、またハッキングされ、リリースされてしばらく経つと、新しい脱獄の方法が登場します。脱獄できるようにハッカーたちが必死にハッキングするんでしょうね。

その結果、2016年9月にリリースされたiOS10でも、脱獄することは可能です。

脱獄すると逮捕されるって本当?事例あり?

iPhoneを脱獄すると逮捕されるという噂がでております。脱獄するとAppleにバレてしまうのでしょうか?勝手に通報されて勝手に家に警察が来てそのまま逮捕されちゃうのでしょうか?

そのような心配はありません。iPhoneの脱獄をするだけじゃ犯罪行為ではないからです。私用であれば問題ありません。

実際に逮捕されてる人は、脱獄したiPhoneをオークションなどで販売していました。映画のDVDをコピーして販売するのと同じようなイメージです。

CDやDVDをダビングするだけじゃ犯罪になりませんが、コピーした商品を売ってしまうと、商標法違反、著作権法違反になり、逮捕されます。

脱獄して自分だけが楽しむ範囲であれば問題ありません。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ