iPhoneの通知を光るように設定するには?LINEの通知も可能?

更新日:2016/12/27[LINE]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneの通知を光るように設定するには?LINEも可能」についてご紹介します。

あなたはiPhoneを置く時に画面を下に向けておいていますか?通知画面を人に見られたくない場合そうやっておきますよね。

でもバイブ音だけで通知に気が付かなかったなんてこともあると思います。

実はiPhoneの通知がきたらバックライトを光るように設定できるのをご存じですか?その設定方法を紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneの通知を光るように設定する方法

設定→一般→アクセシビリティからLEDフラッシュ通知という項目があるのでこれをオンにします。

フラッシュ通知

オンにすると電話の着信があった時も後ろのフラッシュライトが点滅しますし、メールやLINEの通知も光るようになります。

電話の場合は着信がある間点滅を繰り返しますが、メールなどの通知は3回チカチカチカと光って通知されます。

このLEDフラッシュ通知はロック画面の状態のみ光って通知されるので、電車でいじっているときに向かいの人が眩しいから消してくれといったトラブルに巻き込まれる心配も要りませんよ。

メッセージアプリなら定期的に光らせることも可能

iPhoneに標準搭載されているメッセージアプリなら2分おきに定期的に光らせることも可能です。

設定→通知からメッセージアプリをタップすると、一番下に「通知を繰り返す」という項目があります。

そこから2分おきに通知を何回まで繰り返すかどうか設定することが出来ます。

通知を繰り返す

まとめ:iPhoneの通知を光るように設定して大事な連絡を見逃さないようにしよう

以上が通知がきた場合にLEDフラッシュを光らせて通知する方法です。

iPhoneは様々なカバーがあって、中にはバイブをほとんど吸収してしまい、通知がなっても気が付かないこともありますよね。

大事な連絡を見逃さないためにも、LEDフラッシュ通知をオンにして視覚的に分かり易くなるように設定しておきましょう。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ