iPhoneを探すは電源オフでも見つけることが可能?

更新日:2016/11/29[iPhone便利ツール・アプリ]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneを探すは電源オフでも見つけることが可能?」についてご紹介します。

iPhoneを探す機能はみなさんオンにしていますか?

iPhoneを万が一無くしてしまったり、盗難にあった場合にiPhoneの位置を調べることが出来るアプリですね。

でも電源が切れていたら探すことは出来るんでしょうか?

実は電源がオフでもiPhoneの位置を予測することが出来るんです。

スポンサーリンク

最後の位置情報を送信に設定

設定→iCloud→iPhoneを探すまで進みます。

iPhoneを探すの設定から最後の位置情報を送信をオンにします。

最後の位置情報を送信

これをオンにすることによって、iPhoneを探すをオンにしている場合にiPhoneの電池が切れて電源が落ちると、電源が切れた場所の位置情報をiPhoneを探すアプリから見ることが出来ます。

最終位置情報

これならiPhoneをなくしてから時間が経ってしまい、電源がオフになっていてもこれならある程度場所を特定することが出来ますね。

あくまで電源が切れた位置の場所を通知してくれるだけなので、電源が切れてからiPhoneが移動した場合は場所を調べることは出来ません。

遠隔操作でロックをかける、データを消す

iPhoneをなくした場合、誰かが見つけてくれて警察に届けてくれればいいのですがイタズラをされないためにも遠隔操作でロックをかけましょう。

盗難にあった場合には個人情報を守るためにデータを消す必要が出てくることもあります。

ロックをかける方法

iPhoneを探すアプリを起動→ロックをかけるiPhoneの名前をタップ→下にあるアクションをタップ→紛失モードをオンにする

紛失モード

オンをタップするとロック画面に、「このiPhoneを探しています。見つけた方はお電話下さい。080 1234 5678」のように文言と、電話番号を設定することができます。

紛失番号設定

紛失文言設定

設定が完了すると、iPhoneのロックがかかり画面には設定した文言と電話番号が表示されます。

紛失モード2

この状態になると指紋認証ではロックを解除することが出来ずパスコードを入力することでロックが解除されます。

データを消去する

iPhoneを探すアプリを起動→ロックをかけるiPhoneの名前をタップ→下にあるアクションをタップ→iPhoneを消去をタップ

iPhoneを消去

iPhoneを消去するとiPhone内のデータを消すことが出来ます。

盗難にあった場合悪用されるケースもあるので、安全性を考慮してデータを消去することも視野に入れましょう。

iCloudやiTunesにバックアップを取っていれば、復元することが可能なのでバックアップは日ごろから取っておきましょう。

まとめ:電源が切れていてもある程度特定することは可能

電源がオフになったら位置情報を送信することでなくした場所を特定することは可能でしょう。

あとは周辺の交番にいって落とし物を確認するなど自力で探すか

紛失モードに切り替えて誰かが電源を入れた際に電話をかけてくれることを待ってみましょう。

電源が入ったならば位置情報も更新されるので、なくしてしばらく出てこない場合は定期的に「iPhoneを探す」で現在地が表示されないか確認して見ましょう。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ