iPhone取説.com

icloudの賢い使い方まとめ(連絡先や写真・メールも自動保存で超便利)

   

みなさんはiCloudを上手に使いこなせていますか?

iCloudはiPhone上に保存されたデータを自動でネットに保存し、他の媒体(パソコンやiPadなど)からもデータにアクセスすることができるサービスです。
このiCloudですが、「聞いたことはあるけど正直よく分からない」「iPhoneと連携しているけど上手く使えているのかな」ときっちりと理解し使いこなしている人は少ないのではないでしょうか。

そこで、分かりやすくiCloudの賢い使い方をまとめてみました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

1.iPhoneをiCloud接続してできる便利な使い方

そもそもiCloudは、音楽/写真/連絡先/カレンダー/サポート対象の書類などを専用のサーバに保存できる機能のことをいいます。

iCloudに保存されたデータは、同じiCloudアカウントで設定している他の iPhone/iPad、Mac、Windowsパソコンと共有することができます。
つまりiPhoneで取得したデータをネット上に保存することで同じiCloudアカウントで設定している他のパソコン等でもそのデータを利用することができる!ということですね。
そう考えてみるとアイディア次第で色々と便利な使い方が出来そうですね。

1-1. メモや予定を同期する

iCloudでiPhoneのメモやカレンダー、連絡先などのデータをクラウドに保存することで、同じApple IDのアカウントで設定しているパソコンやiPadでもそれらのデータで作業することができます。

予めiPhoneで予定を入力しておき、出張先でiPadでその時の予定を確認するといった便利な使い方ができますね♪

「設定」→「iCloud」の項目を開くと、iCloudで同期するデータを選択することができます。
オンになっている項目はクラウドにアップロードされ、他の端末と同期されます。

1-2. バックアップを取る

水没、破損、ウイルス感染…何らかの原因によってiPhoneのデータが吹っ飛んでしまうこともあるかもしれません。そんな時にそなえてデータのバックアップを取っておくこともできます。
iCloudのバックアップは、設定をオンにしておけばiPhoneを使っていない時に自動でデータを保存してくれています。

1-3. 写真を共有する

旅行で撮った写真などを友達や家族と共有したい時に便利なのがiCloudの「写真共有」です。これは選んだ写真やビデオを特定のメンバーとだけ共有できる機能です。

公開Webサイトをオンにすれば、URLで検索するだけで多くの人々に公開することもできます。

1-4. LINEのトーク履歴を保存する

バックアップ機能を使えば、LINEのトーク履歴も保存することが可能です。
これで機種変更をした後でも、新しい機種で今までのLINEのトーク履歴を再生することができます。
この場合は「今すぐバックアップを作成」を選択しバックアップを残してください。
そして、新しい機種で「バックアップの復元」を選択すれば、今までの履歴を呼び出すことが出来ます。

1-5. iPhone を探す

iPhoneをどこかに無くしてしまった!そんな時は、そのiCloudアカウントでパソコン等の別端末からログインすることでそのiPhoneの現在地を特定することが出来ます。
手順を簡単に説明すると、インターネットに接続ができるパソコンからhttps://www.icloud.com/」へアクセスし、「iPhone を探す」を選択してください。すると以下の3つの操作が行えます。

  • サウンド再生
  • 紛失モード(遠隔ロック)
  • iPhoneの消去(遠隔データ消去)

サウンド再生はそのiPhoneの音を鳴らすことで位置を特定します。
紛失モードは、そのiPhoneに電話番号やメッセージを表示させ、拾った人から連絡を促すことが出来ます。
iPhoneの消去は遠隔でそのiPhoneのデータを初期化することが出来ます。

 

2. iCloudはどれぐらい保存できる?容量はどれぐらい?費用はかかる?

iCloudが無料で使用できる容量は5GBです。iCloudの項目で空き容量を確認できます。
また有料で容量を増設することもできます。
50GB/月額130円、200GB/月額400円、1TB/月額1300円、2TB/月額2500円となっています。

 

3.どうすればiCloud使えるの?iPhoneと連携する方法

ホーム画面から「設定」を開きます。「iCloud 」を選択してください。

Apple ID、パスワードを入力しまし、「サインイン」をタップしてください。

【初回のみ】利用規約を確認し、「同意する」を押します。

確認画面が表示されたら、再度「同意する」を押します。

もし以下の画面が表示された場合は、「その他のオプション」を押してください。

確認画面が表示されたら、「アップグレードしない」を押してください。

「結合」または「結合しない」を選択します。「結合」を選択するとiPhone、iPad のデータと iCloud 上に保存されているデータを合わせることができます。

メッセージを確認して、「OK」を押してください。これで設定完了です。

 

まとめ

iCloudは単にデータのバックアップや共有をするだけでなく、いざという時には「iPhoneを探す」ということまで出来てしまいます。

iCloudを利用してPCとiPhoneを連携させることで、仕事においても日常においてもまさに”場所を選ばない”身軽な生活を実現させることができそうです!

保存

保存

保存

スポンサードリンク

スポンサードリンク