iPhoneの設定アイコンが消えた?なくなった設定を戻す方法

更新日:2016/11/29[iPhoneエラー不具合]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneの設定アイコンが消えた?なくなった設定を戻す方法」についてご紹介します。

普段通りiPhoneを使っていたら、突然設定アイコンが消えたなんて症状がまれに起こることがあります。

こんな症状になった場合に設定アイコンを復活させる方法を紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneの設定アイコンが消えたら試す事

本来設定アプリは消せるアプリではないので、

まずは間違えてどこかのフォルダにまとめてしまっていないか、Spotlight検索を行って探してみましょう。

Spotlight検索は、ホーム画面で下にスワイプすると検索窓が現れます。

検索窓が現れたら、「設定」と入力して設定アプリが表示されるか試しましょう。

spotligh検索 設定

Spotlight検索で見つかった場合は、アイコンの右にアプリが収納されているフォルダ名も表示されます。

今回はアクセスというフォルダに入れてしまっていたようなので、アクセスフォルダを開いてアプリを長押しして、分かり易い所に移動させました。

Spotlight検索で見つからなかった場合

iPhoneを再起動させてみましょう。

再起動するには、スリープボタンを長押ししてスライドで電源をオフを行い、その後スリープボタンを長押しして再起動を行います。

再起動を行った上で、設定アイコンが見当たらない場合再度Spotlight検索をかけてみて下さい。

再起動を行ってもなかった場合

再起動を行っても、設定アイコンが現れなかった場合はiPhoneの復元を行いましょう。

iPhoneの復元はPCとiPhoneを接続→iTunesを開く→iPhoneを復元から行うことが出来ます。

iPhoneを復元

復元を行う場合は、バックアップデータから行うため、バックアップされたデータ以後の情報はiPhoneに復元されません

先にバックアップを取るようにしましょう。

復元を行えば、Spotlight検索、再起動を行って設定アイコンが見つからなかった場合でも、設定アイコンが復活するはずです。

まとめ:設定アイコンが消えたらSpotlight検索→再起動→復元

以上が設定アイコンが消えてしまった場合に試してほしい方法です。

本来標準で搭載されているアプリは消すことは不可能ですが、突然のバグでまれに消えてしまうこともあるようですね。

バグが原因で復元する際には、バックアップデータが重要になるので、大切なデータを保護するためにも日頃からバックアップは取るようにしておきましょうね。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク


コメントを残す

このページの先頭へ