iPhoneのYouTubeで子供のために閲覧制限を設定する

更新日:2017/01/08[iPhoneの取説(トリセツ)]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneのYouTubeで子供のために閲覧制限を設定する」についてご紹介します。

YouTubeは子供にも大人気で、YouTubeを見過ぎて禁止令を出す家庭もあるそうですね。

禁止令を出すまではいかなくても、YouTubeには様々な動画があるので、教育上良くない動画も存在するのも確かです。

そこで子供が不適切な動画を見ないように、閲覧制限を設けてみましょう。

スポンサーリンク

iPhoneのYouTubeに閲覧制限を設定

まずYouTubeアプリを起動します。

そして右上にある・・・をタップすると設定という項目が現れます。

YouTube設定

設定をタップしたら、制限付きモードフィルタという項目があります。この機能をフィルタを設定しないからに変更します。

強にすることで、YouTubeのフィルタ機能が有害であると判断した動画を検索に引っかからないようにします。

フィルタ機能でも少し不安な場合

フィルタ機能はYouTubeが機械的に動画を判断しているため、どうしてもフィルタを潜り抜けて検索に表示されることもあります。

子供に有害な動画を見せないために一番有効な手は、事前に動画をチェックして見せる動画を選んだ上で、アクセスガイドを使いiPhoneを制限することが一番です。

アクセスガイドとはiPhoneの操作を制限するための機能です。

設定→アクセシビリティ→アクセスガイドからアクセスガイドをオンにしてパスコードを設定しましょう。

アクセスガイドはホームボタンをトリプルクリックすることで起動させることが出来ます。

子供に見せても大丈夫だなと判断した動画を再生した後で、ホームボタンをトリプルクリックしてアクセスガイドを起動します。

アクセスガイドが開始されましたと表示されたら、再度トリプルクリックしてオプションを設定します。

左下のオプションをタップして、タッチをオフにして再生している動画の画面から移動出来ないように設定しましょう。

これで関連動画からどんどん違う動画に流れていくことを防ぐことが出来ますね。

まとめ:有害な動画を見せないためにフィルタを強→動画を再生してアクセスガイド

以上がiPhoneで子供に有害な動画を見せないための設定です。

AppStoreの中には「テベリ」という子供用のYouTubeアプリがあるんですが、こちらはあまり精度が良くないようです。

現在有効なのは、フィルタを強にするか、アクセスガイドを使って他の操作を制限する方法が一番有効であると思います。

YouTubeにハマる子供は大勢いて、有害な動画をたまたま見てしまうこともあります。

子供を有害なコンテンツから守るためにも、ちゃんと設定しておきましょうね。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ