iPhone取説.com

iPhone初心者ユーザーのための取扱説明書サイト

iPhoneが圏外から直らないのはなぜ?原因と直し方まとめ


スポンサーリンク

   

私は旅行で山奥に行ったり、高原に行ったりしたことがありますが、一見、「電波なさそうだなぁ」と思うような場所でもiPhoneの電波が届いているのを見て、とても感動したことを覚えています。

ですがそのような特別な場所ではなく、いつも問題なくiPhoneの通信を使えている範囲でも突然、圏外になってしまうことがあります。

それってなぜなのでしょう?急いでいるときは特に、困ってしまいますよね。

そこで今回は、iPhoneが圏外から直らない時の原因と対処法をまとめてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

1.iPhoneがずっと圏外のまま表示される原因・なぜ圏外の表示のままなの?

iPhoneがずっと圏外のままの状態で直らない時の原因として、以下のようなことが考えられます。

  • 電波状況が混雑している
  • iPhoneの端末が一時的に不具合を起こしている
  • 利用料の支払いがされていない

1-1. 電波状況が混雑している

本来は「圏外ではない」はずの場所であるのに、「圏外」となってしまっている場合もありますね。そのような時はもしかしたら、利用者が多いエリアで回線がパンクしているのかもしれません。

なにしろ外でも電車の中でもお店でも、ほとんどの人がスマホを片手に何かしているのを見かけるくらいなので、電波が混み合うのも納得です。ちょっと時間を置いてみたり、移動してみてから試してみるのも良いかもしれません。

1-2. iPhoneの端末が一時的に不具合を起こしている

精密機器のiPhoneですから、見えないところでちょっとした不具合が起きていることもあります。(iPhoneユーザーならよくご存知かもしれませんが)それでも憎めないのがiPhoneの良いところ。

ちょっとした不具合を解消するべく試したい方法はたくさんあります。詳しくは次の項でご紹介しましょう。

1-3. 利用料の支払いがされていない

もしかすると、iPhoneの月々の利用料が支払われていなかったりしませんか?

引き落としにしていたりすると、引き落とし日までにお金を用意しておくことを忘れてしまって、「うっかり未払い」ということも有り得ます。

心当たりのある場合は、今すぐ確認を!

 

2.圏外のまま・検索中のまま表示される時の対処法まとめ

2-1. iPhoneを再起動する

困った時の再起動!私もたまに電波不良に遭遇します。圏外とまではいかないけれど、4Gの表示が消えて、3Gになっていたり、それでもなかなか通信が進まなかったり。

そのような時には迷わず再起動をします。すると電波はきれいさっぱり4G表示に戻るし、サクサク通信ができる状態に戻ります。

だからまず最初に試すべきなのは、「再起動」です!

電源ボタンを長押しして電源を切り、少し待ってから再び電源ボタンを長押しして再起動しましょう。

2-2. 再起動する余裕がない時は、機内モードをいじる

もしも、とーっても急いでいて、一刻を争うような状況であったら、再起動なんてしていられないかもしれません。そのような時には、「機内モードのオンオフ」を試してみましょう。一瞬でできることだし、再起動の時間をやきもきして待たずに済みます。手順としては、

  1. 「設定」を開く
  2. 一番上にある項目「機内モード」をオンにする
  3. オフにして十数秒待ってから、オフに戻す

機内モードというのは、飛行機に乗る時などに便利な、”電波の遮断”です。

一度この遮断状態(オン)にしてからそれを解除(オフ)にすることで、iPhoneは改めて電波を探し始めます。なので単純に電波がうまくつかまえられないという状態は、これで解決することも多いようです。

なお、設定画面からだけではなく、ロック画面からでもアクセスできます。

画面の最下部から上にスワイプすると、通信設定やカメラモードなどを選択できるパレット(コントロールセンター)が出現しますね。その中の一番左にある「飛行機マーク」が、機内モードの設定です。

手軽にできるので、ぜひ試してみてください。

2-3. Wi-fi接続にしてみる

「機内モードのオンオフでもだめだよー!」という場合は、近くのWi-fiスポットを探してみましょう。

最近は駅やお店でも、ちょっと歩けばWi-fiが飛んでいる環境に飛び込むことができます。

Wi-fi接続のオンオフ設定も、コントロールパネルからワンタッチでできます。機内モードの右隣にある、みなさんご存知の「波紋」のようなマークです。

2-4. iOSのアップデートを確認する

iOSは常に進化していて、このような電波状況についてもアップデートのたびに改善されていることがあります。とはいっても、圏外が続いていたらアップデートすらできませんね。

アップデートはそもそも4G接続ではできず、Wi-fi接続が必要となります。

やはりWi-fi接続ができるスポットを探してアップデートするか、インターネット接続ができるPCにiPhoneを接続し、iTunesの中でiOSのアップデートを試みてください。

アップデートすると自動的に再起動しますので、それも含めて電波状況の改善が見られるかもしれません。

2-5. キャリア設定のアップデートを確認する

キャリアというのは、Softbankやauなどといった携帯電話会社のことです。

こちらの設定をアップデートすることによって改善が見られる可能性があります。手順はこちら。

  1. 「設定」をひらく
  2. 「一般」→「情報」へ
  3. 利用可能なアップデートが表示されたら、アップデートする

2-6. 4Gをオフにする

あえて逆の発想となりそうですが、4G回線をオフにしてしまおうという作戦です。4G回線でなくなったらどうなるのか?懐かしの3G回線になるだけです。

今でも3G回線の方が圧倒的に対応エリアが広いというのと、みんなが使っている4G回線よりは電波の混雑も少ないかもしれません。設定方法はこちら。

  1. 「設定」をひらく
  2. 「モバイルデータ通信」→「モバイルデータ通信のオプション」
  3. 「4Gをオンにする」という項目を選ぶ→「オフ」にする

2-7. 各キャリアのサポートデスクへ相談する

家の中での電波不良については、各キャリアから小型基地局(その名も「フェムトセル」)をレンタルすることもできるそうです!

レンタルについては無料ですが、自宅に電波調査に来てもらうことが必要であったりと、多少手間はかかります。ですが電波が届かないのは不便。今後も使っていくことを考えれば、思い立った時に解決してしまえば後が楽になります。

小型基地局「フェムトセル」のレンタルについては、各キャリアのウェブサイトやサポートページからお問い合わせしましょう。

2-8. ネットワーク設定をリセット

再起動もそうですが、「リセット」は大事です。何か不具合が起きているならば、リセットすることでiPhoneを一旦落ち着かせましょう。このような手順でやってみてください。

  1. 「設定」をひらく
  2. 「一般」→「リセット」
  3. 「ネットワーク設定をリセット」

でリセットすることができます。

2-9. さらなるリセットは「復元」

再起動してもダメ、アップデートもされている、リセットしても直らない…。

自分でできる最終手段としては、「復元」という手段が残されています。

こちらはiPhoneを工場出荷時の状態に戻すという作業で、さまざまな設定がリセットされるという、いわゆる「初期化」です。

復元をするとiPhone端末に保存されていたデータはすべて消えてしまうので、バックアップしてから行うことをお忘れずに!こちらの手順にそって行ってください。

  1. iPhoneをPCに接続する
  2. iTunesを開く
  3. iPhoneの項目を選び、「概要」の中の「バックアップ」の項目へ
  4. 「このコンピュータ」「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェック
  5. パスワードが要求されるので、入力し、「パスワードを設定」をクリック
  6. 「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが作成される

このようになります。ちなみに「バックアップを暗号化」で設定したパスワードは、バックアップしたデータを復活させる時に必要となりますので、大事にメモしておきましょう!

2-10. それでもダメならAppleへ

上記のいずれの手段も成果が見られない場合は、いよいよ本当に故障かもしれません。

あきらめてAppleへ相談しましょう!お近くのApple Storeはこちらで検索できます。

お近くのApple Storeを探す

 

まとめ

いつも快適に使いたいiPhone。いつでもどこでも「つながる」という便利さがなくなってしまうようでは、iPhoneとは言えません。圏外になってしまった状態では何もできませんので、一刻も早く解決をしたいところですよね。

今回の記事ではたくさんの対処法をご紹介しましたが、いざという時だけでなく、予備知識としてもいろいろな対処法を知っておけば安心なのではないでしょうか。

スポンサードリンク









 - iPhoneの取説(トリセツ)