iPhone取説.com

スポンサードリンク

iPhone課金エラーでクレジットカードが使えない原因と対処法まとめ

   

クレジットカードを登録しているのでアプリで課金をしようとしたら「エラーで課金できない!!」となると焦ってしまいますよね。

そんなときどうしたらいいのかまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. ゲームやアプリなどで課金エラーとなりクレジットカードが使えない時に確認すべきこと

以前は何も問題なく課金できていたのに、課金をしようと購入画面にいくと急に、
『前回のご購入に請求処理上の問題があります。お支払方法を更新してください』

または

『現在のお支払情報はご利用になれません。他のお支払方法を入力してください』
とエラーが表示されることがあります。焦ってしまいますよね。

AppleIDと紐付けてあるクレジットカードを確認してみましょう。

そんな時に、何を確認するべきかを書き出してみます。

  • クレジットカードに登録されている名前
  • 住所が一致しているか、クレジットカードの有効期限
  • クレジットカードの利用残高の確認
  • クレジットカード請求が銀行口座から引き落としされているか

 

アカウントの支払情報欄からAppleIDに紐づけされているかクレジットカードの状態を確認します。
支払い方法画面にいくと
『現在のお支払方法はご利用になれません。ほかのお支払方法を入力してください』
と、表示されているということは、紐付けされているクレジットカードでの支払い事故が発生しているため、アカウントのロックがかかってしまっています。

以下の手順を確認してみましょう。

  1. 登録しているクレジットカードの名前・住所がAppleIDの登録をしている情報と同じなっているか確認してください。
    引っ越しをしてクレジットカードの情報ほ変更したときなど、クレジットカードとAppleID側の情報が違っていると決済が出来ない仕組みになっています
    すぐに変更していない方の情報を変更してください。
  2. 登録されているクレジットカードを見て、有効期限が切れているまま登録されていないか確認してみてください。
    ただ、クレジットカードの有効期限切れの場合、課金しようとしたとき、『クレジットカードの有効期限が切れています』とダイアログが表示されることもあります。
    この場合、すぐに新しいクレジットカードの有効期限やセキュリティコードを入力して更新してください。
  3. クレジットカードの利用残高を確認して、利用額をオーバーしていないかを確認してください
    アプリの課金だけではなくショッピング等に使っている場合、気が付かないうちに利用額をいっぱに使っているケースもあるそうです。
    クレジットカードの契約者ページなどで、利用残高などを調べてみてください。
  4. 一番多いケースとして、クレジットカード請求が銀行口座から残高不足で引き落としがされていない場合です。
    まずは銀行口座を確認してみてください。
    銀行口座への確認ができない場合はクレジットカード会社にクレジットカードが利用できない事を問い合わせてみてください。

 

このように、クレジットカードがエラーで使えなくなる場合、いつくかの原因がありました。

  • エラー表示されるとアカウントのロックがかかってしまいます。
  • クレジットカードの利用ができない原因がわかっても場合によってはすぐには利用再開ができません。その間、アカウントがロックされている状態なので無料アプリもダウンロード出来なくなってしまいます。
  • 利用可能な支払方法の登録をしなければAppStoreを再開することができません。
    しかし、未払い分が残っている状態だと『支払方法の種類』で通常はある『なし』の項目がない為、未払いがあると『支払方法なし』での利用もできません。

 

急ぎじゃない場合は原因を解消してクレジットカードの再開をまってもいいと思いますが、すぐにStoreを利用したというときは未払い分を清算しなければいけません。

その時はまず、未払いになっている金額を調べましょう。
パソコンでiTunesを起動して購入履歴を調べます。
購入履歴の『全てを見る』をクリックします。
画面上に『今回のご購入について、ご利用のクレジットカードの了承が得られませんでした』というエラーメッセージと未決済になっているマイナスの金額が表示されています。

金額を確認し、iTunesCardを購入してコード入力をして支払うか、利用可能なクレジットカードを再登録(エラーなっているクレジットカードとは別のカード)をします。
iTunesCardの場合、未払い分を差し引かれて金額が残り、購入履歴のエラーも消えます。

 

クレジットカードでエラーとなってもいくつかの確認をして対処すれば解決するので慌てずに対処していきましょう。

 

2. クレジットカードではなくVプリカをおすすめする理由・Vプリカのメリット

AppleIDを設定する場合、クレジットカード・クレジットカードなしの他にも『Vプリカ』での登録も可能です。

VプリカとはVisa系列のプリペイドカードで、18歳以上で日本国内在住の人であれば審査なしで誰でも持てるカードです。
コンビニ・インターネットでも購入できるプリペイドカードでVisa系列なのでAppStoreだけではなくViISA cardが使えるオンライン加盟店であればインターネットショッピングでも使えるプリペイドカードです。
(ただ、FX取引や旅行小切手購入など一部のサービスはご利用できません)

クレジットカードと違って、カードの名前はニックネームでいいので紛失や盗難にあった場合、不正利用される恐れがありません。

Vプリカはプリペイド式なのでチャージしておいた金額を超えての使用が基本的にはできません。
ただ、立て続けに課金をすると、チャージしておいた残高を超えて課金できてしま場合があるそうです。
その場合、登録しているEメールへ残高不足メールが届きます。
不足分をコンビニやネットバンキングから新たにVプリカを購入して充当したり、他に持っているVプリカからの充当などができます。
もちろんクレジットカードの時の不足分の対処と同じようにiTunesCardでの不足分支払いも可能です。

エラー表示されてもすぐに原因が特定しやすく、各所に確認を取ったりと手間はクレジットカードのときと比べて格段に早く対処できます。

ただ、Vアプリは購入時に手数料がかかってしまったり、3ヶ月使用しないと維持費が発生してしまったりします。

 

まとめ

iPhoneにはiTunes Cardもありますが、Vプリカと比較して自分にあった方を選択できる幅は広がると思います。

もしエラーが出ても慌てずに。いくつか確認をすることでエラーの解消をすることができます。

保存

保存

スポンサードリンク

スポンサードリンク