iPhone取説.com

iPhone7s/8にTrue Toneディスプレイ搭載?評判と使い心地はどんな感じ?

   

今年は初代iPhoneが出て10周年目の記念すべき年です。今年発売のiPhoneは、iPhone8 iPhone7s iPhone7s Plusの3種類がリリースされるのではと噂されています。

その今年発売のiPhoneに、以前から9.7インチのiPad Proに実装されている機能《True Toneディスプレイ》が実装されるとの噂があります。

iPhone8は、有機EL(OLED)ディスプレイが採用されるとの見方があります。同じディスプレイの機能として、《True Toneディスプレイ》はどのように影響を与えるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年発売予定iPhone 8 / 7s / 7s Plus3機種でTrueToneディスプレイ搭載


《True Toneディスプレイ》はディスプレイの色彩をより自然の色合いに近づけて、環境によるディスプレイの見え方を調整する働きをします。

すでに9.7インチのiPad Proに実装済みの技術です。

初代iPhoneが発売されて10周年の今年2017年は、次世代モデルのiPhone8と、現行モデルの改良版iPhone7s iPhone7s Plusの3モデルが発売されるのでは?と噂されています。

今年発売の3モデルには、《True Toneディスプレイ》が採用される見込みがあります。

iPhone製作のための《True Toneディスプレイ》を作る素材部品である、光を感知・分析するための《フルスペクトルセンサー》をオーストリアの半導体メーカーAMS社が供給するとの予測を、Barclays投資銀行のアナリストが発表しました。

《TrueToneディスプレイ》はまるで紙を見ているかのような自然な感覚

先進的な4チャンネルの環境光センサーを使い、周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を自動的に適応します。これにより、まるで紙を見ているかのうように、より自然に、そして快適に読むことができます。

従来のディスプレイより格段に見やすくなっています。自然な画像の光の量が違うというか、一定の環境内で色彩が明らかに違います。《True Toneディスプレイ》は美しいです。

違った環境で、色が一貫して表示されることを実現するための機能です。例を挙げると、昼間の青い光が強い時間帯と夕方の赤い光が強い時間帯といった環境光が異なる場合でも、同じ見た目を一貫して再現するため iPhoneを調節します。

似ている《Night Shiftモード》は目へのダメージ軽減が目的の機能

iPhone 7に実装済みの《Night Shift》は、ディスプレイが発光することにより、ブルーライトが睡眠へ及ぼす影響や、目にかかる負担を軽減してくれる機能です。

《TrueToneディスプレイ》とは目的がまったく違います。《TrueToneディスプレイ》はあくまでも、画像やディスプレイの自然な色合いを一貫して表現するための機能です。

《Night Shift》はディスプレイの色合いが温かみにある色合いになり、ブルーライトを軽減します。

ブルーライトは、パソコンやスマートフォンの発光に多く含まれていて、眼や身体に大きな負担をかけています。《Night Shift》をオンにすると、ディスプレイが出すプルーライトを抑える働きをします。

iPhoneを長く見続ける必要のあるときには、便利な機能となっています。《TrueToneディスプレイ》との併用も可能です。

現在の《TrueToneディスプレイ》は好評価です。

《TrueToneディスプレイ》が実装済みの9.7インチ版のiPad Proの評判はとてもいいです。

  • 画面の色合いがいい感じ
  • 綺麗で、写真を観る時の色の美しさにウットリ
  • 本当に目に優しいのに加えて見やすい
  • すごい見やすい
  • どんな光の下でも、最適な光
  • 色味が変わってとても自然

従来は環境により光の量を調整する機能はあっても、色彩を調整する機能はなかった。今回の《TrueToneディスプレイ》は、色彩を変化させることで見やすく、自然な仕上がりが一貫しているとの意見があります。

TrueToneディスプレイになれると、オフにすると同じ場所にいても色合いの違いや眩しさを感じる事があるようです。

iPhone 8には有機EL(OLED)ディスプレイが採用予定、《TrueToneディスプレイ》と合わせた威力は?

有機ELはディスプレイ自体が発光します。従来の画面の後ろにライトがある仕組みではありません。仕組みが変わったことにより、発光力、光の強さは従来のものより低いです。

今までの有機ELディスプレイは、晴れている屋外で視認性が低下します。画面の明るさを落としたときには、うっすら青みがかって見える事が気になる場合があります。

メリットとしては、有機EL(OLED)は従来の液晶に比べて、発色がよく多角から視認できます。光への応答速度があがり、自動調節のスピードも従来のものより高いです。また、視認性以外の消費電力や、部品重量など優秀なものが多数あります。

有機ELの視認性(発光力が低い)問題を、《TrueToneディスプレイ》はどのように解決するのかが気になります。天下のAppleは、どのような有機ELディスプレイを出してくるのでしょうか?

まとめ

iPhone 8 / 7s / 7s Plusに《True Toneディスプレイ》が搭載されるという噂についてご説明いたしました。

《True Toneディスプレイ》とは、異なる環境下でiPhoneディスプレイの色彩をより自然の色合いに近づけて、ディスプレイの見え方を調整する働きをします。

今回の噂はオーストリアの企業が、今年発売のiPhoneに《True Toneディスプレイ》用として、組み込まれる部品を受注する見込みがあるということからきています。

《True Toneディスプレイ》は、4チャンネルの環境光センサーを使って、周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を自動的に適応するという機能です。

どのような環境下でも、iPhoneディスプレイの見た目が一貫したパフォーマンスを保ちます。さらに、ディスプレイの見た目を自然な色合いに近づけることができます。

現在iPhone7に実装されている《Night Shift》機能は、ディスプレイが発光するブルーライトを抑えるための機能です。体に害のあるブルーライトから、目を保護するのが目的です。

《True Toneディスプレイ》と同様に、iPhoneのディスプレイの色合いが変化しますが、その目的は違います。《True Toneディスプレイ》と《Night Shift》の併用も出来る関係性となっています。

現在出ている9.7インチのiPad Proの、《TrueToneディスプレイ》は好評価です。

  • 画面の色合いがいい感じ
  • 綺麗で、写真を観る時の色の美しさにウットリ
  • 本当に目に優しいのに加えて見やすい
  • すごい見やすい
  • どんな光の下でも、最適な光
  • 色味が変わってとても自然

という評価を受けています。

iPhone 8には有機EL(OLED)ディスプレイが採用予定です。有機ELの特徴である低発光のディスプレイを、《True Toneディスプレイ》機能がどのように表現するのかがとても気になります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク