iPhoneの電池をパーセント表示に設定する方法

更新日:2016/11/29[iPhoneの取説(トリセツ), iPhoneバッテリー充電器]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneの電池をパーセント表示に設定する方法」についてご紹介します。

iPhoneやiPadは初期設定の状態だと、電池残量の表示がアイコンだけになっているので非常に分かりにくいですよね。

残量が分からないとあとどれくらいでiPhoneの電池がなくなるのか、ひやひやして使いたいのに使えないなんてことも。

そこで電池残量の表示はパーセントで表示するように設定してみましょう。

スポンサーリンク

iPhoneの電池をパーセントで表示する

iOSのバージョンによって多少の変化はあるものの、設定アプリから表示を切り替えることが可能です。

この記事についてはiOS9の場合の設定方法になります。

まず設定アプリを開きましょう。するとバッテリーという項目があるのでタップして進みましょう。

バッテリーの設定まで進むと、バッテリー残量(%)という項目があります。

こちらをオンにすることでバッテリーがパーセントで表示することが出来ます。

バッテリー%表示

またこのバッテリー設定画面には、どんなアプリがどれだけバッテリーに影響を与えたか閲覧することが可能です。

時計のマークをタップすれば、%だけでなく、アプリの使用時間に対してどれだけバッテリーを使ったか見ることが出来ます。

このバッテリー使用状況を見ることによって、普段使っていないはずのアプリが知らない間にすごくバッテリーを使っていたという事を知ることが出来ます。

無駄にバッテリーを圧迫してるアプリがあれば、削除しておくようにしましょう。

まとめ:iPhoneのバッテリーは%表示にして見やすく

以上がiPhoneの電池をパーセントで表示する方法です。

バッテリーの使用状況が一目で分かるので、非常に便利ですね。

またアプリの使用状況を把握することで、より効率的にバッテリーの節約をすることが可能ですよ。

簡単なステップで設定することが出来るので、ぜひ設定しておきましょう。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ