iPhone取説.com

iPhoneのおすすめBluetoothイヤホンまとめ

      2016/11/29

今回は「iPhoneのおすすめBluetoothイヤホンまとめ」についてご紹介します。

Bluetoothとは近距離無線規格の一つで、いまや多くの機器に搭載されています。

iPhoneの純正イヤホンは非常に高機能で便利ですが、有線なので服とこすれて外れやすかったり、カバンにしまうには不便ですよね。

Bluetoothイヤホンは無線なので、コードが邪魔になることもなく、運転中にずっと付けておくことも出来ますし、ランニングをする時などにも活躍します。

では用途別のおすすめBluetoothイヤホンを紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Bluetoothイヤホンの選ぶポイント

まずはBluetoothイヤホンを選ぶ上でいくつかのポイントを抑えておきましょう。

どれを選んだら良いか分からない方は、こちらの項目を参考に選んで頂くと間違った商品を買わなくて済みますよ。

Bluetoothバージョン4.0か4.1を選ぼう

Bluetoothにはバージョンがあり、現在普及しているのは2.0〜4.1まであります。

特に3.0か4.0が多く普及しているのですが、この二つの大きな違いは通信量と省電力にあります。

3.0は従来の約8倍である最大24Mbpsに対応しています。それに対し4.0は通信量は1Mbpsに落とされましたが、大幅な省電力化を行い、一つの電池で1年〜2年程度交換しなくても大丈夫とされています。

イヤホンやマウス、キーボードなどをBluetoothで繋ぐ場合は24Mbpsもの高速な通信を必要としないので、省電力にフォーカスした改善が行われた訳ですね。

4.1は更にLTE通信に干渉しないように設計されたバージョンです。

スマホのために改善されたバージョンと言えるでしょう。

今回のテーマはイヤホンなので、Bluetoothバージョンは4.0か4.1にしましょう。

マイクが内臓されているものを選ぼう

Bluetoothイヤホンにはマイクが内臓されているものもあります。

マイクが内臓されていることで音楽を再生している時でも、そのままハンズフリーで電話に出ることが出来るので非常に便利です。

プロファイルをチェックしよう

プロファイルとはBluetoothでなにが出来るかを定めた規格になります。

音楽を高音質でステレオ再生出来るか、早送りやスキップが出来るか、そのまま通話が出来るか、などの規格ですね。

iPhoneで使用する場合には、

  • A2DP(高音質ステレオ再生)
  • AVRCP(スキップなどのコントロール機能)
  • HSP(通話に使用するモノラル音声機能)
  • HFP(通話開始操作など)

の4つのプロファイルが搭載されているものを選びましょう。

マルチペアリング・マルチポイント対応

iPhoneを使用しながら、ウォークマンで音楽を再生する方もいますよね。

マルチペアリングとは、複数のデバイズを登録しておくための機能で、Bluetoothに繋ぐためにいちいちパスコードを入力する手間を省けます。

マルチポイントとは、複数のデバイスで同時に接続出来る台数を表しています。

マルチポイントに対応していると、ウォークマンで音楽を再生中に電話がかかってきても、そのまま通話に出ることが可能です。

通話が終われば、また自動的に音楽が再生されます。

コーデックをチェック

コーデックとは、音声データの転送を展開圧縮する規格で、主に音楽の再生時に影響します。

多くのBluetoothイヤホンはAACかapt-Xに対応しており、どちらにも対応している商品もあります。

音質はapt-Xの方が高音質なのですが、残念ながらiPhoneのiOSはAACにしか対応していません

なのでiPhoneでしかBluetoothイヤホンを使う予定がない方は、AACのみに対応しているイヤホンでもなんら問題はありません。

ウォークマンなどでも使用したい方は、AAC/apt-X対応のものを選ぶと良いでしょう。

ランニングにおすすめBluetoothイヤホン

71lV4pWsx2L._SL1500_

SoundPEATSは耳にかけるフックがついているので、ランニングに最適です。

このフックがないとランニング中にイヤホンが外れたりするので、結構重要なポイントになります。

もちろんハンズフリーにも対応しています。

運転時におすすめBluetoothイヤホン

51fXU1AbWlL._SL1074_

Jabra MINIはシンプルなデザインで、通話開始/終了ボタンも大きい所が運転時に最適です。

またカナル型のインイヤーではないので、外音を遮断しすぎないのもポイントですね。

フックも付いているので、耳が疲れてきたらそのまま耳にぶら下げることも出来ます。

街ブラおすすめBluetoothイヤホン

71Nos0vbOUL._SL1500_

Aukeyはポップなデザインで3色展開されているので、可愛いBluetoothイヤホンを探している方にはオススメです。

また価格も1999円とお手頃なので、はじめてのBluetoothイヤホンにも最適かと思います。

まとめ

以上がBluetoothイヤホンのまとめ情報です。

一度Bluetoothイヤホンを使うと便利さに気づくはずですよ。

管理人も、音楽とランニングが趣味なので、音楽を聴きながらランニングをするために、ワイヤレスイヤホンを購入しました。一番最後に紹介した、耳かけのない2000円程度の安いイヤホンです。(Amazonにて)

音質は悪くなく、耳の装着感も問題ありませんが、走り始めて5分ほど経過すると、すぐに取れてしまいます。汗をかくと余計に滑ってしまい、最終的にはイヤホンが邪魔になり、ポケットにしまうことに。笑

そのあと、耳にかけるフックのついたワイヤレスイヤホンを購入しましたが、ものすごく快適です。いくら揺れても走りこんでも、途中で外れることはありません。

耳にかけるフックのついたワイヤレスイヤホンは、少し値が張ってしまいますが、音楽を聴きながらランニングをするのであれば、耳にかけるフックは必須です。

充電しなければならない手間は少しありますが、コードがない快適さはそのデメリットをはるかに上回りますね。

ぜひ検討してみて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク