iPhoneの電源が切れた時に着信履歴は残る?残らない?

更新日:2016/11/29[iPhoneのちょっとした裏技, iPhoneバッテリー充電器]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneの電源が切れた時に着信履歴は残る?残らない?」についてご紹介します。

iPhoneの電源が入っている状態なら、着信に気が付かなかった時などには、電話アプリに着信履歴が残りますよね。

でも電池が切れてしまっていた時や、機内モードなどで電波がない状態の場合には着信履歴は残るのでしょうか?

スポンサーリンク

電源が入っていない場合の着信について

iPhoneの電源が入っていない時に着信があった場合、電話アプリには着信履歴は残りません

しかしiPhoneを起動した時に、メッセージアプリ宛に何時何分に着信がありました、といったような内容のメッセージが1414というキャリアのサービスから届きます。

電源オフ着歴

このメッセージ内にはかかって来た番号が表示されているのですが、電話番号をタップするとその番号に電話がかかってしまうため、すぐに誰から電話があったかどうか、確認するのが電話アプリと違い少し手間です。

そんな時は番号を長押しすると、こんな表示が現れます。

電源オフ着歴名前

着信があった番号を登録してる場合は、長押しすることで相手の名前が表示されます

これで知らない番号かどうか判断することが出来ますね。

無論、登録していない番号だと名前は表示されないので、かけ直す以外判断することは難しいですね。

LINE電話の場合どうなる?

現在ではLINEで電話をかける方も非常に多いですよね。

電源が入っていない状態で相手からのLINE電話があった場合は、電源を入れた時にLINEに着信があったことを伝える通知が届きます。

こちらからLINE電話をかけた場合、相手の電源が切れていたとしても呼び出し音が流れ続けます。

通常の電話だと、相手の電源が入っていない、または電波がないためかかりません。といったアナウンスが流れるので電話をかけた側は分かり易いのですが、

LINE電話の場合特にアナウンスがないので、少し不便ですね。

まとめ:電源が入っていなくても着信があった場合後から確認出来る

iPhoneの電源が切れていても、着信履歴は残ることが分かりましたね。

電話アプリのように誰からの着信であったかどうかすぐ判断することは出来ませんが、長押しすることで確認出来ますよ。

機内モードや、電波がない状態でも同じように着信履歴が残るので、電波が復活した時に1414からメッセージが届いたら着信があった証拠なので、メッセージを確認するようにしましょうね。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ