iPhone取説.com

iPhoneに動画をダウンロード保存できるおすすめ無料アプリ

   

通勤や通学のバス・電車内や、旅行の長距離移動の時は、いつも持ち歩いているiPhoneで動画を見たりして過ごすのも有効な時間の使い方ですよね。

しかし、動画を見るとかなりのデータ容量を使ってしまうので、そう何本も見る事はできません。

一度ダウンロードしてiPhoneの中に保存してしまえば便利なのですが、そんな事できるの?

今回は、そんな疑問を解決してくれるアプリのご紹介や、動画保存についての豆知識を学んでいきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.【無料】iPhoneに動画サイトの動画をダウンロード保存するアプリ

1-1. Clipbox

初心者でも簡単な操作で動画ダウンロードができるClipboxをご紹介します。

こちらは無料アプリなのに、分かりやすい操作で動画検索から保存まで出来る評価の高いアプリです。

無料なので1動画ダウンローする度に、広告動画も同時ダウンロードされてしまうという難点もありますが、広告動画を削除しても見たい動画を変わらず見られるので、我慢できる範囲!
簡単に使い方をお伝えします。

①タイトル画面からクリップをタップ


②ブラウザをタップし、検索窓に調べたい単語を入れ、検索します。


通常のGoogleやYahoo!で検索する時と同様に進み、見たい動画のページまで行ったら一度再生し、停止します。


※少しでも一度再生してから保存手順に進まないと正しく保存できない時があります。

 

③下のメニューバーの+をタップし、Are you OK?→Realli?の順にタップ

④保存先(今回の場合はマイコレクション)を選択し、OKボタンをタップ


⑤広告動画と共に保存が確定します。

もちろんオフラインでの視聴も可能!

長編映画もダウンロードできるので、飛行機内で映画の見られないLCCでの長時間フライトなどではかなり重宝しています。

ちなみバックグラウンド再生は残念ながらできないので、他のアプリを開いてしまうと一時停止してしまいます。

 

1-2. Xochi(ショチ)

音楽好きな人におすすめの動画保存アプリXochiをご紹介します。

こちらはプレイリスト管理ができるので、音楽はiPhoneで聞くよ!という人や、MVを見るのが好きな方にぴったりです。

①タイトル画面から検索マーク(下のメニューバーの虫めがねの記号)をクリックし、何を検索するか選択します。

ダウンロード済動画の検索→プレイリスト検索

これからダウンロードする動画をインターネット上で検索→ミュージック検索
※ここでは今からダウンロードする動画をYouTubeで検索するとします。


②保存したい動画を長押しします。


③保存先が表示されるので、選択します。デフォルトで「気になる作品」が先に入っているので、特に指定がない場合は、そこをタップ


④下のメニューバーにある音符(♫)マーク=ライブラリを確認すうと、先ほど選択した動画が保存されています。

こちらもオフライン視聴可能!しかもバックグラウンド再生も可能なので、メールやLINEをしながら音楽も聞けます!

無料動画保存アプリはたくさんありますが、広告が出すぎたり保存手順が複雑だったりするので、今日おすすめしたこの2つのアプリは広告はあれど比較的良心的です♪

 

2.【有料】iPhoneに動画サイトの動画をダウンロード保存するアプリ

2-1. Zvideo-動画保存

価格:¥100

こちらもプレイリスト管理ができるので、有料動画保存アプリの中でもシンプルで、使いやすいアプリです。

①タイトル画面表示後、以下のような画面が表示されるので、まず最初に右上の検索ボタンを押してから、検索ワードを入力
※タイトル画面直後のURLが入力されているところに検索ワードを入れても反応しないので注意!


②お目当ての動画ページを見つけたら、下のメニューバー右から2番目の保存マークをタップ。

③「このページ内の動画を読み込む」→「保存する」をタップ

 


④動画リストに追加されました!

このような有料アプリも一度購入すればずっと使えるので便利ですが、綺麗にエラーなく動画を見るなら、huluやNETFLIXなどの定額制動画サイトもおすすめです。

ダウンロードではないので自宅でのWi-Fi環境がないと楽しめませんが、お金を払っている分ストレスなくドラマや映画を楽しめます。

 

3.保存した動画の保存先(保存場所)はどこ?

ダウンロードして保存した動画は、各アプリ(ここではClipbox)のフォルダ内に保存されます。

アプリないフォルダといっても、容量はiPhoneのものを使用しているので、動画のデータ量が重ければ重いほどiPhoneの容量は減ってしまうので要注意!

アプリに保存された動画は、iTunesを介すことでパソコンへの共有ができます。

3-1. iTunesでアプリ保存動画を共有

iTunesを立ち上げて、パソコンとiPhoneを接続する事で、自分のiPhoneの中身を共有する事ができます。

iTunes左側に表示されるAppをクリックし、下にスクロールすると共有ファイルとしてClipboxが表示されます。

このファイルからパソコンへデータコピーもできるので、お気に入りの動画だけバックアップする事もできちゃいます。

 

4.ダウンロードした動画をカメラロールに保存できる?

実は、iPhoneのカメラロールでもダウンロード動画を保存する事ができるのです。

ここでもClipboxを使用します。

既にアプリ内にカメラロールに保存したい動画がある前提でお話しますね。

①マイコレクションから右上のActionをタップ


②該当動画を選択し、下に表示されるメニュー一覧を左にスワイプ


③カメラロールをタップし、完了!
※iPhone設定にて、Clipboxが写真へのアクセスを許可していない場合は許可をオンにしなければ保存されません。

 

5.急に動画のダウンロード保存ができない時は何が問題?

動画のダウンロードは、音声のみに比べてiPhoneに入ってくるデータ量も多い為、完全にダウンロードするまでにエラーが発生する可能性があります。

どのような例があるか、対処法と共に見ていきましょう。

5-1. 通信環境の問題

データ量が多いため、速度制限がかかってしまった状態でのダウンロードは時間もかかりすぎておすすめできません。

ダウンロードに長時間かけているうちに、通信障害によって途中で停止されてしまう事も考えられます。

また、Wi-Fiの電波が弱いなどのインターネット環境が悪いと途切れ途切れのダウンロードから、結果失敗したりしますので、電波の安定した場所で行って下さい。

5-2. iPhone側の不具合

iPhoneもパソコン同様精密機械なので、普通に使っていても端末に何かしらの不具合が発生する事はよくあります。

そんな時は、基本的に再起動がおすすめです。

長らく電源オフにしていないiPhoneは、働き過ぎて疲れてしまっているかもしれません。

一度電源を切って、しばらく経ってから起動し、本体を休めてあげましょう。

アプリも同様です。アプリに不具合が発生している可能性もあるので、一度アンインストールしてから再インストールしてみるのもよいでしょう。

5-3. 保存できない仕様になった

個人で楽しむだけにしても、基本的にYouTubeなどの動画サイトからのダウンロードは出来ないようになっています。

もしiPhoneにダウンロードしても良いのであれば、公式YouTubeアプリで保存できるようになっているはずですからね。

そういう背景もあり、もし今現在ダウンロードできるアプリであっても、この先の未来には仕様変更になってダウンロード不可になる可能性もあります。

5-4. データ量が多すぎる

データが多い映画やドラマのダウンロードは4G、LTE回線ではダウンロードできない設定になっている可能性もあります。

そんな時は接続回線をWi-Fiに切り替えてダウンロードしてみましょう。

5-5. ファイル形式が対応していない

動画ダウンロードアプリを利用してみると、YouTubeからはダウンロードできるけどニコニコ動画からはできないという事もあります。

これは、ニコニコ動画のファイル形式がiPhoneで再生できるファイル形式ではない事が考えられます。

iPhone再生可能な動画ファイル形式は

m4v
mp4
3gp
mov
qt
のみです。

これ以外のファイル形式だった場合は少し面倒ですが、データクリップなど別のアプリを使用して保存する方法があります。

 

6. まとめ

さて、iPhoneでの動画ダウンロード方法について参考にして頂けましたでしょうか。

  • 初心者でもヘビーユーザーでも使いやすいのはClipBox
  • バックグラウンド再生で音楽を幅広く楽しむならXochi

そして、無料アプリでも保存した動画をカメラロールに保存できる事が分かりました。

アプリの種類も多くてこんがらがってしまいそうですが、万が一ダウンロードできなかったら別のアプリを試してみるなど、方法はたくさんあります。

データ容量に気を付けて、是非iPhoneで映画やドラマ、楽しんで下さいね(^^)

保存

スポンサードリンク

スポンサードリンク