iPhone取説.com

iPhoneでInstagramの写真をカメラロールに保存する

      2016/11/29

今回は「iPhoneでInstagramの写真をカメラロールに保存する」についてご紹介します。

Instagramは写真投稿をメインとした最近人気のSNSですよね。

有名人の方も多く使っていて、おしゃれな写真やおもしろい写真を数多く見ることが出来るので、眺めているだけで楽しめるSNSでもありますね。

iPhoneの操作で通常画像を長押しすると保存することが出来ますが、インスタは写真を長押ししても写真を保存することは出来ません。

インスタで写真を保存するには2通りやり方があるので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイトを経由してインスタの写真を保存

インスタグラムも推奨している、INK361というサイトを経由して写真を保存する方法です。

INK361はこちらから移動出来ます。

友達の写真を保存したい場合、INK361から自分のインスタグラムのアカウントにログインしましょう。

ink361ログイン

ログインをタップしてユーザーネームとパスワードを入力します。

次にインスタグラムの情報を共有しますよといった案内が表示されるので、右下の緑のボタンをタップして、認証しましょう。

インスタ認証

次にメールアドレス登録と認証のチェックを入れて、登録を完了させましょう。

デフォルトではInstagramで@INK361をフォローするにチェックが入っていますが、こちらは外してもらっても問題ありません。

ink361アドレス登録

以上でINK361とインスタグラムの紐付けが完了しました。

完了すると、自分がフォローしているアカウントの写真が一覧で表示されます。

写真を保存したい場合は、一覧から写真をタップして写真が大きく表示されたら、写真を長押しするとイメージを保存と項目が現れるので、タップして保存しましょう。

ink写真長押し

上部にある虫眼鏡をタップすると、ユーザー検索やタグ検索を行うことが出来ます。

また左上のメニューボタンをタップすると、サークルというグループの作成や、人気がある写真をの一覧などに移動することも出来ます。

アプリを使ってインスタの写真を保存する

Instagramではないアプリを使って写真を保存することも出来ます。

PhotoAroundというアプリを使います。

photoaround

アプリを起動させたら、ユーザーIDとパスワードを入力して、ログインを完了させましょう。

こちらのアプリはVineにも対応しており、同時に登録出来ますがインスタグラムだけの登録でも利用出来ます。

登録が完了したらフォローしているユーザーの写真がタイムライン表示されるので、保存したい写真があれば、写真の下にあるダウンロードボタンをタップしましょう。

photoaroudダウンロード

タップすると写真がカメラロールに保存されます。動画でも同じように保存することが可能です。また虫眼鏡マークをタップするとユーザー検索なども行えます。

INK361のようにサイトに移動する必要がないので、アプリのほうが使い勝手が良い印象です。

まとめ

以上がiPhoneでInstagramの写真をカメラロールに保存する方法です。

INK361を使う場合は、PCからでも写真を閲覧してPCに保存することが可能なので、パソコンに保存したい場合はINK361を利用するといいでしょう。

個人的にはPhotoAroundの方がデザインもシンプルで使いやすいので、インスタグラムをパソコンで閲覧する予定もなくiPhoneだけで利用する場合はiPhotoAroundがオススメですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク