充電マーク表示されてるのにiPhone充電できない原因と対処法

更新日:2017/03/11[iPhoneの取説(トリセツ)]




スポンサーリンク

iPhoneを利用していれば、バッテリー切れの悩みはつきものですよね。

お仕事でハードに使ったり、動画の見すぎやゲームのやりすぎで小まめに充電しなければならない方もいるでしょう。

就寝時以外に充電する時は、充電の待ち時間って、結構長くて嫌なものです。

そんな時、充電ケーブルに差して、しばらく経ってから「もう100%になっているだろう」と思ってみてみると、まさかの充電できてなかった!という経験がある方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな充電トラブルについてまとめていきます。

スポンサーリンク

1.充電マークが表示されてるのにiPhone充電できない原因

iPhoneの充電を行うと、充電マークの隣に稲妻のマークが表示されたり、サイレントモードでなければケーブルに繋いだ時に「ピロン♪」と音がします。

これによって、充電ができているな、という事が分かるので、安心しますよね。

しかし、この稲妻マークや音を確認しても、充電が進んでいない時があるのです。

一体どのような時に、そんな事態が起こってしまうのでしょうか。

1-1. iPhone本体がフリーズしている

充電ケーブルを差した時にはしっかり反応していたので、稲妻マークも表示されましたが、その後なんらかの状況からiPhoneがフリーズ(固まってしまう事)してしまい、充電を受け入れていない事が考えられます。

1-2. 充電口が汚れている

iPhone本体の底の部分に充電ケーブルを差す横に長い形の差し込み口がありますよね。この充電口の事を、正式名称ではLightningコネクタと言います。

このLightningコネクタは、何度も充電ケーブルに差したりUSBでパソコンに繋いだりする為、キズがついたりホコリが溜まったりすると反応がにぶくなり充電が出来なくなります。

また、iPhoneの充電ケーブルはコンセントでもUSBでも繋げられるように、USBアダプタがついていますよね、こんな感じで。

ここの差込口にもホコリが溜まることが十分考えられますので、汚れてしまうと反応しなくなります。

1-3. 充電ケーブルが破損している

充電ケーブルも、長年使っていくとケーブル自体が折れ曲がったり切れたりしてしまいます。私の経験ではそんなに激しく使わなくても、大体3年使用すると中のケーブルがむき出しになったり、折れ曲がっています。

こうなると、充電もできないどころか、断線した部分からの発熱・発火の危険性があるので、使用しないようにしましょう。

1-4. USBアダプタや充電ケーブルが純正品ではない

充電を行う際はApple社の充電ケーブルを使用してましょう。

今や100均やネットでも激安で買えてしまう充電ケーブルですが、Apple純正品のケーブルやアダプタでないと、「このアクセサリは使用できません」と表示されてしまう事があるんです。

これは、Apple社で認定を受けていない製品なので、正常に反応しないという事が考えられます。

このような製品は、最初1、2分は通常通り充電できているような表示になりますが、しばらく経つと「使用できません」の表示が出てきたりする事もあります。

「純正品じゃないけど使えるもんね!」と思って油断していると、やっぱり充電出来ていなかった!なんて事になりかねないので、要注意です。

1-5. 残りの充電が0%かそれに近いごくわずか

充電が完全に切れてしまっている、もしくはもうほぼ充電0に近い状態

そんな状況で充電を開始すると、しばらくは充電ケーブルに差し込んでも、充電が溜まらないことがあります。

完全放電している可能性があるので、30分くらい様子を見てみましょう。今度は逆に、気づいたらちゃんと充電されてた、という事もあります。

1-6. 充電環境が適していない

iPhoneを使用する温度環境は、16~22度と推奨されています。

特に35度以上の環境は、バッテリーに損傷を与えてしまうので注意!

極端に寒い場所や暑い場所で充電を行っても、正常に機能しない場合があります。

 

2.充電マーク表示されてるのにiPhone充電できない時の対処法

考えられる原因が分かったところで、次はどのような対処法があるか考えていきましょう。

意外と簡単なワンステップで、正常に充電出来ることがありますので、「どうしよう!充電できない!高そうだけど修理に出さなきゃかな!?」と焦る前に、一旦以下の方法を試してみて下さいね(^^)

2-1. 再起動してみる

残りの充電%にいくらか余裕がある場合は、一度iPhoneの電源を切ってみましょう。

何らかの不具合が生じてiPhone本体が充電を受け入れられていない場合は、再起動してリセットする事で、充電が開始する場合があります。

2-2. 掃除をする

iPhoneの中身に問題がなくても電気を供給するラインに問題があれば、正しく充電できません。

コンセントUSBアダプタの差込口、iPhone本体のLightningコネクタ、すべてくぼんで穴が開いている形なので、ホコリや汚れが溜まりやすい場所です。

私は大丈夫だろうと思って覗いてみると、意外とすごく細かい砂のようなチリが溜まっている事があります。

そして、掃除する際、気を付けて頂きたいのが、使う用具についてです。iPhoneやその周辺機器は精密機械ですから、つまようじや針など硬いものでほじくる事はおすすめできません。

逆に傷ついて、故障してしまう場合があるからです。綿棒や化粧ブラシのようなファイバー毛を使用するか、エアーダスターを吹きかけてお掃除しましょう。

2-3. 純正品のアクセサリーを使用する

Apple社以外が販売している、充電ケーブル・USBアダプタを使用している場合は、Apple社が販売している純正品に変えてみましょう。

純正品は、高いからなぁ…と購入までに悩んでしまうかもしれませんが、100均やディスカウントショップで販売しているものは、買っても使えなければ意味がありませんよね。

裏技として、フリマアプリで購入するのもおすすめです。iPhoneの機種変更で、充電ケーブルが余っているという方が出品してたりします。

大量出品されている充電ケーブルは、純正品と書かれていても偽物の可能性がありますので、写真をみてiPhoneの付属品として現物が確認できるものを購入した方が、良いと思います。

フリマアプリも面倒だ!という方は、ホームセンターや家電量販店で購入する際のポイントをお教えしましょう。

このようなマークが入っている充電ケーブル・USBコネクタは、Apple社の認可を受けて製造されている商品なので信頼できます。

純正品でなくても、正常に充電できる可能性がありますので、購入の際はマークの確認をしてみましょう。

2-4. 壁コンセントに差してみる

充電はそもそも壁のコンセントからiPhoneに電気を供給する流れが通常ですよね。一番問題が起こりにくいのは、壁のコンセントに直接充電ケーブルを差して充電することです。

パソコンなどのUSBポートからの充電もとても便利なのですが、充電源が複雑だったり、充電ルートの中に介するものがが多ければ多いほど、どこに不具合が生じるか分かりません。

壁のコンセント→iPhoneというシンプルなルートを繋ぐことで、正しく充電出来る可能性があります。

2-5. iPhoneをリセットする

最終手段になりますが、長年使ってきたiPhoneも複雑な作業をやりすぎて疲れてしまっているのかもしれません。

一度リセットして、復元する事で充電できるようになるかもしれません。

リセットは、「設定→一般→リセット→すべての設定をリセット」から操作できます。

ただし、文字通りリセットしてしまうとiPhone本体の中身は購入時と同じ何も入っていない状態になりますので、後で復元できるようiTunesで必ずバックアップをとっておきましょう。

 

3.それでも充電できない場合は本体を修理したほうが良い?修理費用はいくらかかる?

いろいろやってみたけど、やっぱり充電ができない。

そんな場合は、iPhoneを修理に出してみましょう。やっぱりプロにみてもらって、原因を突き止めて直してもらえるのが一番安心しますよね。

でも、iPhoneの修理って高いイメージがありますよね。

ここでは、充電に関する修理費用について、具体的にいくらかかるのか、まとめていきましょう。

3-1. Appleの公式サポート

iPhoneの交換や修理に対応してくれるAppleCare+に加入している場合は、バッテリーの蓄電容量が本来の80%未満に劣化している状態で、無償交換してくれます。

ただし、バッテリーの欠陥は保証対象なのですが、通常使用による劣化は保証対象外になってしまいます。

この「通常使用による劣化は保証対象外」というのが微妙なニュアンスですよね。この判断は、iPhone本体を実際修理に出し、故障するまでの経緯を伝えた状態で、Apple側が判断します。

その為、すぐに有償なのか無償なのか分からないのがネックなところですね。一度出してみないと…というところです。

(確実にとは言えませんが、私の知人でこのバッテリー交換に出した方々は、ほとんど無料で交換してもらっていました)

ちなみに、保証対象外だったり、AppleCare+に未加入の場合は7800円かかります。

3-2. ソフトバンクやauの修理サポート

【ソフトバンク】

ソフトバンク表参道ソフトバンクグランフロント大阪店頭修理受付を行っています。

修理予約をし、自宅でバックアップをとってから持っていけば、即日修理可能なので、おすすめです。部品の在庫がない場合は預かり修理になる事もあるようですが(><)

代金はどのようなサポートに加入しているかで変わりますが、保証適用内なら無料

適用外なら7800円かかります。

【au】

au SHINJUKU iPhone/iPad Repair Cornerにて修理予約を受け付けています。

こちらも、バックアップをとって修理予約をする流れはソフトバンクと変わりませんが、修理代金が違います。

加入しているサポート対象内なら無料ですが、対象外の場合は9800円かかりますので、auのiPhoneを利用している方は、Apple公式サポートの方が安くすみますね。

 

このように、保証適用期間内であれば、バッテリー交換は無料で出来ることがわかりました。

街中にもiPhone修理ショップは見かけますが、バッテリー交換に関しては公式サポートよりちょっと安いかそれ以上の価格のようです。

非正規修理ショップでも、バッテリー交換はしっかり行って下さいますし、万が一トラブルがあっても自己責任なので、それでも良いという方は利用してみてもよいかもしれませんね。

 

まとめ

iPhoneの充電トラブルについて、解決できたでしょうか。

  • 充電できない時は、コードや接続部分など周辺環境を確認!
  • iPhoneのバージョンを確認し、ケーブルは純正のものを!
  • それでもだめなら公式センターやショップに頼る!

便利便利とはいっても、やはり精密機械ですので、充電ひとつとってもトラブルがあればやっぱり心配ですよね。

日ごろから負担をかけない環境で使用し、iPhoneと長ーく付き合っていけたらいいですよね(^^)

保存

保存

スポンサードリンク



コメントを残す

このページの先頭へ