iPhone取説.com

iPhoneのメールに添付されている写真を保存する方法

      2016/11/29

今回は「iPhoneのメールに添付されている写真を保存する方法」についてご紹介します。

iPhoneのメール宛に画像付きのメールが来たけどどうやって保存するんだろうと悩んだことはありませんか?

写真を見るためにわざわざメールを開くのも面倒ですよね。

写真をカメラロールに保存する方法はとても簡単なのでぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

メールに添付されている写真を保存する

まずは写真を保存したいメールを開きましょう。開いたら写真を長押しします。

長押しするといくつか項目が現れるので、画像を保存をタップしましょう。

画像を保存をタップ

これでカメラロールに写真を保存することが出来ました。

これならいちいちメールを開かなくても写真を閲覧することが出来ますね。

SMS/MMS宛に届いた場合

メッセージアプリに写真が届いた場合は、写真をタップすると左下に共有マークが表示されるので、そちらをタップすることで保存することが出来ます。

共有マークをタップ

Safariでも保存可能

同様のやり方でSafariでも、画像を保存することが出来ます。

Safariでページを閲覧してる時や、画像検索をかけた時などにも活用出来ます。

画像検索をして写真をタップし、全画面で表示させて下さい。

全画面に写真が表示されたら、画像を長押ししましょう。

するとイメージを保存という項目が現れるので、そちらをタップするとカメラロールに写真を保存することが出来ます。

イメージを保存

各種SNSでも保存可能

画像を長押しして保存する方法は、facebookやTwitterでも可能です。

しかしInstagramでは、画像を長押ししても保存することは出来ません

インスタの写真を保存したい場合は、こちらの記事を参考にして下さい。

まとめ:簡単操作で写真を保存

以上がiPhoneのメールに添付された写真を保存する方法です。

多くの場合は、画像が表示されたら長押しすることで写真を保存することが出来るので、保存したい画像があれば試してみて下さい。

中には共有ボタンをタップしたり、Instagramのように特定操作が必要なこともありますが、操作が面倒な時はスクリーンショットでも代用出来るので活用してみましょう。

スクリーンショットはホームボタンとスリープボタンの同時押しで出来ますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク