iPhoneの画面が消えないようにつけたままにする設定

更新日:2016/11/29[iPhoneのちょっとした裏技, iPhone便利ツール・アプリ]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneの画面が消えないようにつけたままにする設定」についてご紹介します。

iPhoneで長文を読んでいる時や、ゲームアプリをオートでやっている時などに、画面が消えてしまって、またロックを解除しないといけない状況になったことはありませんか?

友達や親のiPhoneを借りている時だと、本人にロックの解除をまた頼まないといけないので、尚更面倒くさいですよね。

そんな時はiPhoneの自動ロックをオフにしておきましょう。

スポンサーリンク

iPhoneの自動ロックをオフにする

まず設定アプリを開きましょう。

そして一般へと進み、自動ロックをいう項目をタップして下さい。

自動ロック

自動ロックをタップすると、デフォルトの設定では1分の所にチェックが入っていますよね。

それを一番下のしないにチェックを入れましょう。

自動ロックしない

これで画面をタップせずにずっと放置しても、画面が消えてロックがかかることは無くなりました。

通知が届いてもつきっぱなしになる?

LINEやメールが届いた時に画面がついた場合は、しばらくするとちゃんと自動的に画面は暗くなります

これで無駄に電池を消耗する心配はありませんよ。

でもロックを解除してホーム画面で放置したままだと、勝手に画面が消えることはないので、使い終わったらスリープボタンでiPhoneを閉じるようにしましょうね。

まとめ:自動ロックをオフにして画面をつけっぱなしに出来る

以上がiPhoneの画面を勝手に消えることなく、つけっぱなしにする方法です。

この方法を覚えておけば、Safariで調べたものを表示しながらノートに書き写す時や、放置系のゲームが勝手に閉じるのを防ぐことが出来ますね。

当然のことながら画面が点灯しているときは、ロックの状態よりも電池の消耗が早いので、電池の残量には注意して下さいね。

MAPアプリを使って車のナビ代わりにするときも、勝手に落ちるのを防ぐことが出来るのでぜひ活用して下さいね。

スポンサードリンク



コメントを残す

このページの先頭へ