iPhoneのパスワードを6桁から4桁に戻す方法

更新日:2016/11/29[iPhoneのちょっとした裏技, iPhoneの取説(トリセツ)]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneのパスワードを6桁から4桁に戻す方法」についてご紹介します。

iPhone6sの発売に伴い行われたiOS9のアップデートにより、ロックを解除するパスワードが4桁から6桁に変更されましたね。

セキュリティを考えての変更なんでしょうけど、正直面倒くさい・・・

そこでパスコードを4桁から6桁に変更する方法を紹介しますね。

スポンサーリンク

iPhoneのパスワードを4桁に戻す

まずは設定→Touch IDとパスコードへと進みましょう。次にパスコードを変更をタップします。

タップすると現在設定しているパスコードを求められるので、入力してください。

入力すると新しいパスコードの入力を求められるのですが、入力する前にパスコードオプションという文字をタップしましょう。

パスコードオプション

パスコードオプションをタップすると、4桁の数字コードという項目があるので、そちらをタップして下さい。

4桁の数字コード

するとパスコードを4桁に変更出来ます。

カスタムの数字コード英数字コードについて

パスコードオプションをタップすると、4桁の数字コード以外にカスタムの英数字コードカスタムの数字コードという項目があります。

こちらは4桁や6桁のパスコード以外に自分で設定したい文字数だけ設定することが可能です。

試しにカスタムの数字コードをタップして、1桁のパスワードを設定してみたんですが、問題なくロックを解除することが出来ました。

1桁だとセキュリティの意味がないんじゃないか

と感じた人もいるかも知れませんが、カスタムのパスコードを設定すると、桁数が自由なので正しいパスコード以上の数字を入力することが出来るので、逆に短いパスワードでも特定することが難しくなります。

カスタムパスコード

まとめ

以上がiPhoneのパスワードを6桁から4桁に戻す方法ですね。

iPhone5S以降ならばTouch IDが搭載されて、パスコードでロックを解除する機会が減っているかと思いますが、再起動させた時などパスコードの入力を求められることもありますよね。

使い慣れた4桁のパスコードを使いたい人も多いと思うので、ぜひ変更方法を覚えておいて下さいね。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ