iPhone取説.com

パソコンなしでもiPhoneは快適に使用できるか検証してみた

   

携帯電話としての機能を超えて、手のひらに収まる小さなパソコンとでも言わんばかりに進化したスマートフォン。

これさえ持っていればパソコンいらないなぁ、と思って利用してきましたが、いざ使ってみるとそうでもなかったり…。

中でもiPhoneユーザーでいると、「iTunesで…」とか「パソコンに繋ぎ…」など事あるごとにパソコンを使用したiPhoneの活用法を目の当たりにする事があります。

やっぱりパソコンがなければ不便だから買おうかなぁ、と感じているそこのあなた。

ここでは、パソコンなしでどこまでiPhoneを使いこなせるか徹底的に調べて行きますので、高い買い物をする前に一度iPhoneだけでも今後の利用に支障がないか、一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. パソコンなしでiPhoneのデータのバックアップできるか?

1-1. パソコンでバックアップってどうやるの?

バックアップとは、もし今使っているデータが消えてしまった時の為に、保存用のデータをとっておく作業の事を言います。

みなさんはiPhoneで写真を撮ったり、インターネット上で見つけたお気に入りの画損を保存したり、今日やる事をメモ帳にメモしたりしていると思います。

このような作業で保存されたデータは、iPhoneの中にのみ保存されています。

このデータをパソコンにコピーして、万が一iPhoneの中身の情報が消えてしまった時の為に、保険をかけておきます。

方法は簡単なんです。自分の持っているパソコンにiTunesというソフトをダウンロードし、ケーブルでパソコンをiPhoneを繋ぐ事でバックアップをとります。

保存されるデータは…

  • アドレス帳
  • AppStore入手したアプリ
  • iBooksに保存したPDFや書籍
  • 写真・画像
  • TouchID(指紋認証)の設定内容
  • ApplePayの設定内容

このように、パソコンがあればiPhoneと繋げるだけで情報の保存ができるので、便利ですよね。

1-2. パソコンがなかったらバックアップはどうなる?

では、パソコンがなかったら、このようなデータのバックアップはとれないのでしょうか。

諦めないで下さい。方法はあります。それが、iCloudを使った方法です。

iCloudとは、インターネット上にある情報保管庫のようなものです。

インターネット上と言われると「誰でもアクセスできちゃったら困るんじゃないの?」と、セキュリィ面で心配な気がしますが、iCloudは利用する人個人個人がその情報保管庫を持っていて、他人の保管庫には勝手にアクセス出来ません。

このiCloudを利用するにはWi-Fi環境が必要です。…となると、あれ?

そう、お気づきになりましたでしょうか。パソコンを持っていない家庭の方は、家でWi-Fiも使っていない確率が高いんです!

パソコンは持っていないけど家にWi-Fiは繋いでるよ!という方は、このままiCloudバックアップ方法に進んでください。

Wi-Fi環境もない、という方には公共Wi-Fiの利用をおすすめします。

主に利用しやすいのは、お使いのキャリア(docomo、au、ソフトバンク)かコンビニやカフェ、ショッピングセンターの無料Wi-Fiです。

大手キャリアでしたら、街のどこで使えるか検索できます。

スターバックスやイオンのショッピングセンターでもWi-Fi利用した事がありますが、こちらは会員登録等が必要になるので、一番のおすすめは契約キャリアの無料スポットの利用ですね。

1-3. iCloudバックアップ方法

では、Wi-Fiに繋げることができたら、バックアップの手順をご説明していきます。

iCloudへのバックアップはストレージとよばれる容量が決まっているので、ストレージの少ない契約をしている方にとってはすぐに容量がパンパンになってしまう可能性があります。

その為、バックアップ前に不要な画像やアプリは削除してから挑むことをおすすめします。

①設定アプリのiCloudをタップ

②サインインされていない場合は、契約時に設定したAppleIDとパスワードを入力してサインイン

③「結合or結合しない」を選択

ここでの結合とはiPhoneにデータがある状態で、iCloudを初めて利用する時に、iPhoneのデータをiCloudに保存する、という事です。

今回はバックアップを行いたいので、ほぼほぼ結合を選択して問題はありません。

④「”iPhoneを探す”有効」と表示されるので、OKを選択

⑤画面を下の方にスクロール(移動)して、「バックアップ」をタップ→オンにします。

 

⑥「今すぐバックアップを作成」をタップし、完了まで待ちます。

データ量が多い、Wi-Fiの接続環境が悪い、などの場合は時間がかかるので気長に待ちましょう。

スタバの無料Wi-Fiを利用して、バックアップ中はコーヒーを飲んで待つ、なんていうのも楽しいですよ(^^)

バックアップが完了すると「前回のバックアップ」というところに今日の日付が表示されるので、こちらで確認しましょう。

 

2.パソコンなしでiPhoneの機種変更の引継ぎのデータ移行できるか?

ガラケー時代は、ケータイショップで20分も待てば機種変更のデータ引継ぎまでやってもらえましたよね。

しかしiPhoneとなると違います。個人情報の問題か「iPhoneの端末は用意しますけどデータ引継ぎは自分でやってよね」と言わんばかりに投げられてしまい、当初は驚きました。

データの引継ぎで行う事は、古い機種から新しい機種へデータの移動を行う事です。

つまり、先ほどの章で説明したバックアップが役に立ちます!

Wi-Fiを使用してバックアップを行い、新しいiPhoneの初期設定の際に、iCloudから復元しましょう。

2-1. iCloudの復元

新しいiPhoneを初期設定すると、以下のような画面が表示されますので、「iCloudバックアップから復元」をタップ

AppleIDとパスワードを入力します。
※その後、セキュリティ画面が現れた場合は、一番下に表示される「その他のオプション」→「アップグレードしない」を選択して下さい。

利用規約を確認したら、同意するをタップすると待機画面→「バックアップを選択」に切り替わるので、最新のバックアップを選択
※待機画面は時間がかかる場合はあります。

AppleIDとパスワード入力画面が現れた場合は再度入力すると復元中の待機画面が現れるので、完了まで待ちましょう。

2-2. auアプリへのデータお預け

auをお使いの方は、auが提供しているデータお預かりアプリがあります。

このアプリは、アドレス帳や画像・動画をカレンダーの情報を保存できます。有料のauスマートパス会員だと50GBまで預かってくれますが、非会員の場合は1GBです。

私も非会員として利用していましたが、そこまで大量の写真をとっていなかったのでデータも軽く、1GBで充分利用できました。

ただ、こちらはアプリの情報全てを保存してくれるわけではないし、3回に1回は失敗するのでがっつりデータ保存したいという方には少々ストレスになってしまうかもしれませんね。

2-3. AndroidからiPhoneへ

Move to iOSというアプリを利用すると、写真・カレンダー・アドレス帳・ブックマーク等をAndroidからiPhoneへ移行できます。

これはiPhone同士のデータ移行にも言えることですが、モンストやツムツムなどゲームアプリはゲームアプリ独自の機種変更時設定があるので注意しましょう。

せっかく貯めたコインやアイテムがゼロになってしまってはショックですからね(-□-;)

 

3.パソコンなしでCDの音楽をiPhoneに取り込めるか?

端的に言いますと、自宅のコンポやウォークマンから直接iPhoneへの転送はできません。

どうしてもiTunesを挟んでからでないと、こちらもセキュリティ的な問題なのか転送はできません。

しかし、パソコンはなくとも専用の機器があればiPhoneへCD音楽が取り込めるんです!

3-1. I・O DATAの音楽CD取り込みドライブ

【CDレコ Wi-Fi(CDRI-W24AI)】

この機器にCDを直接入れて、iPhoneとはWi-Fiで接続するのでケーブルなどは不要です。逆にiPhoneの場合はケーブルでの転送はできず、Androidのみ対応可能です。

(自宅でWi-Fiを使用していない場合は、こちらも無料Wi-Fiをどこかで使用する必要がありますね…)

再生にはiPhoneに専用のアプリをダウンロードして、聞くことができます!

値段も安ければ7000円台で入手可能で、歌詞や曲名も自動で反映されます。

3-2. TSUTAYAのおしゃれなT Air

【T Air】

こちらもワイヤレスなのでWi-Fi環境が必要ですが、音楽CDから直接iPhoneに取り込み、アプリで聞くことができます。

金額がCDレコより少しお高く税込12000円ほどしますが、なんといってもスタイリッシュでおしゃれなので、iPhoneの隣に置くととてもかっこいいです。

薄さも16mmとコンパクトです。

 

4.パソコンなしでiPhoneの初期化はできるのか?

iPhoneを中古スマホ買取店で売ったり、友人に譲渡するなど、自分以外がそのiPhoneを使用するとなった時に、初期化が必要になります。

初期化(=iPhoneを工場出荷状態に戻す)とは、あなたが使用する前の全く何の情報も入っていない初期の状態にするという事です。

その為、データの削除が必要になりますが、これは消すだけなのでiPhone本体のみで作業ができます。

設定→一般→リセット→すべてのコンテンツと設定を消去から初期化が可能です。

しかし、初期化してしてしまうとその情報は復元する事ができません。

復元したい人は、初期化の前にバックアップをとっておく必要があるので、iCloudにバックアップをとっておきましょう。

 

5.パソコンなしでiPhoneの復元はできるのか?

iPhoneの復元が必要なのは、iPhoneを新しくした時ですよね。

以前使っていたiPhoneのデータを、iCloudにバックアップしていれば、そのままiCloudからの復元が可能です。

これはほとんど機種変更のデータ引継ぎ方法と一緒で、iPhone初期設定時に「iCloudバックアップから復元」を選択する事がポイントです!

この画面ですね。

当然の話ですが、もしバックアップをとっていなければ、この復元はできませんので、ご注意下さい。

 

6.パソコンがあるとどんなメリットがある?

6-1. iTunesを使える

iTunesはApple社が開発したソフトで、音楽や映画を購入→保存しいつでも楽しむ事ができます。

もともとiPodで音楽を聴く人の管理用ソフトという印象なので、iPodを使っている人はiTunesも持っていて当たり前のような感覚がありました。

iTunesで購入した音楽や映画はiPhoneやiPadで同期、つまり一つの端末で購入したものを同じ内容のものを別の端末で見たり聞いたりする事ができるのです。

手持ちのCDもiTunesに入れることができるので、それを同期すればエンターテイメントは幅広く楽しむことが出来ます。

また、iPhoneにおいてはバックアップもできるので、機種変更やもしもの時の為に便利です。

6-2. iPhoneで撮影した写真を管理できる

iTunesがなくても、iPhoneとパソコンを接続する事で、iPhone内に保存した写真や画像をパソコンのフォルダに移すことができます。

iTunesではバックアップした内容を目で見ることはできませんが、写真をフォルダに保存すれば、画像を見ながら編集や削除もできるので、管理に最適です。

この作業をこまめに行えば、iPhoneが写真でいっぱいになりストレージの残りがなくなって急に写真が撮れなくなることもありません。

6-3. アプリでやっている事を大きな画面でできる

最近のアプリは、会員登録すればiPhoneでもパソコンで見るWebサイトでも同じように利用できるものが多いですよね。

例えば、iPhoneで利用すると細かくて目が痛くなるような資料作成、Googleドキュメントなど

数字入力が多くてこちらも目のチカチカする家計簿、マネーフォワードなど

持ち出せるiPhoneと、大きな画面で見やすいパソコン、同じ情報を同時に管理できるので用途に合わせて使い分けできます。

 

7.パソコンもWi-Fiも無しだとどんなデメリットがある?

7-1. バックアップができない

パソコンもWi-FiもなければiPhoneのバックアップとれないので、iPhoneの機種変更や紛失・盗難に遭った場合でも、新しいiPhoneに今までのデータを移行する事ができません。

契約しているキャリアのショップに行っても、復元できません。

7-2. アップデートができない

アップデートとは、アプリやiOSを最新のものにする作業です。

iOSとは、iPhoneを動かしている基盤の部分で、(説明しようとすると専門用語になってしまうのですが…)超簡単に言えばiPhoneの脳みそです。

アプリのアップデートは4GやLTE回線があればできますが、iOSの4アップデートはWi-Fiかパソコンがなければできません。

設定に通知マークがついているのを見たことがないでしょうか。この時は大体iPhoneのアップデートの時です。

アップデートしないと、iPhoneの脳みそは古いままなので新しい機能が使えません。

まれに新しくなる事で変わった部分が使いづらくなったりするのですが…(^^;)

7-3. 大きなデータのやりとりができない

通常の4GやLTE回線で、データ量の大きいアプリをダウンロードしたり、高画質の動画を見たりすると、とんでもないデータ通信量を使ってしまいます。

すぐに速度制限がかかってしまったり、データ容量を追加しすぎてお金がかかってしまったり。

その為、容量の大きいアプリや高画質動画の視聴は、Wi-Fi環境下でないとダウンロードできない表示がされる事もあります。

 

まとめ

iPhoneはパソコンなしでも、十分便利に活用できますが、大きなデータを動かすときにパソコンがあると頼もしいですね。

Wi-Fi環境があればまかなえる部分もたくさんありますが、自宅にWi-Fiがないと外出先でWi-Fiの使える場所にいないといけないのは結構大変です。

家にパソコンがあると自分のペースでiPhone生活を楽しむことができますが、無いなら無いで大丈夫という事が分かりました。

パソコンは大きな買い物です、是非ライフスタイルに合った使い方を選んで下さいね。

保存

スポンサードリンク

スポンサードリンク