iPhoneの電源ボタンが壊れた時にボタン以外の電源の切り方

更新日:2016/11/29[iPhoneエラー不具合, iPhone便利ツール・アプリ]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneの電源ボタンが壊れた時にボタン以外の電源の切り方」についてご紹介します。

iPhoneを使っていると電源ボタンが陥没してしまったなんてトラブルが起こったことはありませんか?

私も以前使っていたiPhone4でボタンが陥没してしまったことがあります。丁寧に使っていたつもりでも壊れてしまう時はありますよね。

ロックを解除するのはホームボタンでも可能ですが、電源を切るのはスリープボタンでしか行えないのでこちらが壊れてしまうとかなり厄介ですよね。

でもボタンが陥没しても、他の機能で電源を切ることが可能なんです。

スポンサーリンク

スリープボタン以外で電源を切る方法

この方法はAssistiveTouchという機能を使います。

この機能は画面上に仮想のボタンを作って、iPhoneの機能を呼び出すことが出来ます。

こちらの機能を使うことで電源ボタンが壊れていても、画面のロックや電源を落とすことが可能になります

AssistiveTouchをオンにするには、設定→一般→アクセシビリティの項目の中にAssistiveTouchがあるので、オンにして下さい。

assitivetouch

オンにすると画面上にボタンのようなものが表示されます。

こちらをタップすることで、様々な機能を呼び出すことが可能です。

ボタンの位置を変えたい場合は、押したまま動かすと位置を変更することが出来ます。

AssistiveTouchを使って電源を切る

電源を切るにはAssistiveTouchを起動してデバイスをタップ、左上に画面をロックと表示されているアイコンがあるので、長押しします。

長押しすると、スライドで電源を切るの画面が現れるのでスライドすることで電源を切ることが出来ます。

電源を入れるには?

電源を入れるには、充電を行うことでiPhoneが起動します。

これでスリープボタンが故障してしまっても、電源を切る、電源を入れることが可能ですね。

まとめ

以上がiPhoneの電源ボタンが壊れても電源を切る方法です。

電源ボタンはケースによってはむき出しになっていることもあり、壊れやすいパーツのひとつでもあります。

修理に出すことも可能ですが、Appleの公式修理に依頼すると2万円近くかかってしまいます。

多少不便にはなるものの、AssistiveTouchを使えば電源ボタンが壊れていても代用することが可能なので、ぜひ活用して下さいね。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ