iPhoneを縦画面でも横画面でもロックする設定とは

更新日:2016/11/29[iPhoneのちょっとした裏技]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneを縦画面でも横画面でもロックする設定とは」についてご紹介します。

iPhoneを寝転びながら使う時は、画面が横になったり縦になったりするので、画面を固定して使いたいなぁと思ったことはありませんか?

iPhoneの画面をロックするのは非常に簡単なので、ぜひ手順を覚えておきましょうね。

スポンサーリンク

iPhoneの画面を縦で固定する

iPhoneの画面を縦でロックするのはコントロールセンターにアクセスしてアイコンをタップするだけです。

画面の下から上にスワイプすると、コントロールセンターが現れます。すると一番右に鍵のマークがあります。

縦にロック

鍵のマークをタップして、白になれば縦画面でロック出来ます。

オフにしたい場合は、再度タップして下さい。

iPhoneの画面を横でロックする

横画面でロックするには、こちらの方法では出来ません。

コントロールセンターからロックできるのは、縦画面だけです。

横画面でロックするにはアクセスガイドを使う必要があります。

設定→一般→アクセシビリティへ進んで、一番下までスクロールします。

するとアクセスガイドという項目があるので、タップして機能をオンにしましょう。

アクセスガイド

この機能をオンにすると、アプリを使用中にホームボタンをトリプルクリックすると、機能を制限することが出来るようになります。

アクセスガイドをはじめて起動するとパスコードの設定を求められるので、任意の番号を設定しましょう。

アクセスガイドをオンにしたら、横画面で固定したいアプリを起動しましょう。

この時に縦画面でロックをオンにしていると、横画面でロック出来ないので、ロックはオフにしておきましょう。

アプリを起動させたらiPhoneを横にして、アプリが横画面になったことを確認してホームボタンをトリプルクリックします。するとアクセスガイドが起動します。

アクセスガイド2

すると左下にオプションがあるので、タップして動作という項目をオフにしましょう。

これをオフにすることで、画面を固定することが出来ます。

オフにしたら、開始を押すことでアクセスガイドが起動して、横画面で固定することが出来ます。

アクセスガイドはホームボタンを押して、Touch IDを使用して解除するかパスコードを入力することで解除することが出来ます。

まとめ:iPhoneは縦でも横でも固定可能

以上がiPhoneの画面を縦でも横でも固定する方法です。

縦画面で固定するのは寝転びながらiPhoneを使う時に、非常に重宝しますし、

横画面で固定すると、Safariでサイトを見る時に見やすくなることもあると思います。

横画面にするには少し手順が必要ですが、慣れるとすぐに固定することが出来るので、覚えておくといいですよ。

スポンサードリンク



コメントを残す

このページの先頭へ