iPhone取説.com

iPhoneのスタンドをダンボールで自作してみよう

      2016/11/29

今回は「iPhoneのスタンドをダンボールで自作してみよう」についてご紹介します。

あなたはiPhoneを今どこに置いてますか?テーブルの上であったり、ベットの上だったり、今まさに使っているかも知れませんね。

私は机に置いているんですけど、通知がなったときに覗き込まないと反射して誰から連絡があったのか分かりにくいですし、YouTubeを見るときはずっと手に持っておかないといけないですよね。

そんな時に便利なのがiPhone用のスタンドなんですが、ただiPhoneを置くためだけのものに1000円程度払うのはちょっと・・・と思ってしまいますよね。

そこでiPhoneスタンドをダンボールで自作してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自作iPhoneダンボールスタンドの作り方

まずはダンボールを用意しましょう。

ダンボールのサイズは小さすぎると不安定ですし、縦置きでも横置きでもiPhoneを置けるように、iPhoneを重ねた時に横でも縦でも一回り大きいくらいがベストです。

ダンボールスタンド

用意できたらダンボールをカットしていきましょう。

先にダンボールを半分に折り曲げて、下書きをします。

ダンボールを折り曲げるときは、ダンボールの空洞に沿わせて曲げるとやりやすいです。

IMG_2537

へこみの部分ははさみだとかなり切りにくいので、一度開いて折り曲げて手でちぎるとやりやすいです。

ダンボールスタンド2

これで完成です。

これなら机に置いている時でも、通知も見やすいですし、YouTubeを見るときなどは特に重宝しますね。

IMG_1924

まとめ:ダンボールで簡単自作スタンド

以上がiPhoneのスタンドをダンボールで自作する方法です。

これなら無駄な出費をせずに、0円でスタンドを作ることが出来ました。

他のスタンドの代用品としては100均の写真立てを使用したり、タオルを物干し竿に干すための洗濯バサミで挟むなど、日用品で代用する方もいるみたいですね。

スタンドは一度使ってみると便利さに気づくと思うので、ぜひ作ってみて下さいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク