iPhone取説.com

iPhoneの画面割れの修理にかかる費用いくら?そのまま放置でも大丈夫?

   

iPhoneはその形状からか、たまにヌルっと手から滑り、地面に画面側から落ちてしまうこともありますよね。

そしてその衝撃でひびが入ってしまったり、ひどい時は画面が割れてしまうなんてことも…。

見た目は悪いけど修理はお金もかかるし預けないといけないから、そのまま使い続けているなんて人の話を聞いたこともあります。
実際のところ修理費用はいかほどなのか。また画面割れのまま放置していても大丈夫なのか調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.iPhoneの画面割れの修理ってどれぐらい費用かかる?修理完了までの時間はどれぐらい?

1-1. 費用

Apple サポートのページに料金表が載っていました。

AppleCare+に加入しているか否かでぐっと値段が変わってきますね。

モデル        AppleCare+ にご加入の場合           保証対象外
iPhone 7 Plus        3,400 円               14,800 円
iPhone 7                       3,400 円               12,800 円
iPhone 6s Plus      3,400 円               14,800 円
iPhone 6s                  3,400 円               12,800 円
iPhone SE                 3,400 円               12,800 円

これらは税別になります。

また最終的な修理サービス料金については、製品の診断テストを行った上で確定されるようです。

1-2. 期間

修理には二つの方法があります。「持ち込み修理」「配送修理」です。

持ち込み修理の場合は、事前に予約をした上でApple Store 直営店か Apple 正規サービスプロバイダに持ち込みをすると可能な限りその場で修理を行ってもらえます。

ただし修理の内容によっては Apple リペアセンターに送られる場合もあり、リペアセンターでの修理は 1 週間ほどかかります。

配送修理の場合は、オンラインまたはお電話で申し込みした後、指定の配送業者がすぐに集荷に来ます。

修理が必要な iPhone を配送業者に預けたてから1 週間ほどで修理済みの iPhone がお手元に戻ってきます。

 

2.画面割れをそのまま放置していても大丈夫?修理したほうが良い?

ある程度の画面のひび割れなど、放置をしていても動作に問題が無い場合はそのまま使い続けることも出来ると思います。
しかし画面がバッキバキに割れてしまった場合は、ガラスの破片によって手などをケガする恐れがあり大変危険です。またタッチパネルの反応が悪くなり誤操作が増える画面が見づらくなるといったデメリットが考えられます。

iPhoneはとても大事な連絡手段です。

交通事故や遭難などもしもの時に画面が割れているせいでiPhoneが使えない!なんてことにならないように、早めに修理した方がいいのではないでしょうか。

 

3.iPhoneを修理に出す前に準備しておくべきことはあるか?

持ち込みもしくは配送修理のいずれかの場合でも、修理を依頼する前に何点か準備をしなくてはなりません。それを下記にまとめてみました。
これらのことを事前に行ってから修理を依頼してください!修理内容によっては保存されているデータにも影響が出てくる可能性があります。特にデータのバックアップだけはくれぐれも忘れずに!

3-1. 持ち込みをする場合

①データのバックアップを取っておく。
②Apple ID のパスワードを手元に用意する。
購入時のレシートを用意する(購入証明が必要な修理になる場合に備えて)
④iPhoneの付属品もあれば一緒に持っていく。
⑤持ち込みをする店に行く前に予約を済ませる。

3-2. 配送修理の場合

①データのバックアップを取っておく。
②Apple Watch とペアリングされた iPhone を送る時は、それらのペアリングを解除しておく。
(ペアリングを解除すると、iPhone で Apple Watch の新しいバックアップが作成される。このバックアップを使って、iPhone が修理から戻ってきたときに Apple Watch を復元することができる。)
「設定」>「メッセージ」の順にタップし、「iMessage」をオフにする。
iPhoneのデータを消去しておく。
(「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップする。入力画面が表示されたらパスコードと Apple ID のパスワードを入力する。本体の電源が入らなかったり反応がなかったりしてデバイスを消去できない場合は、iCloud.com から消去することができる。)
アクティベーションロックが無効になっているか確認する。
⑥iPhoneからSIM カード、ケース、画面上の保護フィルムなどを取り外しておく。

 

まとめ

iPhoneの画面割れは非常に起こりやすいアクシデントのひとつで、「修理が面倒だから」「お金がかかるから」と、画面が割れていても使い続けるという人も多いのが事実です。

しかし動作に問題がない場合でも、画面の割れは操作の上で不便だし危険もあります。

早めの修理をおすすめします!

スポンサードリンク

スポンサードリンク