iPhone取説.com

iPhoneのYoutubeで検索履歴・閲覧履歴を消す方法

      2017/01/08

今回は「iPhoneのYoutubeで検索履歴・閲覧履歴を消す方法」についてご紹介します。

家族でiPhoneやiPadを共有して使っている人は多くいらっしゃいますよね。

Youtubeは子供も大好きですし、パパが過激な動画を見たまま、iPhoneを閉じてしまって子供がiPhoneを開いたらビックリなんてことも起こりえます。

そこでYoutubeで検索履歴、閲覧履歴を消す方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Youtubeの履歴を消す方法

まずはYoutubeのアプリを開きましょう。

開くと右上に・・・が並んでいるマークがあるので、そちらをタップして設定を開きましょう。

設定を開いたら、プライバシーという欄に再生履歴をクリア検索履歴をクリアという項目があります。

youtube履歴を消す

そちらをタップすることで確認画面が現れるので、履歴をクリアをタップして履歴を消去しましょう。

iPhoneやPC、iPadで同じYouTubeアカウントを使っている方は、その全てのデバイスから履歴が消去されます。

履歴を一時停止って何?

この設定画面に進んだ方は気付いたと思いますが、再生履歴を一時停止と検索履歴を一時停止という項目がありますよね。

そちらの機能は、オンにすることでオンにしている間、履歴を残さずに再生、検索が行える機能です。

これで全ての履歴を消去しなくても、先に一時停止をオンにすることで履歴を消したことを気付かれることがなくなります。

気付かれたくないときは、YouTubeを閉じる前に再度オフにしておきましょうね。

まとめ:履歴はまとめて簡単に消せる・残さずに利用することも可能

以上がiPhoneでYouTubeの履歴を消す方法です。

YouTubeはアカウントを紐付けしておけば、違うデバイスでも履歴が残って個人で使う分には使い勝手が良いですが、

家族で同じアカウントを使用して、iPhoneやiPadを使ってYouTube見てると、履歴が全てのデバイスに共有されます

見られたくない履歴が残ってしまったら消去、残したくない場合は一時停止を活用して、プライバシーを守りましょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク