iPhone取説.com

iPhone7赤色どこで買える?評判どう?購入方法と値段について

   

3月にAppleからiPhoneの新色《赤》とiPhone新色アクセサリーが発売されました。Apple Wacthの新色アクセサリーも同時に発売。iPhone SEと新型iPadも同時期に発売中です。

iPhone新色《赤》の評判と購入方法、iPhone SEの詳細、新型iPadの性能をご紹介していきます。

新作の情報と新しいiPhoneのアクセサリーや購入方法をご紹介しますので、iPhoneを購入検討中の方にお役に立てる情報になっています。

実際にiPhone7《赤》を見てきましたが、とても完成度の高い製品になっています。

是非、買う前に読んで参考にしてほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. iPhone7の新色の評判とAppleの取り組み(PRODUCT)REDについて

1-1. iPhone7(PRODUCT)RED の評判 実際に見た感想、評判

本体は光沢のある赤ではなく、マットな質感の赤です。シックな印象で高級感を感じられます。

アップルマークは、ミラー仕上げです。従来のiPhone7と違うところは、サイレントスイッチの部分が通常は消音《赤》のところが《白》に変更されています。

Appleが長年出し続けていた赤色のアクセサリー(PRODUCT)RED 。今回は初のiPhone自体が赤色ということで、SNS上でも人気があります。ネット上の評判は

  • ずっと赤のiPhoneを待っていた。
  • この赤ならほしい。アクセにも赤が多いから合わせやすい。
  • シンプルに「赤」が欲しい、iPhone
  • さすがAppleと言わざるを得ない
  • 完璧な仕上がり
  • かっこいい
  • 赤・・かわえぇ

などなど(PRODUCT)REDは好評のようです。

1-2.(PRODUCT)RED Special Editionについてご紹介

(RED)とは

商品を開発・販売することで、得た収益の一部を《世界エイズ・結核・マラリア対策基金》に寄付するという取り組みです。世界で活躍する企業と(RED) という共通ブランドを様々な商品で開発しています。

ロックバンドU2のボーカルBono 《ボノ》と、国際NGOであるDATAのBobby Shriver《ボビー・シュライバー》により2006年1月26日に設立されました。

(RED)はApple以外の企業とも共同開発をしています。例えば、洋服メーカーの《Gap》と女性ストリートアーティスト6名がコラボする企画を今年開始しています。

Appleは10年間にわたって(RED)と連携し、カウンセリングや検査、母親から胎児へのHIVの感染を防ぐ医薬品を届けることで、HIV/AIDSプログラムを支援してきました。

Appleはこれまで様々な製品を(RED)と共に開発してきました。ですが、iPhone本体を発売するのは今回が初です。

販売された商品の収益の一部、イベントやキャンペーンの寄付金は(RED)によって管理され、管理費を差し引かれることなく100%の金額が《世界エイズ・結核・マラリア対策基金》に送られます。

 

2. 2017年3月25日から発売開始、iPhone7(PRODUCT)REDの購入方法

iPhone7(PRODUCT)REDはApple Store、docomo、au、Softbankのオンラインショップまたは店頭で購入可能です。

お得に手にいれるには、キャリア乗り換え(MNP)を利用する方法が一番お得になります。

MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)とは?
iPhone(スマホ)の電話番号を変えることなく、キャリアを移動することです。

iPhoneの契約は《新規契約》《機種変更》《乗り換え契約》があります。MNPは《乗り換え契約》のことです。

MNPは各キャリアがユーザーに対して多くのキャンペーンを実施していることがあります。各キャリアのキャンペーンを利用することで、新規機種を安く手に入れることができます。

MNPはキャンペーンで機種が安く手に入るかわりに、2年間の契約期間を設定されます。MNPをした場合は、移動先のキャリアを2年間使う必要があります。

店頭で契約をすると有料オプションの加入を進められることが多いようです。MNPをする際はオンラインショップを使用されることをおすすめいたします。

2-1. 3大キャリアMNP比較

2年間の総額はau、Softbankでは機種によって差がありますが、iPhone 7 は同じです。docomoは少し値段が高くなりますが、docomoには《家族まとめて割》があります。

家族と共にMNPを一緒にする場合はdocomoが一番お得になります。

docomoの利点は、dポイント、DAZN for docomoというスポーツ観戦アプリが安く使える事です。

auの利点は、WALLET ポイントが貯まる、au WALLETが使用できる事です。

Softbankの利点は、スポナビライブという海外スポーツ観戦アプリが安く使える事です。

2-2. 2年間満期のiPhone7 128GB MNP価格比較

2GBプラン(iPhone 7 128GB)

2GBプラン docomo au Softbank
iPhone7端末価格 ¥25,200 ¥20,667 ¥20,667
月額料金 ¥7,550 ¥7,361 ¥7,361
2年間の合計金額 ¥181,200 ¥176,667 ¥176,667

5GBプラン(iPhone 7 128GB)

5GBプラン docomo au Softbank
iPhone7端末価格 ¥25,200 ¥20,667 ¥20,667
月額料金 ¥8,050 ¥7,861 ¥7,861
+かけ放題プラン ¥9,050 ¥8,861 ¥8,861
2年間の合計金額 ¥193,200 ¥188,667 ¥188,667
+かけ放題プラン ¥217,200 ¥212,667 ¥212,667

となっています。iPhone7(PRODUCT)REDは128GBと256GBの二種類しか取り扱いがありません。

 

3. iPhone7(PRODUCT)REDアクセサリーと3月21日に発売された新色アクセサリー

3-1. (PRODUCT)REDアクセサリーご紹介

(PRODUCT)REDとAppleはこれまでにもたくさんのコラボ商品を発売しています。今回発売されたiPhone7(PRODUCT)REDと組み合わせればいっそうオシャレに使うことが出来ます。

またAppleは3月21日にiPhone用のアクセサリーの新色も発売しました。合わせてご紹介します。

3-2. 3月21日発売、iPhoneアクセサリー新色

3月21日にAppleはiPhoneケースの新色とApple Watch新色バンドを発売しました。その他、Nikeモデルのバンド《ブラック/ボルトNikeスポーツバンド》などが単体で購入できるようになっています。

購入はApple StoreまたはApple.comから購入できます。

 

4. iPhone SEは片手で操作しやすい4インチが魅力、値段据え置きで32GBにグレードアップ

3月21日に新型iPhone SEが発売されました。今まで16GBで販売されていたiPhone SEが、値段据え置き44800円(税別)で32GBにグレードアップしました。その他、128GBは55800円(税別)で発売されています。

iPhone SEは4インチの小型で片手での操作のしやすさが魅力です。外回りの多い営業職の方や作業職の方、また、ネイルを気にする女性の方に根強い人気のある機種です。

大きいスマホは両手操作ですが、ネイルをつけた女性の方は両手操作の際に、ネイルが操作の邪魔をする事が多くあります。大きいスマホは片手操作に無理があります。女性の方ならなおさらです。

よろしければネイルをつけたつもりで、スマホを両手操作してみてください。とても操作しにくいと思いませんか?

iPhone SEは片手で操作できます。現在主流のスマホとはまったく操作感が違います。ポケットに入れた時の持ち運びのしやすさも別格です。

スマホの両手操作に不満のある方、大きいスマホに不満を感じている方は一定数、というより案外多くいらっしゃるようです。

4インチの操作性のよさを求める方には、新型iPhone SEの登場はうれしいニュースとなっています。

購入方法はApple Store、docomo、au、Softbankのオンラインショップまたは店頭で購入可能です。

Apple Storeで本体を購入し、格安SIMを使って回線を確保するやり方、各キャリアにMNPする方法が安く手に入る方法となっています。

 

5. 新iPadは3月25日に発売、思い切り値段を下げた廉価版

新型iPadは37,800円から登場、iPadのエントリーモデルに最適となっています。

現在のiPadの選択肢としては、機能を重視したい場合はiPad Pro、機能よりも価格を重視したい場合はiPadという選択肢があります。今回の新型iPadの発売は、ここ数年のiPad販売台数の減少を盛り返すための、エントリーモデルとしての低価格販売になります。

新型iPadはiPad Air 2の次世代機という位置づけになっています。

5-1. iPad 仕様比較表

17年新型iPad iPad Pro9.7 iPadAir 2
発売年 2017 2016 2014
最低価格 37800円 62800円 42800円
チップ A9 A9X A8X
Antutuスコア 13.5万点(iPhone6sで計測) 17.3万点 10.5万点
耐指紋性撥油コーティング(汚れをふき取りやすい)
高色域P3対応(多色表示くっきり見えます)
TrueToneディスプレイ(色と彩度を調節して、撮影した写真が従来より自然に見える)
フルラミネーションディスプレイ(光の余分な反射が抑えられる・直接画面に触れているような操作感)
反射防止コーティング
背面カメラ 800万画素ƒ/2.4のレンズ

 

フルHDビデオ撮影

1200万画素ƒ/2.2のレンズ

Live Photos

TrueToneフラッシュ

4Kビデオ撮影

800万画素ƒ/2.4のレンズ

 

フルHDビデオ撮影

前面カメラ 120万画素ƒ/2.2のレンズ 500万画素ƒ/2.2のレンズ

Retina Flash

120万画素ƒ/2.2のレンズ
LTEバンド数 21バンド数 23バンド数 20バンド数
ApplePencile対応
Smartkeyboard対応
スピーカー数 2個 4個 2個
重さ 469g 437g 437g
厚さ 7.5mm 6.1mm 6.1mm

 

まとめ

3月に発売されたiPhone7 赤色(PRODUCT)REDの評価と購入方法と共に、同時期に発売された商品のご紹介をしました。

iPhone7 (PRODUCT)REDの評判はかなりいいようです。Appleが10年間発売し続けてきた、コラボ商品の初iPhoneということで、発売を待っていた方が多かったようです。

 

(PRODUCT)REDという取り組みについてもご紹介させていただきました。(PRODUCT)REDは有名人が手がける、HIVやその他の病気を予防する活動に商品を購入した代金の一部が使用されます。

様々な企業と(PRODUCT)REDはコラボしています。2017年現在、GAPとコラボしている商品もあります。

iPhone7 (PRODUCT)REDを購入する際は、MNPを使用する方法が一番安く購入できます。各キャリアの実際の購入金額と、各キャリアの特徴についてもご紹介させていただきました。個人で購入する際はau、Softbankが安くなっています。家族と共に購入する際はdocomoがお得です。

 

Appleから3月に発売されたiPhoneアクセサリーと共に、(PRODUCT)REDアクセサリーとApple Wacthの新商品をご紹介させていただきました。

今お持ちのiPhoneと合わせてもいいですし、iPhone7 (PRODUCT)REDと共に使うことで、自分らしいオリジナルなiPhoneにすることができます。

 

3月には、新しいiPhone SEとiPadも発売されました。iPhone SEの特徴は

  • 4インチの小柄な端末
  • 片手操作が簡単
  • 持ち運びが簡単
  • ネイルをつけていても操作しやすい
  • 16GBの料金で32GBが買える。
  • 128GBの大容量も発売された。
  • 一定の人にとても人気がある。

となっています。

iPadの特徴は

  • 37,800円という廉価版でiPadのエントリーモデル
  • iPhone 6sと同じA9チップ採用
  • iPad Air 2の次世代機という位置づけ
  • 高価格なiPad Proと低価格なiPadで使用者の差別化がAppleの目的

となっています。iPhone SEには根強い人気がありますので、32GB・128GBの発売を待っていた方もいらっしゃると思います。iPadもとても安い価格で、新規にiPadを購入する方の後押しをしています。

 

iPhone7 (PRODUCT)REDを実際に見ましたが、とてもかっこいいです。赤で大人にはちょっと強すぎる色なのではと思っていましたが、実際はマットでシックな色使いで、とても高級感を感じました。

iPhone 7をお持ちの方でもほしくなるような色ではないでしょうか?iPhone8の発売が噂されていますが、今年の9月いったいどんなiPhoneが発売されるかわかりませんし、iPhone7 (PRODUCT)REDには購入意欲を刺激する魅力を感じました。

iPhoneを新しく購入しようとご検討中の方は、iPhone7 (PRODUCT)REDも候補の中にいかがでしょうか?

保存

スポンサードリンク

スポンサードリンク