iPhone取説.com

iPhone7の噂まとめてみた。スペック、カメラ、インチなど

      2016/11/29

今回は「iPhone7の噂まとめてみた。スペック、カメラ、インチなど」についてご紹介します。

iPhone6Sが発売されてから早3ヶ月が過ぎましたね。

iPhone6Sが発売されてまだ間も無いですが、既に海外ではiPhone7に関する噂が毎日のように飛び交っています。

そこで現段階で噂されているiPhone7のリーク情報をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone7では全面ディスプレイになる?

iPhone7ではディスプレイが全面になるんじゃないか?という噂があります。

iPhone7画面

こんなコンセプト動画があるのでご覧下さい。

非常に面白いイメージですね。iPhoneのスタイリッッシュなイメージがより一層高まります。

iPhone7ではデュアルカメラになる?

iPhoneのカメラは年々画素数が上がってiPhone6Sでは4K動画の撮影も可能になりましたね。

次のiPhone7ではカメラが二つになるんじゃないか?という噂もあります。

アンドロイドのスマホでは既にデュアルカメラが搭載されているものも発売されていますよね。

デュアルカメラを搭載することで、焦点距離や絞りを調整して、より肉眼で見た映像に近い写真が撮れることが期待出来ますね。

3D動画の撮影も可能になるかも知れません。

iPhone7ではワイヤレス充電が可能になる?

兼ねてから噂も多かったワイヤレスでの充電がiPhone7では実現するかも知れません。

ワイヤレスでの充電が出来れば、寝る前に充電器にさし忘れて翌日焦るなんてことも無くなりますよね。

また将来、公共施設に喫煙所のような、充電スポットなんて場所も出来るかも知れないですね。

既にワイヤレス充電の規格でQi規格というものがあり、開発もどんどん進んでいます。

Appleの公式ではありませんが、Qi規格によるワイヤレス充電を可能にするアクセサリも販売されていますね。

またApple Watchでは置くだけで充電可能な磁気充電ドックがあるので、今後iPhoneにも搭載される可能性も十分考えられます。

iPhone7では4インチが復活する?

iPhoneの歴代のインチサイズは、

  • iPhone〜iPhone4S 3.5インチ
  • iPhone5〜iPhone5S 4インチ
  • iPhone6 6S 4.7インチ
  • iPhone6Plus 6SPlus 5.5インチ

と大きくなってきました。

しかし6Sの発売前の噂では、6S miniが発売されるんじゃないか?と4インチサイズの持ちやすいiPhoneの発売が期待されていました。

私も手が小さいので4インチのiPhoneの発売を望んでいたのですが、iPhone6Sでは実現しませんでした。

大きいサイズのスマホが増える一方、4インチの持ちやすいサイズの需要も十分にあると思うので、4インチの復活もあり得ますね。

iPhone7ではLightningケーブルが廃止される?

iPhone5から導入されたLightningコネクタですが、これが廃止される噂も流れています。

より高速な充電を可能にする新規格が登場する噂もありますし、ワイヤレス充電を可能にした結果コネクタ部分を無くすのではないか、などの噂もあります。

またLightningケーブルの接続部分とスピーカーを共有させるといった噂もあります。

iPhone7のA10プロセッサでは6コアになる?

iPhoneは4Sからデュアルコアになり、6Sからメモリも2Gになりました。

現在アンドロイドのスマホでは、クアッドコア(4コア)やオクタコア(4+4コア)なども登場しています。

中国SNSサイトWeiboの情報によるとiPhone7に搭載されるであろうA10プロセッサでは、6コアが搭載される噂が流れています。

6Sではメモリ容量が増え、カメラも1200万画素まで向上したことから、更なる進化のために大幅にプロセッサを改良するだろう、との予測のようですね。

しかし最近発売されたiPad ProはGPU(グラフィックスプロセッサ)が8コアから12コアに増えたものの、CPUは3コアから2コアに減少しました

なぜAppleがCPUのコア数を減らしたかというと、CPUを減らした上で処理能力の向上に成功したからです。

少し専門的な話になりますが、CPUはクロック数というものがあり、この数値が大きいほど処理能力が高いと言えます。

このクロック数を上げることで、CPUの数を減らしても機能を上げることが出来たわけですね。

CPUの数を増やせば処理能力の向上は確実に見込めますが、物理的な場所も必要になります。

どんどん薄くなっているiPhoneのデザインを考えると、コア数が一気に6コアになるというのは、難しいかも知れません。

でもトリプルコアの導入やクロック数の向上による処理能力の改良は、必ずされるでしょうね。

iPhone7では防水機能がつく?

これも昔から多くある噂のひとつですね。アンドロイドスマホでは防水機能をもったものも数多くありますし、

iPhoneケースでも防水を目的としたものも販売されていますよね。

iPhoneを水没させてしまい、壊れてしまったケースも多いので早く搭載されるといいですね。

iPhone7では画面上どこでも指紋認証出来る?

iPhone5Sから搭載されたTouch ID機能、いわゆる指紋認証ですね。

この機能がホームボタンだけでなく、画面上ならどこでも可能になるといった噂もあります。

更に使い勝手が良くなりそうでぜひ搭載して欲しいですね。

iPhone7は更に薄くなる?

どんどん薄くなっている印象のiPhoneですが、歴代iPhoneの薄さを比べてみましょう。

iPhone 11.6mm
iPhone 3G 12.3mm
iPhone 3GS 12.3mm
iPhone 4 9.3mm
iPhone 4S 9.3mm
iPhone 5 7.6mm
iPhone 5S 7.6mm
iPhone 5C 8.97mm
iPhone 6 6.9mm
iPhone 6Plus 7.1mm
iPhone 6S 7.1mm
iPhone 6SPlus 7.3mm

過去一番薄いのがiPhone6で6.9mmですね。意外にも6Sの時は6よりも厚くなっているんです。

しかしナンバリングが変わる時は例外なく薄くなっているので、iPhone7も更に薄くなると考えられます。

まとめ

ではこれまで上げたiPhone7の噂をまとめます。

  • 全画面ディスプレイになる(ベゼルフリー)
  • デュアルカメラになる
  • ワイヤレス充電が可能になる
  • 4インチが復活する
  • Lightningケーブルが廃止になる
  • CPUが6コアになる
  • 防水機能がつく
  • 画面上どこでも指紋認証出来る
  • 更に薄くなる

これだけの噂が実現したら本当にすごいですね。

あくまでも噂なので、実際発売されるまでどれだけ進化するかは分かりません。

発売を楽しみにしておきましょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク