iPhone8は即完売するかも!iPhoneが日本で一気に浸透した理由

更新日:2017/05/08[iPhone7s/iPhone8]




スポンサーリンク

日本では以前からiPhoneの普及率がとても高く、iPhoneを所有している方が多い現状です。変わって世界では、Android端末のシェアが高く日本のようにiPhoneが普及している国はありません。

世界の人はiPhoneに興味がないのでしょうか?

2017年の春に、投資会社Piper Jaffrayがアメリカで行ったアンケート調査によると、アメリカの10代のiPhone所持率は76%となっています。

とても高い数値が記録されています。この結果は、今年発売が予定されると噂されている、iPhone8の効果によるものなのでしょうか?調査結果を元にご説明していきます。

さらに、日本でのiPhoneが普及した理由、現在iPhoneを使っている理由を元に、Apple社製品の魅力、新作iPhone8に対する日本人の関心についてもご紹介していきます。

iPhone8は世界中から注目されています。その中でも、アメリカと日本の注目は非常に強いです。Apple社の魅力は新商品によるものなのでしょうか?

私が体験したApple社の魅力も合わせてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

iPhone8はアメリカの10代のiPhone人気を牽引中

MacRumors  76% of U.S. Teens Surveyed Using iPhones, 81% Plan to Purchase

2017年春に投資会社Piper Jaffrayが行った調査によると、アメリカの10代(ディーンエイジャー)の間では、iPhone人気は衰えることなくむしろ高まっていることがわかりました。

同社が毎年行っているファッションやデジタルメディア、食、ライフスタイル全般を調査する、全米43州の5,500人を対象に実施したアンケート《Stock With Teens》調査によると、 2017年春の10代iPhone所有率は76%となっています。

さらに、次の機種もiPhoneを買いたいと答えた10代のアンケート対象者は、81%となっています。この調査の結果を生み出した要因として、現在様々な噂を生み出しているiPhone8の存在が小さくはないと同社は予測しています。

前年のApple人気はiPhone7が牽引する形となっていますが、今年のApple人気を牽引しているものは間違いなくiPhone8への期待といえます。

Appleの2017年度第1期四半期は売り上げ額、iPhone販売台数共に過去最高

Apple Reports Record First Quarter Results Data Summary

2017年度第1期四半期(2016年10~12月)の世界での前年同期比較は、米国大陸で9%増、欧州3%増、アジア太平洋地域で8%増、日本は20%増となっており、日本の高いApple製品への熱狂度がうかがえる形となりました。

Appleの2017年度第1期四半期の売り上げは、過去最高額の784億ドルとなっています。また、Appleの株価は2013年度から年々上がり続けています。iPhoneの販売台数もiPhone7の発売が牽引する形となり、過去最高の7829万台となっています。

過去の自社記録を更新し続ける現在のApple社は、世界が注目する企業となっています。日本ではApple社は以前からとても根強い人気があります。昨年の同期比較も前年比20%と世界のどこよりも高い数字になっています。

現在の日本でのiPhone人気はなぜ生まれたのでしょうか?どういった経緯で日本にiPhoneが普及したのか、iPhoneを含めたApple社製品の魅力をご紹介していきます。

日本のiPhoneびいきが生まれた理由

日本では、iPhoneの販売に着手したソフトバンクが、販売2年目から実質価格0円も含めた戦略的な価格付けを開始しました。世界では高級な端末として知られているiPhoneですが、iPhoneが日本に入ってきた当初は、iPhoneはとても安く手に入る端末だったのです。

Androidは高くて機種代にお金がかかるが、iPhoneは安く端末が手に入る状況が長く続きました。そのことが日本のiPhoneびいきを決定付ける最初の要因と考えられます。

また、クリエイティブでファッションセンスに敏感な若者層が、公共の場、カフェ、学校などでApple社製品を使うことで、Apple社製品のブランド力が高まったこと、日本各地にあるWi-Fiの対応店舗が拡大したことなども大きな要因となっています。

日本以外の世界には、iPhoneは富裕層の証、Android端末は安くiPhoneは高級というイメージがあります。ですが、当初の日本にはまだその認識はありませんでした。Apple社製品はオシャレで使いやすい製品というイメージのみが日本全土に浸透していきました。

現在でも、オシャレで直感的な操作が可能というApple社製品の評価は変わっていません。

上記に挙げたiPhoneが普及した理由も含めて、現在の日本人がiPhoneを選ぶ理由として多くあげられることをご紹介していきます。

現在の日本人はなぜiPhoneを選ぶのか

iPhoneを選ぶ理由

  • デザインが美しいから
  • ケースの種類が多いから
  • セキュリティが高いから
  • 操作が簡単だから
  • Apple製品の互換性が素晴らしいから
  • iTunesが使いたいから
  • 機種で悩まないから
  • Androidを選ぶ理由が無いから
  • 内外ストレージの面倒な区切りがないから

となっています。

iPhoneの端末デザインはシンプルで上質です。このようなデザインは日本人が好む傾向にあります。iPhoneのデザインは日本人の感覚にガッツリとフィットした結果、現在でもiPhoneはブランド力を保っています。

iPhoneの直感的でボタンが少なく、使いやすい操作性は多くの年代の支持を受けました。子供から大人まで簡単に操作できるiPhoneは、日本人の心をつかみ、多く普及したことで操作方法を人に聞ける、説明が載っている多くのサイトを発見できるなど、Appleにとって良い効果を起こす結果となっています。

iPhoneは若者に必要な高性能な《カメラ性能》を搭載し、様々なアプリを継続的にリリースすることで人気を維持しています。アプリは専門のApple Storeで管理して、徹底的にウィルスを排除しました。このことによりiPhoneはウィルスに感染しない。という都市伝説的な噂も出てくるようになっていました。現在でもAndroid端末と比較してウィルスは少ない傾向にあります。

上記のような特徴が、現在の日本でもApple社製品の人気を牽引している要因といえます。iPhoneは世界でAndroid端末にシェアでは負けています。ですが、アメリカの10代や日本人には根強い人気があります。

日本でもiPhone8はiPhoneの人気を牽引中?

一度築いたApple製品の信頼性、浸透したiPhoneの普及率は、新商品への期待値にそのまま影響を与える形になっています。日々更新されるiPhone8の情報は、日本国内で高い注目を集めている証拠ということができます。

以前と比べると、Android端末とiPhoneの差が少なくなってきています。また、iPhoneが安く手に入る状況は今の日本にはないことから、今後日本でもAndroid端末がシェアを伸ばすことは想像できます。ですが、一度味わった高級感、行き届いたサービス、ストレスフリーな操作性は、日本人のなかに根強く残る形となっています。

様々な新機能の噂を振りまいているiPhone8の存在、株価が上昇し続けているAppleの人気、安定して上質なサービス品質を保っているApple社のサービスは、現在の日本人にとってもとても魅力的な製品となっています。

アメリカの10代と変わらない状況が今の日本の若者層にもあると、個人的には想像できます。その要因は、新機能の噂を振りまき続けているiPhone8の存在がかなり大きいものと思われます。

iPhone8の人気はすばらしいがApple社はサービスもすばらしい

私自身iPhoneを使用しているのですが、Apple社のサービスはとてもすばらしいです。iPhoneが故障した際に、Apple社に電話をかけた事があるのですが、他の会社とはまったくちがう対応に感動しました。Apple社のカスタマーサービスの対応は他社とは比べ物になりません。

どこの会社とは言いませんが、以前にiPhoneが故障した際の保障について、電話や店頭におもむき詳細を確認した際に、確認する場所によって言っていることがバラバラで、こちらが詳細を聞こうとすると小声で《ウザい》といわれたことがあります。きちんと対応してくださる人に当たるまで大変でした。

その後、Apple社のカスタマーサービスに故障の詳細、自分の困っていること、解決したい問題を事細かに説明したのですが(他社でたらい回しにされた直後でしたので、このときは自分でも《ウザい》ぐらいに細かく詳細に説明しました。)、Appleのサポート担当の方は細かく説明した内容をすべて理解して、解決したい内容を的確にフレンドリーに案内してくださいました。

解決する問題を長い説明の中から抜き出し、的確に案内してくださりサクッと解決できました。対応がとてもフレンドリーで、最後までスムーズに事が運びました。あまりのスムーズさに、電話が終わった後に「Appleすげぇ」と独り言が出るくらいのスムーズな対応でした。

その後も数回、Apple社に尋ねる事があり電話したのですが、毎回カスタマーサービスの対応がすばらしいです。電話したすべての対応が「Appleすげぇ」でした。正直同じレベルの対応を、Android端末でしていただけるとは到底思えません。Appleは製品もすばらしいですが、働いている人のグレードもすばらしいです。(あくまで私の主観です)

まとめ

2017年春に投資会社Piper Jaffrayが行った調査により、iPhone8はアメリカの10代(ディーンエイジャー)に絶大な人気があり、iPhone人気は衰えることなくむしろ高まっていることがわかりました。

Appleの2017年度第1期四半期は売り上げ額、iPhone販売台数共に過去最高を記録しています。今年もiPhone8の人気により、高い売り上げ額や販売台数が期待できます。

第一四半期の同期前年比は日本で20%と世界でトップの数字を記録しています。日本でのApple人気、iPhone人気はどのようにして生まれたのか?日本のiPhoneびいきが生まれた理由をご紹介いたしました。

日本では、iPhoneの販売に着手したソフトバンクが、販売2年目から実質価格0円も含めた戦略的な価格付けを開始した事。iPhoneはとても安く手に入る端末だった事が、日本のiPhoneびいきを作り出す土台を作りました。

現在の日本人はなぜiPhoneを選ぶのかについてもご紹介いたしました。

iPhoneを選ぶ理由は

  • デザインが美しいから
  • ケースの種類が多いから
  • セキュリティが高いから
  • 操作が簡単だから
  • Apple製品の互換性が素晴らしいから
  • iTunesが使いたいから
  • 機種で悩まないから
  • Androidを選ぶ理由が無いから
  • 内外ストレージの面倒な区切りがないから

となっています。iPhone8も変わらずに日本で人気があるのかということもご説明いたしました。Apple社が一度築いた信頼性、浸透したiPhoneの普及率は、新商品への期待値にそのまま影響を与える形になっています。日々更新されるiPhone8の情報は、日本国内で高い注目を集めている証拠ということができます。

日本でのiPhone8の人気はすばらしいですが、Apple社の魅力はサービスにもある事をご紹介いたしました。Apple社の製品はすばらしいですが、Apple社で働いている人材もとてもグレードが高く、日本においてのApple社の魅力を高めています。

今年の9月に新作iPhone8を発売すると期待されているApple。世界ではAndroid端末がシェアでは上回っていますが、アメリカのティーンエイジャーや日本ではとても高い関心がiPhone8に注がれています。Appleの売上額、iPhoneの販売台数も年々上昇をしていて、Appleの株価も上昇が止まりません。

Appleという企業に対して世界が注目しています。その中で、アメリカの10代や日本人のiPhone人気を新作iPhone8は牽引し続けています。

スポンサードリンク



コメントを残す

このページの先頭へ