iPhone取説.com

スポンサードリンク

iPhone8の認証機能はどうなるのか?Appleの取り組みとGalaxy S8の顔認証について

      2017/06/27

先日発売されたSamsung Galaxy S8の顔認証が、写真で突破できることが明らかになりました。

今年9月に発売を期待される、iPhone8の認証システムにも顔認証が導入されるのではという情報があります。

iPhone8の顔認証システムはいったいどんなものなのでしょうか?

安全性は?認証速度は?iPhone8に導入を予想されている顔認証システムについてご紹介していきます。

顔認証システム以外にも、iPhone8に導入が期待されている認証システムがあります。一人ひとり違った目の瞳孔を認証に使う《虹彩認証》(こうさいにんしょう)についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 先日発売されたGalaxy S8の顔認証は写真で認証が通る

YouTuberのMarcianotech(マキアノテック氏)は、2017年3月31日に自身の顔写真を使い、Samsong (サムソン)Galaxy S8の顔認証を突破している動画を公開しました。

マキアノテック氏は2台のGalaxy S8を使い、一方のGalaxy S8上に自身の写真を表示して、顔認証を突破しました。普段のヒゲ面とは違う、一見違う人に見えなくもない写真をGalaxy S8上で上下させることで、顔認証突破に成功しています。

Samsung(サムスン)は顔認証機能に自信が持てないのか、顔認証機能はデバイスのロック解除につかえるのみとなっています。いかに新機能といえど、使い物にならなければお金の無駄使いと変わりません。

Samsungはこの事実に対し、ロック解除は《便利機能》であり、セキュリティ機能ではないと発言しています。

iPhone8に導入予定と噂されている顔認証機能は、他社の機能とはどういった違いがあるのでしょうか?

 

2. 次期iPhoneに導入予定の顔認証機能とは?

Appleは距離情報を元に、認証するべき顔を自動的に選別し、認証速度を高める働きがある技術を開発中です。Appleの顔認証システムは、フロントカメラに3Dカメラを使用することで実現する予定となってると噂されています。

Appleが特許を申請した《距離情報を用いた高度な顔認識》(Enhanced face detection using depth information)技術について、米国特許商標庁(USPTO)は3月7日に特許を取得したと情報公開しています。

顔の認証速度の向上と共に、3Dカメラを使った認証技術には2D顔認証技術に比べ、顔認証の正確性を高める効果を期待しています。3Dカメラの認証ならば少なくとも写真を使って、認証を通るようなことはなくなると考えられます。

 

3. Appleが特許取得した、顔認証技術は2013年から開発に取り組まれていた技術

今回Appleが取得した特許技術は、2013年にAppleが約357億6,100万円で買収した、イスラエル企業PrimeSenceが持つ技術に顔認識を組み合わせたものです。

上記の動画は、2013年のApple社に買収される前のPrimeSence社のイメージ動画です。この動画のうち、顔認証が実現されようとしています。

Appleは、今年の2月に人工知能を使った顔認識技術に強みを持っている、イスラエル企業RealFaceも約2億3,000万円で買収しています。RealFaceは、顔の特徴を学習することにより、顔認証速度を向上させる取り組みを行っていました。RealFaceの買収によりAppleは、顔認証技術にさらに磨きをかけているものと見られています。

Appleは2017年に入り、顔認証技術に対する投資を活発に行っています。特許の取得も、Appleが顔認証の実現に向けて動き出している証拠といえます。

 

4. iPhone8には、顔認証以外に虹彩認証の可能性も?

 

Appleは、顔認証技術以外にも、虹彩認証(こうさいにんしょう)にも取り組んでいるとの情報があります。

台湾を代表するハイテク関連メディア企業DIGITIMES Inc.。その調査部門であるDigiTimesによると、iPhone 8には虹彩認証機能が搭載されるとの情報です。

虹彩認証(こうさいにんしょう)とは

目の瞳孔の周りの虹彩が人によって模様が違うことを利用して、認証を行う技術です。

指紋認証より、登録していない生態情報に対する認識力があります。(誤った認識をしない特徴があります。)

虹彩認証のデメリットとして、日差しの強い環境やメガネをかけているときに、認識率が下がることがあげられます。サングラスをかけているときはもちろん、カラーコンタクトを装着しているときも虹彩認証は行えません。

さらに、虹彩認証には読み取るための専用のカメラが必要になります。ただでさえ高価格を予想されているiPhone8に、虹彩認証のためのカメラが搭載されるのかは現在わかりませんが、Galaxy Note 7に搭載された虹彩認証は、大変好評でしたのでiPhone8にも搭載を期待したいところです。

 

5. iPhone8が新認証システムを公表するには最高のタイミング?

YouTuberのMarcianotech氏動画内より

iPhone8の対抗機である、Samsong Galaxy S8に導入された顔認証システムは、完全とはとてもいえない性能です。

他企業が取り組みに苦戦しているこの状況で、同技術に磨きをかけた製品をリリースすることは、Appleにとって大きな意味があります。

iPhone8に新認証システムが導入されるのか、導入されたとするなら安全性は大丈夫なのかは現在わかっていません。

新技術が搭載されることで、iPhone8の価格が高価格になることを個人的には懸念していますが、Appleとしては他企業に差をつけるために、より安全な認証システムを発表するには最高の機会といえるのではないでしょうか。

 

6. まとめ

iPhone8に導入が期待されている《顔認証》システムの他製品の現状とAppleの認証システムに対する取り組みをご紹介いたしました。

先日発売されたGalaxy S8の顔認証は、写真で認証が通ることがYoutuberのMarcianotech氏により報告されています。動画内では、写真を使って簡単に認証を突破しているところが写されています。

iPhone8に導入が予想されている顔認証システムは、現在の顔認証システムとどういったところが違うのかをAppleが取得した特許と共に、買収した企業を見ることでご紹介いたしました。

Appleは

  • 認証するべき顔を自動的に選別し、認証速度を高める働きがある技術を開発中
  • 《距離情報を用いた高度な顔認識》特許を取得
  • フロントカメラに3Dカメラを使用することで実現する予定
  • イスラエル企業PrimeSenceが持つ技術に、顔認識を組み合わせたもの
  • 顔の特徴を学習する技術を開発していた企業を買収

など顔認証システムのiPhoneへの導入に向けて、取り組みを行っています。

Appleは、顔認証以外にも虹彩認証の技術も開発中という情報があります。虹彩認証は、指紋認証よりも登録していない生態認証に対しての判断能力に優れています。

虹彩認証のデメリットとして、環境、目の状態によって使いづらい、使えない場面がある事。専用のカメラが必要なことがあえげられます。

SamsungのGalaxy S8の顔認証システムが不完全だったことが露見し、他企業が新認証システムに苦戦しているこの状況は、Appleが魅力的な認証システムの発表をするには絶好の機会です。

個人的には認証システムの搭載による、iPhone8の価格の上昇はやめてほしいところですが、Appleがこのチャンスに、どのような製品を投入してくるのかはまだわかっていません。

保存

保存

保存

スポンサードリンク

スポンサードリンク