iPhone取説.com

iPhone8は品薄になる?最速で手に入れる予約購入テクニック

   

今年はiPhone8を買う予定だ!誰よりも早くiPhone8がほしい、iPhone8の新機能にはかなり期待をしている。

このような方は多いのではないでしょうか?現在のところiPhone8には様々な新機能の噂が出てきています。注目しているアナリストの数も非常に多くいます。iPhone8の予想の中には、予約開始時には入手が困難という予想が出てきています。

全世界が注目しているiPhone8は、発売時には非常に品薄になり入手が困難になる理由があります。どのような理由なのかご紹介していきます。

合わせまして、日本でのiPhone8予約開始時に、ライバルに勝ちiPhone8を入手するための各キャリアとApple Storeでの予約方法と、予約入力項目をご案内していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone8は有機ELディスプレイの枚数に限りがある

iPhone8に導入予定である有機ELディスプレイは、年内に供給できる枚数が限られています。

先日Appleと韓国Samsung Display(サムスン ディスプレイ)が有機ELの2年間の提供契約を締結したとの情報がありました。現地韓国のメディアET NewsやChosun Bizが報道しています。Samsungは7000~9200万枚の有機ELをAppleに提供できるだけの準備をしていると同報道は報じています。

iPhoneの昨年10~12月の販売台数は、Apple過去最大の7829万台です。AppleのiPhone販売台数は、年々増加してきています。今年の10~12月の販売台数は1億台に行くとの見方をしているアナリストもいます。

iPhone8には様々な新機能の噂があります。世界の誰もが驚くような新機能が搭載されると予測している報道陣が多くいます。iPhone8人気はiPhone7を凌駕するとの予測が出来ます。ですが、供給できる有機ELディスプレイには限りがあります。

iPhone8は新技術搭載で製造工程が複雑化?

昨年のiPhone7発売時には、ジェットブラックだけは品薄が続きました。その原因はジェットブラックだけに使用される、新技術を利用した製造工程が原因でした。

今年発売を期待されているiPhone8は、新技術の噂が絶えません。様々な新技術が予測されています。

3Dセンサーを使った顔認証、ワイヤレス充電、AR、VR技術などなど、今の段階では噂に過ぎませんが、大きな期待をされているiPhone8の新技術には、とても複雑化した製造工程があると考えることができます。

今までに無い製造工程がiPhone8にはある、そのことが原因でiPhone8の品薄を引き起こすという事は、非常に考えられる問題ではないでしょうか?

多くのアナリストがiPhone8の品薄を予測している

Barclaysのアナリスト、ブレイン・カーティス氏、クリストファー・ヘメグレン氏、トーマス・オマリー氏、ジェリー・ザン氏は、iPhone8は事前予約受付直後に在庫が完売し、入手可能になるまで数週間待つことになると予測しています。

その他にも、Apple社製品の情報の正確性に定評がある、KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏も同様に予測をしています。

iPhone8に世界の注目が集まっていることは間違いありません。Appleの過去最高株価をとうの昔に突破してもなお、iPhone8人気は株価を引き上げ続けています。

注目が集まっているiPhone8を、予約開始時に手に入れることは至難であると考えられます。

世界で品薄が予測されているiPhone8を、日本の予約開始日に確実に手に入れるためにはどのような準備が必要なのでしょうか?

iPhone8を販売するdocomo、au、Softbank、Apple StoreをiPhone7の予約購入を例にして、iPhone8を予約購入するご説明をしていきます。

iPhone8を予約する前の準備とは?スペック・色は事前に決めておきましょう

各キャリアでの予約開始時刻には、相当の混雑が予想されます。あらかじめ手順や必要入力項目、購入予定の機種などを決めておくことで、実際予約入力をするときの時間を短縮し、ライバルに勝つ準備が必要です。

あらかじめ決めておくことは

  • iPhone8/8 Plusのどちらにするか?
  • 購入機種のGB数
  • iPhone8のカラー

になります。予約するときに決めるのではなく、あらかじめ決定しておき予約時には最速で予約手順を実行していきましょう。

予約購入する前の準備(すべてのキャリア)

予約をする前に、予約に必要な情報をメモ帳、ワード、エクセルなどにあらかじめ書き込んでおきましょう。必要項目が書いてあるメモを用意して、予約時はコピペできる項目はコピペしましょう。

  • アカウント名
  • パスワード
  • 契約者の氏名(漢字・カタカナ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • Eメールアドレス

※Eメール、ご自身の名前などはiPhoneに辞書登録しておくことで高速入力をする方法も使えます。

などはコピー&ペースト用にメモ帳などにあらかじめ書いておくと、予約がスムーズに行えます。

また、オンラインショップ上でどういった並びでiPhoneの機種が並んでいるのかということもチェックしておきましょう。

  • iPhone〇 Plus
  • iPhone〇

と並んでいるかをご確認ください。

実際にdocomoオンラインショップでは、iPhone7 Plusが上に表示されます。並びを注意しましょう。

各キャリアごとの具体的な予約手順をご紹介いたします。コピペする内容もキャリアによって違いますのでそれぞれご紹介していきます。

docomo・au・Softbank+格安SIM(Apple Storeで購入)のiPhone8予約方法

iPhone7の予約を例にして各キャリア+Apple Storeでの予約方法をご紹介していきます。

docomoの予約方法

ドコモオンラインショップ(iPhone販売ページ)にアクセスします。

予約をする前にあらかじめドコモオンラインショップにログインしておきましょう。

機種変更の場合

ページの右上にある《ログイン》をタップします。

《Touch ID》でログインするか、dアカウントのIDとパスワードを入力してログインします。

アカウントが無い方は、ログインページを下にスクロールして《dアカウントを発行する》をタップしてアカウントを作成しましょう。

予約する際は、右上の予約ボタンは押さずにiPhone製品ページを下にスクロールしていきます。

 

下に製品がありますのでそこから予約するほうが早いです。

ドコモ回線を使用している場合は《ネットワーク暗証番号》が必要です。ネットワーク暗証番号とは契約時に決めた4桁の番号のことです

Wi-Fi環境で予約をする場合は《dアカウントのIDとパスワード》が必要になります。

新規・機種変更・乗り換えから選択します。

機種変更の場合は契約者情報は記入する必要はありません。《確認》をタップして予約を終了します。

機種変更でコピペできる項目は

  • 4桁のネットワーク暗証番号(ドコモ回線の方)
  • dアカウント/パスワード(WiFi環境の方)
  • メールアドレス

になります。事前にメモ帳などに記載するか、iPhoneの辞書に登録しておきましょう。予約時は、コピペまたは辞書登録で高速入力をすると、予約できる可能性が上がります。

新規・MNPの予約する場合

上記の方法の新規・機種変更・乗り換えから選択する際に当てはまるものを選択します。

新規・MNPでiPhoneを予約する際に必要な項目は

  • dアカウント/パスワード
  • パスワード
  • 契約者氏名(漢字)
  • 契約者氏名(カナ)
  • 連絡先電話番号
  • Eメールアドレス

となっています。必要な項目を入力して予約を完了させます。必要項目はメモ帳などにあらかじめ記入してコピペするか、iPhoneに辞書登録しておくと入力が速く出来ます。予約時は最速の操作を目指すとiPhone8を予約できる可能性が上がります。

auの予約方法

au Online Shopにアクセスします。

auは予約受付をする際に、Wi-Fi回線よりau回線の方が繋がりやすいとのうわさがあります。予約が混雑していて繋がらない場合は、エラーページが表示されます。繋がった場合は最速で予約受付を行いましょう。

予約が完了し本契約メールが届いてから3日以内に契約をしない場合は、予約が取り消されますので注意が必要です。

あらかじめauにログインしておくことで予約をスムーズに行うことができます。

予約して店舗で受け取りか、自宅での受け取りかを選択します。(今回は自宅受け取りを選択します。)

機種変更の場合

機種変更を選択します。

予約する機種・カラー・容量を選択します。

契約中の《電話番号》と《契約者氏名》を入力していきます。(契約者氏名は漢字を入力するとフリガナも自動で入力されます。)

生年月日を選択しましょう。連絡先電話番号は先ほど入力したau電話番号が自動で入力されます。メールアドレスはコピペできますのでコピペで早く入力しましょう。

予約状況の確認に使うパスワードを設定します。《予約内容の確認に進む》をタップします。(パスワードはコピペが可能です。あらかじめ決めておきパスワードをコピペしましょう。)

 

予約内容の確認画面で入力情報に不備がある場合は、再入力を求められます。入力情報を確認し予約申し込みを確定します。

入力したメールアドレス宛に《予約受付のご連絡》というメールが来ていることをご確認ください。予約番号、予約時間が掲載されています。

新規・MNPの場合

上記の方法から《他社から乗り換え(MNP)・新規契約で予約する》を選択します。

必要項目を入力し予約を完了させます。必要入力項目は

  • 契約者氏名(漢字)
  • 契約者氏名(カナ)
  • 連絡先電話番号
  • Eメールアドレス
  • 自分で決めるパスワード
  • MNP電話番号(機種変更の場合、乗り換えする携帯電話番号)

となっています。コピペできるものはあらかじめ準備しておきましょう。

Softbankの予約方法

ソフトバンクオンラインショップにアクセスします。

予約時間開始前にソフトバンクオンラインショップを表示しておきましょう。ページを更新し、予約受付が現れたらすぐに予約を開始しましょう。

機種変更の場合

申し込み画面が現れたら《機種変更》に進みます。

購入する《機種》を選択し、《端末カラー》を選択します。

端末の《受け取り方法》を選択します。続けて《電話番号》を入力します。(電話番号はコピペが可能です。)

 

入力した情報を確認し《選択した内容で次へ》をタップします。

内容を確認し《この内容で確定する》をタップして予約終了になります。

新規・MNPの場合

上記の方法から新規またはMNPを選択します。

必要項目を入力して予約を完了させます。予約に必要な項目は

  • 契約者氏名(漢字)
  • 契約者氏名(カナ)
  • 生年月日
  • 連絡先電話番号
  • Eメールアドレス

となっています。各項目は事前にメモ帳などに記入しておき予約時はコピペで入力速度を上げましょう。iPhoneの辞書にあらかじめ登録をしておくことも入力速度を上げることが出来ます。

Apple Store(SIMフリー版)iPhone8の予約方法

WebサイトのApple Storeは予約開始時には相当の混雑が予想されます。Web版は繋がりにくいと思われますので、アプリ版のApple Storeをおすすめいたします。一番いい方法は、Web版とアプリ版の両方を使って予約を試みることになります。

Apple Storeアプリ持ってない方はダウンロードしましょう。(あらかじめApple IDを作成し、クレジットカード情報は登録しておきましょう。)

予約開始時刻の前にApple Storeアプリを起動します。

機種が予約できる状態になったら目的の《機種》を選択します。

購入する《カラー》を選択します。

購入する《容量》を選択します。

《バックに追加》をたっぷします。

バックの中身を確認し、《ご注文手続きへ》をタップします。

Apple IDのパスワードを入力します。

注文内容を確認し、《ご注文の確定》をタップします。

セキュリティーコードを入力します。

以上で予約が終了します。

Apple Storeの予約は、他のキャリアの予約に比べると込み方が少ないように思われます。iPhone7の場合は、そのような傾向があったようですが、iPhone8予約時はどうなるかまだわかりません。このサイトをご覧になられている方はすでに持っているとは思いますが、Apple IDは事前に準備しておきましょう。

予約を終えて購入をする前に準備しておくこと

無事予約が出来て、iPhone8を購入する際には、機種変更・新規・MNPで必要書類があります。

機種変更・新規・MNPでの必要書類

機種変更の場合

  • 各キャリアのアカウント
  • メールアドレス(docomoの場合)
  • クレジットカード情報(auの場合)
  • キャリアに登録してある暗証番号(Softbankの場合)

新規・MNP(乗り換え)する際には

  • 各キャリアのアカウント
  • 本人確認書類
  • クレジットカード情報
  • メールアドレス(docomoの場合)
  • MNP予約番号※MNPの場合のみ

が必要になります。事前に準備をしておきましょう。

MNPの場合はMNP予約番号が必要

MNPの場合、現在契約中のキャリアに電話またはWeb上、もしくは各キャリア店舗を訪れて《MNP予約番号》を取得する必要があります。《MNP予約番号》には有効期限がありますので、iPhoneを購入する期間中に有効期限が切れないように注意しましょう。※MNP予約番号の有効期限は15日間になります。

MNP予約番号を取得する際には、電話の場合はオペレーターとのやり取りで確認を行えます。Webページから行う場合は、本人確認書類(運転免許証など)が必要になります。確認方法はアップロードまたは郵送となっています。

下記の電話番号に電話するか、契約中のキャリアのwebページ上から手続きを行います。

docomoのMNP予約番号取得方法

《電話手続き》
docomo携帯から: 151へ電話
フリーコール:0120-800-000へ電話(無料) 午前9時~午後8時

auのMNP予約番号取得方法

《電話手続き》
0077-75470へ電話(無料) 午前9時~午後8時

SoftbankのMNP予約番号取得方法

《電話手続き》
Softbank携帯から  5533へ電話
フリーコール 0800-100-5533へ電話(無料)午前9時~午後8時

手続きを終えるとMNP予約番号が発行してもらえます。

まとめ

iPhone8は発売開始時には品薄になる可能性があります。iPhone8に使われる有機ELディスプレイ部品は、供給に限りがあります。Samsungが提供する予定と予測されていますが、Appleへ供給できる有機ELディスプレイは7000万枚~9200万枚と予測されています。

iPhone8に導入される新機能は、製造工程が複雑化する可能性が高いと推測できます。ひとつまたは複数の工程がネックとなり、iPhone8の供給量が少なくなることは十分に考えられます。iPhone7の場合でも、新技術を使ったジェットブラックは供給量が足りていませんでした。iPhone8でも十分にありえる可能性です。

iPhone8の情報を提供しているアナリストの中には、iPhone8は予約受付開始時には入手が困難と見ているアナリストが存在します。Apple商品の情報の正確性が高いアナリストも同様に予測しています。

iPhone8の予約開始時にiPhone8を手に入れるために、各キャリアで高速入力を使って予約をする方法をご紹介させていただきました。

  • docomoの予約方法
  • auの予約方法
  • Softbankの予約方法
  • Apple Store(SIMフリー版)iPhone8の予約方法

それぞれ予約の方法と予約に必要な入力項目をご案内いたしました。あわせて、予約を終えて購入する前に準備しておくこともご案内いたしました。

MNPをする際には、MNP予約番号が必要になりますので各キャリアで取得する必要があります。MNP予約番号には時間制限(15日間)が設けられていますので、購入する際は注意が必要です。

iPhone8の発売がいつになるのかはまだわかりません。もしかすると今年の9月ではないかもしれませんし、今年中に発売されることは無いのかも知れません。

ですが、Appleの株価を牽引しているiPhone8の噂、新情報はAppleにとって重要なことです。今年の9月には、iPhone8の何かしらの情報が出てくるはずです。今年の新作iPhoneに備えて知識を蓄えておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク