iPhone取説.com

iPhone初心者ユーザーのための取扱説明書サイト

iPhoneでワンセグ見れない?チューナー無しで見れる?ワンセグ見る方法


スポンサーリンク

      2017/02/05

ガラケーの時は、大半の機種でワンセグを見ることができました。ガラケーから格段に進歩したスマホなら、もっと簡単にテレビが見られると思っていたのですが、スマートフォンでテレビは見られるのでしょうか。

しかしiPhoneの中のアイコンを見てもテレビのマークは見つかりません。Androidでも、スマホでテレビを見る機能は標準装備されていない機種が多く見られます。

ここでは、iPhoneでワンセグを見る方法をあるのか調べてみました。

スポンサーリンク

iPhoneでワンセグ見れない原因と対処法まとめ

チューナーはあるけど見れない時の原因

せっかくiPhone用ワンセグチューナーをゲットしてテレビを見ようと思っていたのに、全然見られないというケースがあります。

まずは原因の1つに電波状態があげられます。動画はデータ量も多く、安定した通信状態が不可欠です。歩きながら使用していたり、移動する車や電車の中で使用していると通信が途切れることがよくあります。

また、wi-fiが使用できると書いてある建物でも、wi-fiルーターのそばにいるか遠くにいるかで受信状態も異なります。ルーターと壁1つ隔てていたり、部屋の窓が全て閉まっていたりすると受信できない場合があります。

iPhoneのアンテナの数をよく見て、条件の良い場所で通信しましょう。それ以外には、メモリが不足していることが考えられます。動画は通常のブラウジングよりもメモリを多く使用します。使用していないアプリは終了させてからワンセグを接続しましょう。

チューナーはあるけど見れない時の対処法

電波が悪い場合、自分が移動することで簡単に見られるようになれば良いのですが、それでも見られない場合はメモリーが足りないのかもしれません。

iPhoneに限らずスマホやスマホアプリは、一度に処理できる仕事量には限りがあります。まだ一度もキャッシュの削除をしていなかったら、iPhoneのキャッシュを削除しましょう。

簡単でiPhoneの裏技とも言われている方法です。

  1. まず電源ボタンを数秒間押し続けます。
  2. すると画面に「スライドで電源オフ」という表示が出ます。
  3. ここでオフにせず、iPhoneのホームボタンを数秒間押し続けます。
  4. すると、メモリが解放された後、自動でホーム画面に戻ってくれるのです。

あまり知られていない方法ですが、手軽にiPhoneの動きを軽くできて、動画もサクサク見られるようになるので覚えておくと良いでしょう。

チューナーが無い場合

もちろんチューナーがなければテレビの電波を受信できませんのでテレビは見れません。iPhoneはチューナーが搭載されていないので、初期状態ではワンセグなどテレビ番組を見ることは不可能です。

ティーバーが見れない時の対処法
日本電視台が見れない

ですが、以下の方法であれば、チューナー無しでもスマホからテレビを見ることが可能です。

チューナー無しでiPhoneでワンセグみれる?チューナーってどれを買えばいいのか?

iPhoneではチューナー無しでワンセグやフルセグを見ることは、少し前までは方法がありませんでした。

違法な海外サイトからアプリをダウンロードするなど、危険な方法しか無かったのですが、現在は「TVer(ティーバー)」という公式無料配信サービスがあります。

TVer(ティーバー)ならチューナー無しで見れる!

tver
http://tver.jp/

TVer(ティーバー)は、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビの東京にあるテレビ会社5局が共同で作った配信サイトです。

2015年10月26日からサービスがスタートしました。広告がつきますが、その分無料でテレビ番組を見ることができると好評です。

公式無料配信サイトをたちあげることで、違法サイトでの視聴を防止する働きもあります。注意しなくてはいけないのが、こちらの放送はリアルタイムではなく、見逃した番組がみられるという点です。

放送後、約一週間後まで見られるようになっていますから、うっかり見られなかったドラマの最終回などを見るには最適ですね。

isafeplayアプリでテレビを視聴する裏技

isafeplay
isafeplay

このアプリの本来の目的は、自分で撮影した動画や写真にロックをかけることです。セキュリティをかめるためのアプリなのですが、その他にもさまざまな機能がついていて、テレビを見ることもできるのです。

この他にも、ブラウザの機能や、動画のダウンロード機能などもあり、使いやすいアプリです。

アプリをダウンロードしたらメインメニューを開きます。

aa

そして「ライブTV」をタップします。日本ではNHKと日本語バージョンのディスカバリーチャンネルが見られるようになっています。

16

チューナーを使って視聴する方法

iPhoneでワンセグを見られるチューナーの中で人気なのがこちらです。

「1S-IPM110」

41CZGoiPsTL._SL1000_

「BUFFALO コンパクトワンセグチューナー 1S-IPM110」

5000円前後と値段が手頃なのも人気の秘訣です。購入するとこのようなパッケージになっています。

71RcmgSJVFL._SL1500_

iPhoneに装着した時の様子はこのような感じです。

41TpXcrLBbL._SL1000_

そして、製品に対応したワンセグ用のアプリをダウンロードします。こちらのBUFFALOの製品は「ちょいテレi」アプリをダウンロードします。

ワンセグ視聴で一番困るのが、電池の減りが早くなってしまうことです。せっかくの良いタイミングの時にバッテリーが切れてしまうとくやしいものです。

こちらの製品ではそのような心配が無いように、充電しながらワンセグが見られるようにUSB接続ができるようになっています。

512yawzap+L._SL1000_

これであればサッカーや野球の試合が長引いた時でも、ゆっくり観戦を楽しむことができますね。

iPhoneでワンセグを見る方法

iPhoneでワンセグを見る方法には、主に2通りあります。こちらでは、それぞれの方法について説明しましょう。

どちらの方法も接続後、それぞれのパッケージに書いてある専用のアプリをダウンロードすることでテレビが見られるようになります。

アプリ単体では見られることはできませんので注意してください。

1.ワンセグチューナーで見る方法

こちらの方法は、iPhoneに小型のチューナーを装着することでテレビが見られるようにするものです。ライトニングコネクターにチューナーを装着するので、ライトニングコネクター型とも呼ばれる方法です。

機器を装着する分、手元がじゃまになるのですが、その代わりにwi-fi接続型(下記で説明)よりも地デジとのタイムラグが少ないのが特徴です。

ライトニングコネクター型チューナーには下記のような製品があります。

「ピクセラ iOS対応テレビチューナー PIX-DT350-PL1」

spec_photo1

こちらは、ワンセグよりも画質の良いフルセグ用の外付チューナーです。初のiOSに対応したフルセグチューナーとして話題になりました。

「1S-IPM110」

41CZGoiPsTL._SL1000_

「BUFFALO コンパクトワンセグチューナー 1S-IPM110」

こちらはフルセグよりもデータ量の少ないワンセグの外付チューナーです。画質はフルセグの十二分の一になってしまいますが、フルセグよりもつながりやすいことで人気です。

2.Wi-Fi接続型のワイヤレスワンセグチューナーで見る方法

「GV-SC500/AI」

41g4SoEXCNL._SX355_

「I-O DATA iPhone/Android対応 ワイヤレスワンセグチューナー GV-SC500/AI」

こちらの方法は、iPhoneにチューナーなどの機器を装着することなく、wi-fiを使ってテレビが見られるようにするものです。

iPhoneをwi-fiでワイヤレスワンセグチューナーにつなぐので、手元がじゃまになることが無いので無線型とも呼ばれる視聴方法です。

wi-fiでつないでいるので、ライトニングコネクター型のものよりも地デジとのタイムラグが大きいのが欠点です。

サッカー中継などを見ていると、他の人がゴールシーンで感動しているのに、ワンテンポ遅れてしまうというようなケースもあります。

iPhoneでワンセグを見れるようにしたらNHKの受信料払う必要あるの?

ワンセグでNHKを受信した場合、受信料を支払う義務があるのでしょうか?これについては裁判が行われています。ニュースでは「NHKワンセグ訴訟」とも呼ばれていた裁判です。

これは、NHK側がテレビを見ることができるワンセグ機能がついた携帯電話やスマホを持っているだけでNHKへの受信料を払う義務があると主張したことがきっかけでした。

これに対して、埼玉県朝霞市議の男性がさいたま地裁に異議を申し立てました。そして2016年8月26日にさいたま地裁の大野和明裁判長が、NHKに支払う義務は無いと判断を示したのです。

NHKはこの結果を不服として、現在でもNHKワンセグのページには「ワンセグ受信機も受信契約の対象です。」と記しています。

しかし、裁判の結果も重く受け止めており「ただし、ご家庭ですでに受信契約をいただいている場合には、新たにワンセグの受信機を購入されたとしてもあらためて受信契約をしていただく必要はありません。」とも記すなど、寛容な表現にとどめています。

そもそもiPhoneでワンセグが見れない仕様になっている理由

iPhoneは機械に弱い方でも、買ってすぐに説明書を見なくても感覚的に操作ができる優れたスマホです。その便利さが世界的にウケているわけです。

しかし日本人にとって不便なのが、1つはテレビが見られないこと、もう1つが防水ではないことです。

iPhone 7とiPhone 7 Plusになってようやく防水性能がつくようになりましたが、相変わらずテレビのほうは初期設定では標準装備されていません。

お風呂にゆっくりつかりながらサッカー中継や野球中継などのスポーツ見たいという方は多く、日本では需要もあります。

しかし、湯船にゆっくり入るという習慣は日本以外では珍しいので、海外では防水ならば良いのにと毎日感じる機会が少ないのです。

また、日本では現在地上波テレビでテレビ番組を見る人が多くいますが、諸外国ではケーブルテレビを録画して見たり、ネット回線を通じてオンデマンドで視聴したりするケースのほうが主流を占めています。

日本と海外の文化や生活の違いがあるので、iPhoneでワンセグが見られないようになっているのです。

スポンサードリンク









 - iPhoneエラー不具合