iPhone取説.com

iPhone買い取りでより高く売るための準備と注意点まとめ

      2017/05/31

ゲオやリサイクルショップ、ブックオフやヨドバシカメラなどの家電量販店などで、iPhoneを買い取ってくれます。キャリアに下取りしてもらうよりも、買い取ってもらうほうが高値になり、さらに現金で受け取りができます。

しかし、高値で買い取ってくれる条件として、傷や付属品なども厳しく査定されます。少しでも高価で買ってもらうための準備と注意点をまとめております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneの下取りと買取りは少し違う?

1.下取りのメリットデメリット

  • 下取り先は各キャリア・携帯会社
  • 機種代や通信料の割引
  • 下取り条件が緩め
  • 機種変更時に同時手続きができるので楽
  • 現金でもらうことはできない。割引やポイント還元のみ。
  • 契約している同じキャリアでしか対応していない
  • つまり、キャリアの乗り換えがしにくくなる

2.買い取りのメリットデメリット

  • すぐに現金を得られる
  • 対応が早く、手続きもスムーズで即日対応
  • 査定金額が比較的高い
  • 査定条件が厳しめ。傷や箱や付属品の有無で金額が大きく変動する
  • 買い取り対応店舗が少ないので、近所で買い取ってくれないかも。

iPhoneを買い取ってもらうための準備

iPhoneを下取りで買い取ってもらうためには、あらかじめこちらで準備しなければいけないことがあります。

1.SIMカードを抜き取る

SIMカードは必ず抜き取った状態で買取に出すようにしましょう。iPhoneの側面からsimカードを取り出すことができます。

購入時の箱のなかに、simカードを取り出す専用のピンがあるのでそれを使います。もしなければ、細くてかたい針金などあれば対応できます。

simカード

あなたの個人情報が詰まったsimカードなので、自分で取り出し、はさみで切り刻んで安全に処分しましょう。

2.ICアプリ系の情報をすべて削除

楽天EdyやICOCA、PASMO、クレジットカードの明細やプリペイド、デビットカードの管理アプリなど、重要な情報が登録されているアプリや連携をすべて解除しておきましょう。

アプリを消すだけでは、連携が解除されずに、再度アプリを入れると個人情報が復元される場合もあるので、ひとつひとつアプリをチェックして情報を徹底的に削除しましょう。

3.フル充電にしておく

店頭に行かずにネットショップ経由でiPhoneを買い取りに出す場合、発送中に電池が切れてしまうと、受け取り側は買取を受け付けてくれない場合もあります。

店頭であっても、iPhoneの状態をチェックするためにスタッフの人が操作することも考えられます。余裕をもってしっかり充電しておきましょう。

4.暗証番号を初期設定に戻しておく・解除しておく

iPhoneのロック画面を解除するための4桁or6桁の暗証番号を初期状態に戻しておくか、解除しておく必要があります。

古いiPhoneを売りたいけど、ロック画面のパスコードを忘れた場合は、iPhoneを初期化するしか方法はありません。

  • iPhoneのパスコード暗証番号を変更・初期設定に戻す方法

パソコンを使ってiPhoneの初期化をする必要があります。こちらのページを見て初期化の設定をしてください。

5.iPhone内のすべてのデータをバックアップ・削除

iPhoneを初期化し、工場出荷状態に戻した状態で買取に出す必要があります。そこでiPhoneのデータをバックアップ取っておきましょう。

バックアップを取る方法はこちらで解説しております。

6.アカウント情報の連携をすべて解除

iCloudの設定、LINEの設定、Twitterの設定、Facebookの設定、ゲームのデータ引継ぎ設定など、アプリごとにiPhone本体とデータがつながっていることがあるため、ひとつひとつアプリを起動し確認しておきましょう。

7.水没マークのチェック

水没したiPhoneは売ることができません。買い取ってくれません。買取に出す前に自分のiPhoneの水没マークを確認しておきましょう。

2016-12-02_16h53_26 2016-12-02_16h53_03

白いシールが貼られており、ピンク色になっていたら水没した証拠です。白なら買取できます。

8.付属品の準備

iPhone購入時の付属品はすべてそろっていますでしょうか?

  • イヤホン
  • 充電コンセント
  • 充電ケーブル
  • simを取り出すピン
  • 説明書
  • アップルステッカー

これだけそろっていれば大丈夫です。

9.ネットワーク利用制限の解除

そもそも、ネットワーク利用制限とは何か、ご説明しますね。

不正に入手された携帯電話機が「振り込め詐欺」などの犯罪に利用されることを防止する取組みとして、「ネットワーク利用制限」を実施しています。

◆ 「ネットワーク利用制限」とは

携帯電話機の固有番号(製造番号)を弊社システムに登録することにより、その携帯電話機を使用した通話(着信含む)・通信の利用を制限する機能です。

◆ 「ネットワーク利用制限」の対象となる携帯電話機

  • ドコモショップなどの販売店での窃盗(盗難)や詐欺などの犯罪行為により、不正に入手された携帯電話機
  • 本人確認書類偽造や申込書の記載内容(お名前、住所、生年月日など)に虚偽の申告が含まれているなど、不正な契約により入手された携帯電話機
  • ケータイ補償サービスにより、補償対象となった旧携帯電話機
  • 代金債務(立替払などに係る債務を含む)の履行がなされていない、またその恐れが高い携帯電話機
  • 一度ネットワーク利用制限を実施した携帯電話機の利用制限解除はいたしませんので、オークションや中古市場でご購入いただく場合は、ご注意ください。

引用源:http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php

つまり、盗難や窃盗、紛失したときに、第3者に悪用されないように、キャリアに連絡して制限をかけてもらうロックのことです。

このロックを解除しないまま売りに出しても取り扱ってくれません。そもそも制限がかかったままだと怪しいですね。盗んだiPhoneを売りに来ているかもしれません。

無事手元に届いたら、キャリアに連絡してロックを解除してもらいましょう。それができないと売ることはできません

10.「iPhoneを探す」をOFFにする

「iPhoneを探す」をオフにすることが買取の条件となります。もしONにした状態で買取をしてしまうと、買い取って誰かが購入したときに、個人情報が筒抜けになってしまいます。ストーカー被害のきっかけになる可能性もあります。セキュリティ対策として、売る前に必ずOFFに設定しておきましょう。

11.すべて確認したうえで、iPhoneを初期化する

念には念を、ということで、ひとつひとつの情報やデータを確認したうえで、最終的にiPhoneを初期化する設定をしましょう。これで工場出荷状態にできれば、買い取り準備完了です。いくらで買い取ってくれるか楽しみですね。

初期化ができない!アクティベーションって何?

iPhoneの操作ができないので、iPhoneの初期化ができずに困っている場合、こちらのページに書いてある強制初期化を試してみてください。

あと、初期化中にアクティベートを求められた場合は、これもまた設定が必要になるため、こちらのページを一度ご確認ください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク