LINE IDの検索ができなくなった!検索できない原因と対処法

更新日:2017/02/04[LINE]




スポンサーリンク

スマートフォンで無料の音声通話ができたり、無料メッセージを送受信できるのが、便利なLINEアプリ。

LINEで友達を追加するには色々と方法がありますが、インターネット上で知りあったなど、面識のない人以外でも友だち追加できる便利な機能にID検索があります。

しかし、IDを聞いて何度も入力しても検索できない事があります。なぜ検索が出来ないか原因や対策方法について考えみました。

スポンサーリンク

LINE IDの検索ができなくなった!検索できない原因と対処法

IDの検索ができない考えられるいくつかの原因

  1. 自分が年齢認証をしていない
  2. 相手が18歳未満である
  3. 相手が年齢認証を済ませていない
  4. 「IDで友だちの追加のオプション」をオフにしている
  5. ID検索制限がかかっている状態である

ID検索ができない対処法

  1. 相手が年齢認証をしているか確認する
  2. 相手のID検索許可をオンになっているかを確認する
  3. 電話番号を教えてもらう
  4. ID検索制限が解除されるのを待つ
  5. QRコードを使う
  6. ふるふる機能を使う

ID検索には18歳以上でも年齢認証しないと、全ユーザーがID検索を利用することができません。スマートフォンからのID検索には年齢認証が必須となってきます。

年齢認証には3大キャリア(docomo・au・Softbank)の年齢判定機能を使うため最近使う人が多くなってきている格安SIMなどは年齢認証ができません。

LINE ID検索の制限回数は何回?制限がかかったら解除できる

何度がID検索をかけて間違えたり、検索できなかったりすると「既定の検索回数を超過しました。一時的にID検索機能をご利用いただけません」と、画面にでてきます。

lineID制限

LINE ID検索にはインターネット上で面識がなくても、ID交換することで友だちになれるという気軽さがあるかわりに、業者や第三者によってイタズラや犯罪に使われ悪用される事件が多くなってきています。

それを予防するためにID検索にはある規定によって検索制限がかかります。

何分に何回、一日何回までなど細かい規定は公開されてはいませんが、ID検索を一定回数以上、短時間での頻繁な検索や間違いなどをするとID検索が一時的に出来なくなります。

一度制限がかかると、1時間程ID検索ができなくなってしまいます。

なので、もう一度IDを確認して、少し待ってみましょう。

制限回数を回避して気にせず検索する方法

ID検索では年齢制限や検索制限などがありますが、他の方法であれば制限がないものもあるので制限回数を気にせず短時間で多くの人と友だちを追加することができます。

年齢認証している場合は、電話番号で検索することができますが、電話番号検索も過度な検索をかけると制限がかかってしまいますので要注意です。

年齢認証をしていなくてもユーザーID以外での友だち追加をする方法には

1,ふるふる機能を使う方法

ふるふる機能の場合、GPS(位置情報サービス)を利用するのであらかじめスマートフォンの位置情報機能をオンにしておいてください。

電波が悪かったり、範囲が広過ぎるととうまく機能しないので注意してください。

2,QRコードをQRコードリーダーで読み取ったり読み取ってもらう方法

QRコードタップすると、QRコードリーダーの画面になるので、相手のQRコードを読み取ってもいいですし、「自分のQRコードを表示」をタップして表示することで、相手に読み取ってもらう事もできます。

3,友達追加のURLやQRコードをメールで送信する方法

追加したい友達にURLやQRコードをメールで送ることで追加できる方法もあります。送ったURLをクリックしてもらったり、QRコードを読みこんでもらうと追加できます。

この方法なら、制限を気にせず多く友達と登録できます。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク


コメントを残す

このページの先頭へ