iPhone取説.com

iPhoneのLINE Keepとは?使い方と活用方法など

      2016/11/29

今回は「iPhoneのLINE Keepとは?使い方と活用方法など」についてご紹介します。

LINEのバージョン5.3.0で実装されたLINE Keepという機能をご存じですか?

このLINE Keepは無料のオンラインストレージ機能で、テキストや写真、動画、ボイスメッセージにWordやExcelまで、様々なデータを保存出来ます。

iCloudのLINE版といった感じですね。

使い方を覚えれば非常に便利な機能なので、ぜひ活用して見ましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Keepの保存方法

例としてトーク内容を保存して見ましょう。

メッセージはどんどん流れていってしまうので、確認したいメッセージがどこにいったのか分からなくなってしまうこともありますよね。

前に行きたいと思っていたお店の住所を教えてもらったけど、どこにいったっけ?

とならないように覚えておきたいメッセージをLINE Keepに保存してみましょう。

保存したいメッセージを長押しすると、Keepという項目が現れます。

こちらをタップすることで、Keepに保存することが出来ます。

LINEKeep長押し保存

写真も同様に長押しすることでKeepに保存出来ます。

LINE Keepの確認方法

LINE Keepに保存したファイルの確認方法は、友達の一覧から一番上にある自分をタップして、プロフィールを表示しましょう。

するとKeepという項目が表示されていると思います。

そちらをタップするとKeepに保存されているファイルを確認出来ます。

LINEKeep

Keepの画面にいくと、右上の+ボタンを押せばそのままテキストを保存することも可能ですし、

写真もカメラロールから保存することが出来ます。

また右上の・・・をタップすれば、Keepに保存しているファイルをトークに送信出来たり、ファイルの削除、使用中の容量の確認などを行えます。

LINEkeep設定

トーク中にKeepに保存しているファイルを相手にすぐ送りたい場合は、文字入力欄の左にある+をタップすれば、Keepという項目があるので保存しているファイルをすぐ送信することが出来ます。

LINEkeepトーク

Keepに保存しているファイルを見られることはある?

友達に通知が届くことも、誰かに見られることもないので安心して下さい。

どれくらいの容量があってどれだけの期間保存しておけるの?

Keepの保存容量は1Gです。無料なのに割とありますね。保存期間は無期限です。

しかし1ファイルが50MBを超えるファイルは、30日間しか保存しておくことが出来ないので注意して下さい。

まとめ:LINE Keepを使って便利にファイルを保存

LINE Keepは簡単にファイルを保存出来るので、使い方を覚えればLINEがもっと便利になりますよ。

写真を保存したり、ちょっとしたメモ代わりにしたり、流れて欲しくないトーク内容などを保存したりと、色々活用してみて下さいね。

LINE用のファイル保管場所としてうまく使ってみて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク