iPhone取説.com

iPhoneのLINEでふるふるに必要な位置情報の設定方法

      2016/11/29

今回は「iPhoneのLINEでふるふるに必要な位置情報の設定方法」についてうご紹介します。

LINEの連絡先の交換はふるふるが非常に便利ですよね。文字入力などすることもなく、簡単に交換することが出来ます。

ふるふる使ってみたいんだけど、位置情報を確認して下さいと表示されて使えない

なんてことに困ったことはありませんか?位置情報を設定しておけば、現在地を送るときにも便利なのでぜひ設定して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE位置情報の設定

設定→プライバシー→位置情報サービス、へと進みます。

位置情報サービスがオフなっている場合はオンにし、一覧に表示されているLINEの位置情報もオンにしましょう。

LINE位置情報

これで位置情報がオンになったので、ふるふるで連絡先を交換出来るようになりました。

現在地、集合場所などを分かり易く共有

位置情報をオンにすれば現在地を知らせる時や、集合場所を設定するときなどLINEを使って簡単に共有できます。

LINEのトーク画面で左下の+ボタンをタップ。

すると項目の中に位置情報というのがあるのでそちらをタップ。

LINE位置情報2

あとはマップが表示されて、共有したい場所を画面の中央に合わせてこの位置を送信をタップすれば、マップを共有出来ます。

現在地が分からなくなってしまったら、右下の矢印を押せばすぐ現在地に戻ります。

まとめ:LINEの位置情報をオンにしてふるふるやMAP共有をしよう

以上がLINEの位置情報をオンにする手順です。

ふるふるはお手軽に連絡先を交換出来ますし、MAP共有は集合場所の指定はもちろん、おすすめのお店を教える時などにも活用出来ますね。

位置情報は電池を消耗してしまうイメージもありますが、LINEの位置情報はアプリ使用中のみオンなのでそこまで電池の心配をする必要もありませんよ。

ぜひ位置情報をオンにしてLINEをもっと便利に使いこなしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク