LINEブロック解除する方法・解除したら友達に通知される?どうなる?

更新日:2017/02/04[LINE]




スポンサーリンク

「ケンカをした勢いで友達のLINEをブロックしたけど仲直りしたしブロック解除したいんだけどどうしたら?」

「ブロックを解除したら友達にその通知が行って、ブロックしていたことがバレるの?」

上記のような経験が実は私にはありました。ついその場の気分や勢いでブロックしてしまう、なんてこともありますよね。でもよく考えてみるとどうしても連絡をとらないといけない・・・となって困ってしまうことも。

LINEのブロックを解除するにはどうしたらいいのでしょうか。またブロックを解除すると友達に通知が行くのか、どうなってしまうのかをご紹介いたします。

スポンサーリンク

1. 友達のLINEアカウントのブロックを解除する方法と手順

まずはブロックしてしまった友達をどうしたらまた連絡がとれるようになるのか、ブロックの解除にはいくつか方法がありますのでご紹介します。

1.ブロックした相手のトーク画面から解除する

相手とのトーク画面のドロップダウンで解除するブロックを解除したい相手のトークルームを開き、右上にあるVをタップします。項目が出てきますので、「ブロック解除」をタップすると解除されます。

ブロックするとトークルームの画面の上部に「追加」「ブロック解除」「通報」というメニューが表示されることがあります。

ここで「追加」「ブロック解除」どちらかを選ぶとブロックを解除することができます。iPhoneですとこの方法で解除するには相手をブロックリストから削除しておく必要があります。

ブロックリストからの削除方法は、LINEで「その他」→「友だち」→「ブロックリスト」を表示し、削除したい友達の名前の右にある「編集」をタップして「削除」で行うことができます。(ここまでくると、下記にご紹介する②の方法を利用した方が早いです!)

解除したい相手とのトークルームで、丸く表示されている写真や画像などの相手のアイコンをタップすると画面に大きくあいての情報が表示されますので、左下に出てくる「ブロック解除」を選択しますと解除することができます。

この方法は、個人同士のトークだけでなくグループでのトークでも行えますのでご活用ください。

2.ブロックリストから解除

LINEの「その他」→「友だち」→「ブロックリスト」を表示します。ブロックしている友達のリストが出てきますので、ブロックを解除したい相手の名前の右側にある「編集」をタップし、「ブロック解除」を選択すると、ブロックを解除することができます。

これで、勢いでブロックしてしまった友達のブロックを解除し、再度連絡がとれるようになります!

方法がわかれば、あとはやるだけ!と行きたいところですが、解除することで相手にブロックしていたことがバレてしまったり、何かが起こったりするの?

という心配があるかと思いますので、次の項目では解除すると相手にどう見えるのか、バレることはないのかをご案内します。

2. ブロック解除すると相手はどう見える?解除するとどうなる?友達にバレずに解除できるのか?

こちらの問題の結論から言いますと、ブロックを解除しても「ブロックを解除されました」というような通知は、相手には行きません!

これで解除するのも一安心ですね。

しかし、その後の変化に気をつけないと「おや?」と相手に思われるかもしれませんのでご注意いただきたい点を以下ご紹介いたします。

  • ブロック期間中のブロックした相手からのメッセージは、解除後も既読にはならない。
  • ホームでブロック期間中のブロックした側の投稿は、解除後もされた側には表示されない。
  • ブロック解除後は、ゲーム内のアイテム等のやりとりも復活する。

これらが小さな変化ではありますが、ブロックを解除すると起こることです。

トークルームを削除するなどして全く新しくしてしまて、過去の既読のつかないメッセージを消してしまったり、ブロック期間中のタイムラインの話などに気を付けたりと、とにかくいろんなところに気を付けましょう!!

3. ブロック中に送信したメッセージはブロック解除したら友達に送信される?

では、ブロック中にブロックしていた相手に送信していたメッセージの行方はどうなるのでしょうか。

削除しておかないと、解除した途端に送信になってしまって、そこから解除がばれてしまう?届かないと思って文句を送りまくっていたけど、またケンカになってしまう?

こちらは、ブロック解除後にも相手に送信されてしまうことはありません!

ブロックをした側から送ったメッセージが送信されなくて、こちらも一安心ですが、ブロック期間中に相手から送られてきていたメッセージも確認することはできません。

これを把握しておかないと、解除した後のメッセージのやりとりが「何かおかしい・・・」ともなり得ますのでご注意ください。

相手がいくら一生懸命、弁解のメッセージなどを送ってきていても、自分のLINEでは確認することができませんので、もう一度送ってもらうか、相手に見せてもらうしかありません。

4. ブロックを解除しても友達のアカウントが無い場合はどうすればいい?再度友達申請する必要があります。

せっかくブロックを解除して、友達にメッセージを送ろうと思っても、「あれ、名前が見つからない・・・」といったことがたまに起こり得ます。

これはブロックリストから「削除」をしてしまうと起きてしまい、再度友達申請をする必要があります

(「削除」する前にトークルームを作成しておくと、上記でご紹介いたしましたブロック解除方法のiPhoneでの解除方法を行っても友達のアカウントが消えてしまうことはありませんのでご確認ください!)

もしも誤って削除してしまった際にはどうしたらいいのでしょうか。

正直に相手に伝え、再度友達になるところからやり直しましょう。LINEで友達になる方法は、何通りかありますのでこちらもご紹介しておきます。

①「電話番号検索」で追加する

LINEの「その他」→「友だち追加」→「ID/電話番号」を選択し、「ID」と「電話番号」とで選択できますので、ここで「電話番号」を選択し、相手の電話番号を検索しましょう。

②「ID検索」で追加する

上記の①と途中までは同じです。「ID/電話番号」を選択し、「ID」「電話番号」の選択で、「ID」を選択して相手のIDを入力して検索しましょう。

③「QRコード」で追加する

LINEから「その他」→「友だちを追加」→「QRコード」を選択します。QRコードリーダー起動しますので、友達を追加する側(アカウントを消してしまった側)はこれで相手のQRコードを読み取ることで友達になることができます。

一方、追加される側はQRコードリーダーの画面の右下に表示される「自分のQRコード」を選択するとQRコードが表示されますので、これを相手に読み込んでもらうと友達に追加してもらうことができます。

④「ふるふる」で追加する

LINEを起動する前に、スマホの「設定」等から「位置情報」をオンにしておきます。この「ふるふる」は位置情報を元に情報を交換しますので、この操作が必要です。その後、LINEから「その他」→「友だち追加」→「ふるふる」を選択します。

そして、友達になりたい相手と一緒にスマホを”ふるふる”すると友達になることができます。

⑤「URLを共有」で追加する

自分を友達として追加してもらうためのURLを作成します。LINEから「その他」→「友だち追加」→「招待」を選択します。「SMS」「Email」が表示されますので、URLを送りたい方法を選択します。

友達になりたい相手を選択して「招待」をタップすると、相手にURLが送信できます。この方法は、LINE以外の連絡先を知っておく必要がありますのでご注意ください。

上記がLINEで再びやりとりができるようになる方法ですが、これですと削除してしまった相手に確実に迷惑がかかってしまいます。

せっかく仲直りしたのにまたケンカの火種になてしまう可能性もありますよね・・・。そんなときに、直接相手に手間をとらせずに、再び友達になれる方法もありますのでご紹介します。

⑥「連絡先」で追加する

共通の友達がいる場合に可能な方法です。共通の友達に、友達になりたい人を紹介してもらうといった形です。紹介してもらうには、共通の友達にトークで友達になりたい人の情報を送ってもらいます。

共通の友達に自分とのトークルームを開いてもらい、画面左下にある「+」をタップします。開いたメニューに「連絡先」があるのでそれを選択します。友達になりたい相手を選択し、右上の「OK」をタップすると情報が送られてきますのでそこから友達になることができます。

⑦「グループのメンバーリスト」で追加する

削除してしまった友達と同じグループに入っていると可能な方法です。LINEから「友だち」で、友達になりたい人と入っているグループをタップします。

グループ名の下に、メンバーのアイコンが表示されますのでタップします。するとメンバー一覧が出てきますので、ここから友達になりたい人を選択し、「追加」で友達になることができます。

ちょっと条件はありますが、この2つの方法だと直接相手に迷惑をかけることなく友達に戻って再び連絡を取ることができるようになります。

最後に

以上、LINEのブロックを解除の方法と解除するとどうなってしまうのかをご紹介しました。

ご覧になっていただいてお気付きかとは思いますが、友達をブロックしてしまうのはかなりのリスクがありますし、手間もかかります!関係の修復も大変になってしまうことがありますので勢いでブロックしてしまおうと思ったときには、一度冷静になってその後のことを考えてみてくださいね!


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ