LINEトークでメッセージ送信エラーした時の原因と対処法

更新日:2017/01/24[LINE]




スポンサーリンク

LINEでメッセージの送信に失敗してしまうと、何が原因だったか気になります。

送ることができなかったメッセージの横に「!」のマークがついたままで、いつまで経っても消えてくれないし、一度だけでなく、二度も三度も送信エラーが繰り返されると、もしかしたら相手にブロックされているのではないかと勘ぐってしまいかねません。

相手のせいではなくて、LINEのアプリのほうに原因があったり、通信状態のトラブルが原因なのに、相手が自分をブロックしたのではないかと疑ってしまうのは悲しいですよね。

メッセージの送信に失敗した理由がわからないと、友情や愛情にヒビが入りかねません。その一方で、自分ではメッセージが送れなかったと思っていても、相手に届いていることもあります。

今回は、なかなか理由がわかりにくいLINEの送信エラーの原因と対処法について調べてみました。

スポンサーリンク

1 LINEの送信エラーの原因

1)LINEが作業量を一時的に処理しきれなかった

トークの量が多すぎると、LINEアプリが処理しきれずにエラーになってしまう場合があります。

メッセージの左の矢印がずっとぐるぐるしていたら、LINEアプリがアップアップ状態で処理できずに困っている状態を示しているのです。

ぐるぐるのコピー

その他にも、ついつい話に夢中で弾丸トーク状態でメッセージを送っていたら、ビックリマークが出て来ることはないでしょうか。

ビックリマークのコピー

「!」のマークが出てきた時は、送信できなかったというマークなので、ちょっとクールダウンしてからメッセージを送ると良いかもしれません。

しかし、そんなにトークもしていないし、画像も送っていないのに送信エラーが起きる場合もあります。

正常に処理_小

最近LINEだけでなく、スマホ自体の動きが何だかもったりと重くなってきた、と感じていたら急にLINEの送信エラーが出るようになったというケースもあるのです。

2)回線の状態が良くない

ダウンロード

LINEでメッセージ送信に失敗する理由の1つに、通信状態が良くないことが考えられます。

例えば電車の中でLINEを使っている時に、電車がトンネルや地下に入った時などは一時的に回線が途切れたりします。

wi-fiが使えると書かれている施設の中でも、場所によってwi-fiが届きやすいところと届きにくいところがあります。

建物の中のwi-fiの中継器から、少し遠くなってしまったり、壁1つ隔ててしまうと通信状況も悪くなってしまうのです。

家の中でwi-fiを使えるようにしている場合、同じ部屋でも、窓を閉めている時と開けている時とでは電波状態が違ってきます。

窓を開けることの多い夏と、窓を閉め切っている冬とでは回線状態が異なりますから、引っ越して一年目などは要注意です。

3)LINE側に問題がある

LINEのサーバーに問題が発生した場合に、メッセージが送れないことがあります。

LINEのサーバーは、日本、韓国、アメリカに設置されています。

日本国内だけでもサーバーが設置してある場所は十箇所以上あるので、住んでいる地域によってメッセージが送信できたりできなかったりとバラつきがあります。

自分が今いる場所に障害がおきているかどうか、見ることができるマップもあります。

(ダウンディテクター http://downdetector.jp/shougai/line/mappu/

マップをどんどん拡大していくと障害が起こっている地域が色の濃さでわかるようになっているので、便利です。

そして、LINEは頻繁に最新状態に更新しているアプリなので、バグによってエラーが発生することもあります。

そのような時はTwitterやgoogleで検索して、自分と同じエラー状態が報告されていないかチェックしてみましょう。

もし同じ状態の人がいれば、解決方法が書いてあるかもしれませんし、LINE側が次のアプリの更新で修正する可能性があります。

4)実は送信できていた

自分では送信ミスだと思っていたら、後から友達からちゃんと返事が来ていたということはありませんか?

自分のメッセージの左側に、ななめ左上をさす矢印や、ぐるぐるしている矢印が表示されてメッセージが送信できないと思っていたのに、なぜか送信されていたというケースもあります。

両やじるし

どこまでが送信に成功しているメッセージなのかわからないと、会話もチグハグになってしまいますね。

LINEで写真を送ろうと思っていたけれど、送れないからわざわざメールに切り替えて送った経験がある方も多いでしょう。

そこまでしたのに、後からLINEでもきちんと送信できていたのがわかると何だか力が抜けてしまいますよね。

自分のLINEが今どのような状態なのか、LINEが表示する矢印などのマークで知ることができるので、あわてずに表示を見逃さないようにしましょう。

以下の項目で、このマークについてもご説明していきます。

2 LINEの送信エラーの対処法

1)通信状態の良い場所でメッセージを送信する

送信エラーの主な原因に、回線状態が良くなかったことが考えられます。

送信エラー以外にも、さまざまなLINEのエラーの原因の多くに電波状態の悪さがあげられます。

送信だけでなく、

  • 「しばらく経ってから、また試してください」
  • 「正常に処理できませんでした」

といったエラーメッセージがあらわれるのも、通信状態が原因なことが多いようです。

wi-fiを使用している場合は、wi-fiから一旦モバイルデータ通信3G、4G、LTEにして、再びwi-fiに接続し直してみるなど、通信方法を切り替えてみましょう。

移動中に地域のフリーwi-fiを使用している場合は、エリアから遠くなってしまい回線が途切れていることもあります。

スマホの接続の設定を開いて、現在自分がいる場所で一番良い状態のwi-fiを接続し直してみましょう。

受信できるけど送信できない

友達からのメッセージはちゃんと来るのに、自分のメッセージが送られていないケースの多くは、回線状態に問題があります。

電車が地下に入っている時だったり、窓の無い部屋に移動している時だったり、あるいはwi-fiの調子が良くなかったりと、自分の通信状態が不安定だったり、つながりが良くなかったりすると送信できなくなってしまいます。

wi-fiが遅いようであったらモバイルデータ通信3G、4G、LTEに切り替えてみるなど、安定した通信状態に切り替えてみましょう。

この場合とは反対に、自分のメッセージは送信できているけれども、相手からメッセージが返ってきにくい場合もあるでしょう。

自分のメッセージは順調に相手に届いているようなのに、相手からの返事が返ってくるタイミングがバラバラだったり、遅かったりする場合です。

これは、自分の通信状態は良いけれども、相手の通信状態が悪いケースが考えられます。

2)LINEアプリやスマホを再起動する

電波の状態が良くない場所で写真を送ろうとしたり、トークの量が多くたまってしまったりすると、一時的にアプリが処理できなくてフリーズしてしまうことがあります。

これは一時的に処理しきれなかっただけなので、アプリやスマホを一旦再起動しなおせば元に戻ります。電波状態の良い場所でLINEを起動しなおしてみましょう。

スマホのホームボタンを押して、再びLINEのアイコンをタップすると再起動できているように勘違いしている人が多いのですが、この方法ではLINEはバックグラウンドで動いていて終了していないので、再起動はできていません。

iPhoneの場合もAndroidの場合も、LINEを含めた今使用しているアプリの一覧を出して、その中からLINEアプリを上のスワイプすれば終了になります。

そして、もう一度LINEのアイコンをタップすれば再起動になります。

3)データを軽くする

LINEアプリでは、トーク履歴がたまりすぎてしまうとエラーが発生する場合があります。

スマホはROMというデータをためておく場所があるのですが、そこが満杯に近くなってくるとさまざまなエラーが出やすくなるのです。

スマホ本体にたまっている写真をパソコンに移したり、いらなくなったアプリを消去することをおすすめします。

また、LINEアプリ内の写真を、パソコンやクラウドなど他の場所に移動させるだけでも軽さがだいぶ変わってきます。

データが満杯になってしまう手前でもエラーの原因となることが多いので、例えば「日曜の夜はトーク履歴を削除する」というように定期的にデータの量を軽くするように自分の中で習慣づけると良いでしょう。

とは言っても、トークの履歴を削除したことが、相手に伝わってしまうかどうかが不安になりますよね。

LINEのアカウントを削除した時には「◯◯が退出しました」というメッセージが相手に届きます。

しかし、LINEのトーク履歴を削除しても、相手には削除したかどうかは通知されません。

他の人に自分の見せたくないLINEメッセージを見られないようにするためにも、万が一に備えてLINEのトーク履歴の削除は一度やってみることをおすすめします。

4)LINEのバージョンを最新にする

LINEは世界で6億人が使っているアプリです。日本だけでも6800万人が使用しています。(参照元:http://ad-center.line.me/mediaguide/

もはやライフラインの1つとなったLINEですが、セキュリティーを守るために頻繁に改良されています。

そのため、LINEは最新バージョンを使用していないと、メッセージが送れない場合があります。

自分が今、LINEの最新バージョンを使っているかどうか確かめる方法は、LINEの「その他」の画面の左上にある設定のマークをタップします。

設定はココで

すると設定の項目があらわれるので、一番下までスクロールして「LINEについて」を開きます。

ここでバージョンチェック

「LINEについて」をタップするとバージョンについての画面が開かれるので、現在のバージョンと最新バージョンが同じがチェックしてください。

LINEのバージョンチェック

いつも最新バージョンにしておくには、スマートホンのアプリ設定で、自動更新されるようにしておきましょう。

自動更新設定はスマホによって違いますがiPhoneの場合は「設定」からLINEの項目をタップし、「Appのバックグラウンド…」を開くと設定できます。

Androidの場合は「設定」から「アプリ」に該当する項目を開いて「ネットワーク通信を行うアプリ」と書かれている項目を開くと設定できます。

5)メッセージを再送してみる

メッセージが送信できない時は、メッセージの横に「!」マークががつきます。

ビックリマークが

画面にいつまでも「!」がついたメッセージあると気になってしまいますよね。

送信できなかった「!」マークのついたメッセージは、「!」を押せば削除するか再送するか、選べるようになっているのです。

長いメッセージだと打ち直すのも面倒なので、すでに打ったメッセージを再送するシステムを上手に使うと良いでしょう。

一度送れなくても、通信状態が良い場所で再送信すると送れる場合もありますから、あきらめずにリトライしてください。

また、通信環境に比べて画像が重すぎる場合でも画像に「!」マークがつくことがあります。

画像を削除したくてもLINEアプリに反応が無い場合は、アプリを再起動させたり、スマホ本体を再起動させてみましょう。

画像が表示されなくなるか、もしくは相手側にきちんと送れています。

実は再送できていたケース

失敗かと思っていたら、しばらくしてもう一度見たらきちんと送信されていたというケースもあります。

これはLINE側で自動で再送信してくれているのです。

自動再送信中のマークがこちらです。

謎の矢印があらわれた

LINEの設定で、「その他>設定>トーク・通話」で「自動再送」という設定をオンにしておくと、メッセージが送れなかった時に再送信してくれます。便利な機能なので、ぜひ活用してみてください。

LINEでは、相手にブロックされていても、メッセージは普通に送信できるようになっています。送信できなくて「!」が出ても、悪いのは回線だったり、アプリやスマホの不具合によるものなので、相手との愛情や友情に対して不安にならないでくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す

このページの先頭へ