動く壁紙?iPhone6sの新機能Live Photosとは?

更新日:2016/12/27[iPhone便利ツール・アプリ]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「動く壁紙?iPhone6sの新機能Live Photosとは」についてご紹介します。

iPhone6sから搭載された「Live Photos」は動く写真を取ることができます。

Live Photosをオンにして写真を撮影すると、撮った写真を押し込むことによって写真が動き出します。

この動く写真は、壁紙にすることもできます。では撮影方法から、壁紙の設定まで紹介したいと思います。どんな写真が撮れるのかも一緒に紹介しますね。

スポンサーリンク

Live Photosで撮った写真はこんな感じ

このように短い動画になります。

撮影時間はボタンをタップする前後1,5秒を撮影することが出来ます。

シャッターチャンスを逃さないようになんとボタンをタップする前から映像を記録しているんですね。

上の映像はネットにUPするために少し編集を加えているので、音声が入っていませんが、実際は音声も一緒に録音されます。

Live Photosを撮るには?

カメラを起動したときに、上の丸いマークが黄色になっていればLive Photosがオンになってる証です。

livephotos

マークをタップすれば、オンオフの切り替えができますよ。撮影が完了したら、写真を押し込むことで再生することが出来ます。

Live Photosを壁紙に設定

壁紙に設定するには撮影した写真の左下をタップして

livephoto2

次の画面で右下にある壁紙に設定を押せばすぐ取った写真を壁紙に設定すること出来ます。

livephoto3

または、「設定→壁紙」から選ぶことも可能ですよ。

容量に注意!

Live Photosは普通に撮影した時と比べて2倍近いデータ量になります。

ついつい撮り過ぎて気付けば容量がいっぱいなんてことにならないよう注意しましょうね。

まとめ:ペットや子供の動く写真を壁紙に出来る

新機能「Live Photos」は非常におもしろい機能ですね。一風変わった思い出の保存方法になりそうです。

可愛いペットの写真や愛する子供の写真などを、このLive Photosで撮影して壁紙に設定しておけば、どこにいても癒されること間違いなしですよ。

動く写真を撮って周囲の人に自慢しちゃいましょう。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ