iPhoneの低電力モードの効果は?駆動時間と処理能力に影響

更新日:2016/11/29[iPhoneの取説(トリセツ)]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneの低電力モードの効果は?駆動時間と処理能力に影響」についてご紹介します。

iOS9から新機能「低電力モード」が登場しました。

低電力モードは充電が切れそうな場合に少しでも長くiPhoneを起動しておくための機能です。

ではその効果と制限される機能について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

低電力モードで制限されること

低電力モードの説明には、

iPhoneを完全に充電できるまで電力消費が一時的に抑えられます。これをオンにすると、メールの取得、Hey Siri、Appのバックグラウンド更新、自動ダウンロード、および一部のビジュアルエフェクトか削除されるか、オフになります。

とあります。

メールの取得はSoftBankの場合@i.softbank.jpはメールアプリを起動しないと取得されず、@softbank.ne.jpは通常通り受信もされ通知もあります。

LINEは受信も通知もされます。

Hey Siriは起動しなくなり、Appのバックグラウンド更新も行われなくなります。

ビジュアルエフェクトは視覚効果をオフにしているならばあまり変化はないようですね。

低電力モードの効果について

通常通り1日使った場合低電力モードで1日使った場合で検証した結果、3時間~4時間程度電池が長持ちするというデータが出ています。

iOS9はバッテリーも向上され、充電までの時間が1時間延びると公言しているので

低電力モードも活用すれば充電がもたない!という状況は減るかも知れませんね。

私はiPhone6sに変えてから充電がもたないと感じたことはあまりないので、公言通り電池の持ちは良くなっているように思います。

処理能力が少し落ちる

電力の消費を抑えるためCPUの回転数が落ちて低電力モード中は少し挙動が重くなるようです。

常時オンにするには少し不便がありそうですね。あくまで電池がもたない場合に使うと良いでしょう。

低電力モードをオンにするには

iPhoneの充電が20%を切った際に低電力モードに切り替えますか?と案内がでるので、はいを押せば低電力モードに切り替わります。

低電力モードを使うのはそのタイミングが良いと思います。

低電力モードはバッテリーのアイコンが黄色に変わるので一目で分かり易いですよ。

低電力モード

手動で切り替える場合は、「設定→バッテリー」から低電力モードをオンに出来ます。

オフにする場合は手動でも可能ですが、充電が80%以上になれば自動でオフにしてくれるので切り忘れる心配もありませんよ。

まとめ:iPhoneの低電力モードは旅行などに活用すると効果的

iPhoneは以前と比べて電池の持ちもかなり向上しましたよね。

それに踏まえて低電力モードも搭載されたことから、使いすぎた日でも1日電池がもたないということもかなり減ると思います。

旅行などに行くときはiPhoneで写真を撮ることが多いですよね。

充電する機会はホテルや旅館しかないので、低電力モードをオンにして写真を撮影する電池を確保するような使い方が良いかと思います。

電池がなくなると困る場合に活用してみて下さいね。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ