iPhone取説.com

充電しても電池マーク出てきてiPhoneの電源入らない!原因は何?

   

日常生活でもはや自分の一部のようになっている必需品、iPhone。

もしも突然、「電源がつかない!」となってしまったら、とても困ってしまいます。

そのような場合にも冷静に対処できるように、電源がつかなくなったときの原因や対処法をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いくら充電しても電池マークがでてきてiPhoneの電源がつかない!何が原因なのか?

それではさっそく見ていきます。「電源を入れたのになかなか起動しなくておかしいな?」と感じたことはあるでしょうか。電源がつかない原因はとても単純なところにありました。

1.起動できるだけの充電がない

私の場合、電源がつかない時はいつも充電不足によるものでした。電池残量が0%になって電源が落ちてしまうまで使い切ってから充電をしていたため、その後すぐに充電をしたとしても起動できるための電池が溜まっていなかったようです。そのような時にいくら起動させようとしてみても電池マークが見えるだけで電源がつくことはありません。

2.経年劣化

長年使っているとガタがきてしまうのは仕方のないことです。もしかしたらその端末は寿命を迎えているのかもしれません。

3.メモリ不足による不具合

動作が重かったりアプリの不具合が起きたりするのと同様に、メモリ容量を使いすぎている、不要なメモリが溜まりすぎていることによってシステムも不安定になってきます。アプリや写真や動画、書類など、パンパンに詰め込んでしまうとiPhoneも窮屈です。

メモリの容量を意識して定期的に整理をすることが肝要になります!

4.ハードウェアの故障

単純にハードウェアの故障というケースも考えられます。端末自体、もしくはボタンが反応しなくなっているだけかも?!

なにしろiPhoneの操作はほぼすべてがホームボタンひとつに委ねられていますから、はてしない回数をプッシュされていそうです。(それでもなかなか壊れないのはすごいことですね。さりげなくいつも感心しています。)

購入してから1年以内であれば、ほとんどの場合、無償で端末を交換してくれるそうです。また修理代金がかかってしまう場合でも、AppleCare+という保険のようなものに加入しておくことで高額な修理費が、ぐっと安くなります。

 

iPhoneの電源がつかない時の対処法

1.まず充分に充電してみる

一番最初に試してみるべき対処法は、充電することです。もしかしたら電池が足りていなかっただけだという理由かもしれないので、まずは一番単純で手軽な方法から攻めてみましょう。

なお、経年劣化と同じように、電池にも寿命があります。残量表示としては「100%」なのに、実際は50%以下の容量しか充電できなくなっているということもあるでしょう。

ハードディスク的にも電池的にもそろそろ限界かな?と感じてきたら、思い切って新しい機種に変更してしまいましょう。

ちなみにiPhoneの新機種が発表されるのは大体2年おきになっていますし、各携帯電話会社が行なっている機種代金やその他の割引適用についても2年契約・更新が主流ですので、長い目で見れば2年ごとに新しくすることがお得かもしれません。

2.リセットをする

「リセット」「再起動」と言ってもいいかもしれませんが、強制的に電源を落としてまたつけなおすという作業になります。

「電源ボタン」と「ホームボタン」を同時に長押ししましょう。やがてアップルのマークが表示されて起動できていれば問題ありません。

(iPhone7については、電源ボタンの代わりに「ボリュームの−(マイナス)ボタン」と「ホームボタン」を同時に長押しするように設定が変わっているようです。)

このリセットは、動作が遅い時やフリーズ・不具合を起こした時にも有効です!

3.復元(初期化)をする

こちらの対処法については慎重に行う必要があります。要はiPhoneを購入時の状態に戻すということなので、個人のデータや設定がすべてまっさらになってしまうのです。このような操作に慣れていない方はAppleStoreにまず相談する方が安心かもしれません。

具体的にはどのような手順かというと、

  1. PCのiTunesを開く
  2. USBケーブルでiPhoneを接続する
  3. iPhoneのホームボタンを長押しする
  4. iTunesの画面に”リカバリーモードのiPhoneが検出されました”という表示とiPhoneの画面にiTunesのアイコンが表示がでてきたら、長押しを離す
  5. ”アップデートまたは復元を必要としているiPhoneに問題があります”と表示がでるので、「復元」を選択する
  6. ”お使いのiPhoneを工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?”という表示がでるので、「復元とアップデート」を選択する

 

※※初期化をすると全てのデータが消えてしまうので、iTunesと接続ができた時点でiCloudを使ってPCにデータのバックアップを保存しておきましょう!※※

(なお、PCのOSによってはiTunesでこのような操作ができないこともあるようです。Windowsの場合は特にバージョン7以降でないとできない模様。)

 

それでも改善しない場合は修理…修理や交換っていくらかかる?

1.Appleさんに相談しよう

以上のあらゆる手段を試してみても改善しない…そのような場合は修理や交換しかありません。お近くのAppleStoreに駆け込みましょう!お近くのApple Storeを探す

なおAppleStoreの相談窓口(Genuis Bar)はいつも混み合っているため、予約しないで行くと数時間待たされることになるかもしれません。事前予約をおすすめします。

さらには、電話やチャット、メールなどでも対応してくれるようです。サポートはこちら

でもiPhoneって精密機器だから、機種代金も高額だし修理も高額なのでは…という不安がよぎりましたか?Appleによると、

”すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。”

ということで、購入後1年以内であればびっくりするような金額にはならないでしょう。(さらにはApple Care+加入の場合は保証期間が2年間になり、修理代金も割安になります。)

画面の修理やバッテリーサービスなどには金額の明記がありますが、(詳しくはこちらを参照ください。)その他の修理については明記されていません。その都度、症状が違うからでしょう。やはり、Genuis Barか電話やメールなどのオンラインで相談することが必要になりそうです。

2.修理なんか待っていられない!という場合

iPhoneが使えない状態が続くと、さまざまな支障や不便が生じることでしょう。お仕事で利用しているならなおさらです。緊急で手元にiPhoneが必要なときには、”iPhoneエクスプレス交換サービス”というものもあるようです。

申し込みしてから約2〜3営業日で交換機が手元に届くとのこと。こちらの申し込みは電話で行います。Apple Care+のサービス内容の一部だそうですが、加入していなくても利用できるとのこと。

 

いかがでしたか?

iPhoneのもしもの事態にも、あらゆる面からサポートが用意されているようですね!

大切なiPhone、無事に復活されることを祈ってます!

スポンサードリンク

スポンサードリンク