iPhoneのおやすみモードとは?機能と設定方法

更新日:2016/11/29[iPhone便利ツール・アプリ]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneのおやすみモードとは?機能と設定方法」についてご紹介します。

寝るときに通知がブーブーなってうるさいと困った事はありませんか?

現在はLINEなどでグループチャットをしている人も多く通知が何件も来ることも珍しくないでしょう。

就寝時にはおやすみモードに切り替えることをオススメします。

スポンサーリンク

iPhoneのおやすみモードとは?

おやすみモードとはiPhoneがロック状態にあるとき、メールやLINE、電話など通知のみオフにする機能です。

画面が点灯することも、通知音がなったりバイブがなることがなくなります。通知は鳴りませんが、受信はちゃんとされているので安心してください。

着信があった場合は不在着信で残ります。電話をかけてきた相手には「現在電話にでることが出来ません」といったアナウンスが流れます。

おやすみモードの設定

おやすみモードは時間の指定着信が来た場合の設定繰り返しの着信設定などいくつかの設定を行うことが出来ます。

おやすみモード

おやすみモードの時間指定について

時間の指定はおやすみモードをオンにしておくと、指定した時間の間通知が鳴らなくなる設定です。

就寝時間と起床時間に合わせて設定しておくと便利ですね。アラームはおやすみモードの時間内でもちゃんと鳴るのでご安心を。

おやすみモードの着信を許可について

「着信を許可」はおやすみモードで着信を通知するか設定することが出来ます。

すべての着信を通知するか、すべての着信を拒否するか、よく使う項目を通知するか設定出来ます。

よく使う項目というのは電話をすばやくかけるためによく電話する相手を登録することが出来ます。

連絡先アプリを開き、よく連絡を取る相手をタップすると一番下に、「よく使う項目に追加」という選択肢があるのでそこをタップすると電話番号を追加出来ます。

よく使う項目に追加

繰り返しの着信は同じ人から3分以内に2度電話がかかってきた場合に通知する設定です。

これをオンにしている場合はすべての人の着信を拒否にする設定をしていても2度目の電話で通知されるようになります。

緊急を要する電話のための設定なのでオンにしておくといいでしょう。

一番下の「iPhoneをロック中のみ知らせない」はオンにしておくのがいいでしょう。

こちらをオンにしておくとiPhoneを触っている間は通常通り通知が行われます。

常にする」に設定しておくとiPhoneを触っている間も通知が入ることはありません。

まだ起きていてiPhoneを触っているのに通知に気が付かなかったなんてこともあるのでロック中のみ知らせないのほうがいいかと思います。

おやすみモードのオンオフはコントロールセンターから可能

おやすみモードの切り替えはコントロールセンターからすばやく切り替えることが可能です。

ホーム画面で下からスワイプすると月のマークがあるのでそれがおやすみモードです。

設定が完了したならばコントロールセンターを利用してオンオフを切り替えるようすると便利です。

おやすみモード2

まとめ:iPhoneのおやすみモードを活用して心地よい眠りを

以上がおやすみモードの説明と設定方法です。

おやすみモードは就寝時にはもちろん、図書館や会議など音が鳴ってはいけない場所などでも活用することが出来ます。

コントロールセンターからならばすばやく切り替えも出来るので非常に使い勝手のいい機能であると言えるでしょう。

名称が悪いのか、あまり利用している人が少ない印象なので、この機会にぜひ使い方と活用法を覚えておいて下さいね。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ