iPhoneのメッセージアプリが開かない?原因と対策法

更新日:2016/11/29[iPhoneエラー不具合]




スポンサーリンク

どうも、iPhone取説.comの管理人です。

今回は「iPhoneのメッセージアプリが開かない?原因と対策法」についてご紹介します。

メッセージが届き、読もうかなーと思ってメッセージアプリをタップすると画面が真っ白のまま起動しない。

なんて症状になってしまったことはないですか?その症状の原因と対策法について紹介致します。

スポンサーリンク

原因は容量の大きいメッセージ

この症状が起きてしまうのは、容量の大きいメッセージを受信したことが考えられます。

特にこの症状で悩んでいる人に多いのは、LINEのトーク履歴を受信した場合によく見られるようです。

他にも迷惑メールが溜まって放置している場合に、開けなくなってしまったという声もあるようですね。

ではその対策法とは?

メッセージを全て消去する

以前は特定のメッセージを消去することでまたアプリを起動することが出来たようですが、iPhone6sでは出来なかったため、全てのメッセージを消去せざるを得ませんでした。

消去する手順は、設定→メッセージまで進むと下の方にメッセージを残すという項目があります。

こちらは初期設定では「消去しない」に設定がされていると思いますが、タップして30日間に変更しましょう。

メッセージ履歴

迷惑メールが溜まってメッセージアプリが開けない方はこれで直ることがあるようです。

LINEのトーク履歴を受信した方は更に操作が必要になります。

設定→一般→日付と時刻から自動設定をオフにします。すると日付と時間の項目が現れるので日付をタップしましょう。

タップすると上下にスワイプすることで日付を変更することが出来ます。

これで日付を現在の日付から30日以上進めましょう。

日付と時刻

すると全てのメッセージが自動的に消去され、メッセージアプリが開けるようになります。メッセージが消去されたら日付と時刻は戻しておきましょうね。

まとめ:メッセージアプリが開かなくなったらメッセージを消去

現状ではメッセージアプリが開けなくなった場合、メッセージを削除するしか方法はないようです。

大事なメールがメッセージアプリに入っている場合でも、まとめて削除しなくてはならないためかなり不憫ですが、今後メッセージアプリが一切使えなくなってしまうので仕方ない選択ですね。

なのでLINEのトーク履歴は絶対@.ne.jp宛に送らないようにして下さい。

もしこのトーク履歴を送信する前にバックアップを取っている場合は、一度メッセージを削除した後バックアップから復元を行うことで、メッセージを復活させることが出来ます。

重要なメールがある場合にはぜひ試してみて下さい。

LINEのトーク履歴を受信した後のバックアップデータでは、そのメールも復元してしまうため、またメッセージアプリが起動しなくなるので注意して下さい。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ