iPhone取説.com

iPhone初心者ユーザーのための取扱説明書サイト

Twitterも足跡機能ある?調べ方とおすすめアプリ


スポンサーリンク

   

今回はTwitterにおける「足跡機能」についてのお話です。

Mixiを利用されていた方はよくご存じかと思いますが、「足跡機能」とは誰がいつ自分のアカウントを訪問したかをチェックできる機能のことを言います。

自分のページに来訪者がどれくらい来ているのかが分かり、またあなたが誰かのページを訪問するとその人に訪問したことが知られてしまいます。

当然、人により賛否両論あると思いますがTwitterにおいてはそのような機能はあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

1.Twitterにも足跡機能ある?誰に見られているかがわかるのか?どうやって調べるの?

結論から言うとTwitterの公式機能では足跡機能のようなものはありません。
故に自分のアカウントへの訪問者や自分のアカウントの訪問歴が人に知られることはないです。それら足跡を調べる方法もありません。

非常に匿名性の高いツールと言えますね。

 

2.アプリを使えば誰に見られてるかわかる!Twitterの足跡の調べ方

上記のようにTwitterを通常に利用する方法で、足跡を見たりすることはできません。
しかし、外部ツールを用いることで足跡を解析することができます。


ホーム画面の「アナリティクスを有効にする」を押すと、自分が今ログインしているツイッターの解析画面が表示されます。個人を特定することはできませんが、ツイートごとのインプレッション数(見られた数)などが分かります。
月ごとのアクセス数や、リツイートいいねされた回数など個別に表示されていますので、自分のアカウントへのアクセス状況などフォロワーの動向を分析することができます。


忍者ボックスは、自分だけの情報(ギャラリー)を公開できるスペースを提供しているWebサービスです。

忍者サンドボックスで自分のTwitterアカウントと連携しログインします。有料のプランもありますが、アクセスの解析目的ならば無料で大丈夫です。

ギャラリーページを作成し公開範囲をTwitterユーザー限定にしてください。その自分のページのURLをTwitter上で宣伝などを行いアクセスを促します。そのURLをクリックしてTwitterの認証をし閲覧したユーザーの解析をすることができます。

 

まとめ

Mixiは友達リストにもリアルの知り合いが登録されているケースが多く、足跡機能があることによる人間関係の疲れなどの問題もありました。

それに比べツイッターのフォロワーはネット上だけの付き合いの人も多く、公式には足跡機能もないので気軽に利用出来そうですね。

そして今回紹介した方法を用いればあなただけが足跡の動向を知ることができ、ちょっぴり気分がいいのではないでしょうか♪

スポンサードリンク









 - iPhoneの取説(トリセツ)