iPhone取説.com

Twitterの画像を保存する方法とできない時の対処法[PC/iPhone]

   

Twitterで目にする画像は、その時に保存しておかないと本当に一生出会えなくなってしまう可能性もあります。

Twitterの画像はどのように保存したら良いのでしょうか。

パソコン版のTwitterでも、スマホのTwitterでも、どちらでも画像は保存できるのでしょうか。

画像を保存したら、画像を持っている相手に通知は行くのでしょうか。

ここではTwitterの画像を保存する方法と、一般的な画像保存方法が何らかの都合でできないケースの対処法について、パソコンの場合とiPhoneの場合を調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.タイムラインに表示されている画像を保存する方法

Twitterで色々な人のツイートを見ていると、思わず笑ってしまったり、壁紙にしたい位可愛かったりして、思わず欲しくなる画像がありますよね。

最近は犬やネコのおもしろ画像のアカウントも人気なので、毎日癒されるためにフォローしている人も多く見られます。

また、好きな芸能人が自分のプライベートフォトを自撮りしていてTwitterにあげていることもあります。

一枚一枚保存するのは面倒くさいので、まとめて一気に保存できたら便利ですよね。

そして、Twitterの画像を保存したら、画像を持っている本人に通知が行くというウワサは本当なのでしょうか。

もし片思いで告白していないけれどもTwitterで相互フォローしている相手に、自分がその人の画像をいつも保存しているのがバレていたら恥ずかしいですよね。

それとは逆に、自分の画像を知らない誰かが勝手に保存しているというケースはあるのでしょうか。

友達とだけシェアするつもりだったけど、フォロワーには一部会ったことが無い人もいたりすると悪用されないか不安になります。

Twitterの画像は、どうやったら保存できるのでしょうか。

一気に保存できるような便利な機能もついているのでしょうか。

そして、保存したら通知があるのでしょうか。

ここでは、パソコン用とiPhone用、それぞれの画像の保存方法を説明します。

 

1)パソコンでタイムラインに表示されている画像を保存する

Twitterにタイムライン上の画像の保存方法は、ブラウザで他の画像を保存する時と全く一緒です。

Twitterの画像だからといって、特に他の画像を保存するケースとの違いはありません。

右クリックして「画像を保存する」を選択すれば完了です。

 

例として、こちらのタイムライン画像を保存してみましょう。

普通のタイムライン画像を見ているところです。

保存したい画像の上で右クリックをします。

すると、保存するかどうか聞いてきますので、任意の場所に保存をします。

この方法以外にも、「ファンクションキー(FNなどと書かれているキーボードの左手前側にあるキー)」と「RTSC(PrintScreen、プリントスクリーン)」というキーを同時に押すことで現在見ている画面全体が保存できます。

Twitterの画像だけではなくタイムライン全体を画像として残したい場合に便利な方法です。

 

2)iPhoneでタイムラインに表示されている画像を保存する

(1)長押しで保存

まずはアプリ版のTwitterで、自分のTwitterのホーム画面を開きます。

するとタイムラインの画面がでてきますので、自分が保存したい画像を長押しします。

長押しすると、タイムラインの画像ではなく、画像だけが表示される画面になります。

その画面になったら、左上をタップします。

すると「写真をツイート」「保存」の項目が出てくるので、「保存」をタップします。

この方法ができない場合は、他の画面と同様に「スクリーンショット」を撮影すれば画像も含めた現在見ている画面全体を画像として記録することができます。

(2)タイムラインに画像が表示されない

何らかの設定で、タイムラインに画像が表示されなくなっている場合があります。

このような場合も、設定によって画像を表示できるようになります。

まずは、アプリ版のTwitterで、自分のTwitterのホーム画面を開きます。

そして自分のアカウントのアイコンをタップして「設定」が出る画面にします。

 

 

そして「設定」をタップして、「一般」の項目の中の「データ利用の設定」をタップします。

 

「データ利用の設定」を開くと、「タイムラインの画像プレビュー」という項目があります。

これをオンにするとタイムラインに画像が表示されます。

これをオフにすると、タイムラインでは画像が表示されませんが、画像を表示しているアカウントをタップすると画像が表示されるようになります。

2. 知り合いのTwitterアカウントで投稿されている画像を一覧表示する方法・一括でまとめて保存する方法

有名人のTwitterへの投稿画像や、友達が投稿した写真など、画像を1枚ずつではなくてまとめて保存したい時がありますよね。

そんな時に便利なのが「timg」というサービスです。

「timg」

このサイトは、Twitterユーザーの名前を入れると、そのユーザーがツイートした画像や、リツイートした画像、いいね!した画像などの一覧が出てきます。

誰かのアカウントを入れて検索することももちろんですが、自分のアカウントを記入して検索すると自分がどんな画像をアップしていたのかもわかります。

また、Twitterでツイートされている画像なども検索することができるようになっています。

このような画像の一括保存サービスは、現在のところパソコンでしか行われていません。

iPhoneのTwitterアプリで使用しているTwitterアカウントは、そのままパソコンで使用できますので、パソコンでTwitterにログインして使ってみてください。

また「Twitter Downloder(ツイッターダウンローダー)」(http://shimarisu.webcrow.jp/twitte_down_java.html)という便利なソフトもあります。

こちらはソフトをパソコンにダウンロードして使うタイプのものです。

自分のアカウントを設定すると、これまで自分がアップロードした画像がまとめて出てきます。

他の人のアカウントを設定すると、その人がアップロードした画像がまとめて出てきます。

3. もし画像を保存したら相手にばれるのか?

Twitterのタイムラインの画像や、友達のアカウントの画面に出てきた画像で、その友達のアップロードした画像を見ていたら、偶然自分の好きな人も写っていたので思わず保存したとします。

この場合、自分が画像を保存したことが、写真をアップロードしていた友達に知られてしまうのでしょうか。

後で、自分が写ってないのになぜ保存したのか聞かれたら恥ずかしいですよね。

結論から言うと、相手に画像を保存したことは知らされません

逆に言うと、自分の画像を誰かが勝手に保存してもわからないままということでもあります。

Twitterで相手に通知が行くのは、下記の場合です。

  • 相手のツイートをリツイートした時
  • 相手をフォローした時
  • 公開リストに追加した時(非公開りすとであれば通知されません)
  • ダイレクトメールを送った時
  • [email protected]

[email protected][email protected][email protected]してください。

4.タイムライン上の動画の保存はできる?

iPhoneでTwitterを見ていると、欲しくなる動画がたまにありますよね。

でも、どうやったら保存できるのでしょうか。

ここでは、いくつかの方法を御紹介します。

●Clipbox

iPhoneで動画を保存することができるアプリです。

Twitterの他にYouTubeやDailymotionなどの動画も保存できるのでとても便利なアプリです。

iPhoneに入れておくと良い便利ツールの一つです。

使い方ですが、Twitterで保存したい画像の「共有」ボタンをタップします。

すると「リツイート」「引用ツイート」「ダイレクトメッセージで共有」「その他の方法でツイートを共有」という項目があらわれますので、「その他の方法でツイートを共有」をタップします。

「その他の方法でツイートを共有」をタップすると、LINEやEvernote、Safariで開くなど、さまざまな選択肢が出てきます。

選択肢の中から「ツイートへのリンクをコピー」をタップします。

ここまでがTwitter画面上です。

次にClipboxを開きます。

すると「ブラウザ」「URL」の項目が出て来るので、「ブラウザ」をタップします。

そして先程コピーしたリンクを貼り付けます。

リンクを貼り付けて「検索」をかけるとClipbox画面上でTwitterで保存したいと思った動画が出てきます。

動画が表示されたら、再生中でもかまわないので下の「+(プラス)」をタップして、続いて「Are you ok?」「Really?」をタップします。

すると、保存先を聞いてくるので自分の任意の保存先を指定すればOKです。

通信状態の良い場所で保存しないと途中で途切れてしまうので、iPhoneのアンテナ数を確認してから作業をスタートさせましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク