iPhone取説.com

自宅のWi-Fiなのにスマホ接続が急に遅い原因と対処法まとめ

   

家にいてスマホをいじっている時に、突然ネットが繋がりにくくなってしまったりゲームや動画が動かなくなってしまったりなんていうことはありませんか?

私は日々、経験していました。家でのネット環境はWi-Fiを利用していたためそれが原因だということは突き止めたのですが、果たしてどうしたらいいものか・・・。困ってしまいますよね。

せっかくWi-Fiが使えるのに、速度が遅いとなると逆に不便な環境になってしまいます。そんな速度の遅いWi-Fi環境の原因とそれを改善するためにはどうしたらよいかをご紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自宅のWi-Fiなのにスマホ接続が急に遅い原因と対処法まとめ

1)Wi-Fiルーターと端末の距離や障害

ルーターと端末(パソコン・タブレット・スマートフォン・ゲーム機等)との距離が遠く離れすぎていたり、ルーターと端末との間に障害物があったりすると電波の送受信がうまくいかないことがあります。

ルーターと端末を移動させて、なるべく近距離で接続してみてください。特にルーターを高い場所や壁から離して設置するなどすると電波が届きやすいようです。

移動が難しい場合は電波の中継機を導入することで電波の届く範囲を拡大することができますのでお金はかかってしまいますがご検討してみてください!

2)ファイアウォールの影響

セキュリティソフトやOSのファイアウォール機能がWi-Fiの通信を遮断している可能性があります。ファイアウォール・・・外部との通信を監視していて怪しい通信を遮断するための機能です。

ファイアウォール機能を一時無効にしたり、ファイアウォールの設定で使用するルーターを「例外登録」したりすることで改善することがあります。

これらの設定をしてみてから再度Wi-Fiを使用してみてください。

3)回線が混雑している

ルーターに同時接続できる台数には限りがあります。パソコン・スマートフォン・ゲーム機など家族でたくさんの端末で同時接続すると起こり得ます。

使用していない端末のWi-Fi接続を一度OFFにしたり、他の家族がしようしていない時間帯に接続してみたりと試してみてください。

これによって速度が速くなるようでしたら家族間でお話し、「使っていないならOFFにして!」など譲り合いをするようにしてください・・・。

4)電波干渉が起きている

電子レンジやコードレス電話機、WebカメラなどはWi-Fiと同じ周波数帯域の電波を発しておりこれがWi-Fiに干渉するためWi-Fiが遅くなっている可能性があります。

ルーターもしくは家電のレイアウトを変えるようにしてみましょう。それによってWi-Fiの速度が改善されることがあります。

もしくはお金のかかってしまう手段ですが、別周波数帯のWi-Fi機器に買い換えると電波干渉はなくなります。

5)ルーターに不調がある

ルーター内には「ファームウェア」というソフトウェアが働いています。これの不具合によって通信が不安定になることがあります。ルーターを購入してからずっと放置している場合は、ファームウェアが古くなっている可能性があります。

ファームウェアはパソコンから更新することができます。機種によって手順がことなるため、マニュアルを参考にするかメーカーに問い合わせてみてください。

6)端末に不調がある

アプリを複数起動しているなど、端末の処理が追いつかずにWi-Fi通信が遅く感じることがあります。端末が原因になっているかどうかは、別の端末でWi-Fiに接続してみて通信速度をみてみましょう。

端末の動作が重くなっている場合はバックグラウンドでうごいている不要なアプリを停止してください。

7)ルーターと接続する端末の相性に問題がある

まれにルーターと端末の相性が悪く通信速度が遅くなることがあります。

相性の問題はアップデートなどで解決することもありますが、時間がかかったり、最悪解決しないこともあります。

申し訳ないのですが、この場合は端末の買い替えかルーターの買い替えを検討しましょう。さらに、買い替えの際には同じ失敗をしないように相性を確認してから購入してくださいね!

これで改善できなければ、もしかすると端末かルーターに不具合があるのかもしれませんのでメーカーに確認してみるようにしてみてください。

インターネット・ゲーム・動画などを最適な環境でストレスなく満喫しましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク